運気アップのための「ビジネスホテル」での過ごし方

「出張」や「就職活動」、ちょっとした「旅行」など、様々な目的で「ビジネスホテル」を利用されていらっしゃる方も多いのではないかと思います。
どこの「ビジネスホテル」も、様々な趣向を凝らしたサービスを展開していますが、ちょっとした工夫で、グンと快適に、かつ、運気にもプラスな状態で過ごすことが出来ます。

そこで今回は、「運気」の観点からオススメの「ビジネスホテル」での過ごし方について、お話をさせていただきたいと思います。

①チェックイン後、まず「換気」をして空気を入れ替える

ホテルにチェックインをして、お部屋に入った後、真っ先にやっていただきたいのが、

お部屋の「換気


「ビジネスホテル」の場合、どうしても以前利用された方の「疲れた」という「残留波動」が残っており(風水ではよく「除障香」を使って「残留波動」を除去します)、「満員電車」で疲労感を感じやすい方など、気に敏感な方であればあるほど、こちらも「疲れた」気分になってしまう…ということが起こりがちです。

いかに「残留波動」による影響を減らすか


が、少しでも快適に過ごすためのポイントになるのですが、そのためのポイントが「換気」になります。


どこのホテルも「事故防止」のため、窓があっても全開にならないように調整してあるか、もしくは、窓が開けられない構造になっていると思うのですが、もし、窓を開けて換気が出来るようでしたら、

(開けられる範囲で)窓を開けて「換気」をし、バスルームの「換気扇」をON


にして、お部屋の空気を入れ替えることをオススメします。

この場合、窓を開けての「換気」の時間は、「5~10分程度」でOKです。
ただし、バスルームの「換気扇」は、ベッドスペースに厄が回って来ない様、滞在中、ずっと回しっ放しにされることをオススメします。

もし、窓が開けられない構造のホテルの場合、

「エアコン」の「送風」を利用


して、外気を取り込んでいただければOKです。
この場合、「10~20分程度」と、窓を開けての換気よりやや時間をかけて、お部屋の空気を入れ替えて下さい。


②「靴」や「コート」は入り口に置き、ベッドスペースに持ち込まない

風水では、人は寝ている間に、運気の「再生」と「吸収」をするわけですが、運気のターンオーバーを妨げないよう、

「ベッド」のあるスペース周辺には、不浄なものは置かない方が良い


ので、「靴」や「コート」、脱いだ「スーツ」など、外からの厄を吸っているものは、ベッド周辺に置かないようにして下さい。
そうしたものは、なるべく「入り口」の近くに置き、なるべくベッドスペースから遠ざけるようにしましょう。


また、「靴」や「コート」、「スーツ」については、

「靴」は「靴磨き」で磨き、「コート」や「スーツ」は「ブラシ+消臭スプレー」をかけて「ホコリ」や「臭い」を落とす


ようにしましょう(ホテルの部屋の「入り口ドア近く」に置いてあるところが多いと思います)。
お部屋の「換気」をやっている間にやるのもオススメです。


③「携帯電話」の充電は、「枕元」ではなく「机の上」でやる

枕元で「携帯電話」の充電が出来るよう、「コンセント」であったり「USB端子」が設置されているホテルが多いですが、

「タブレット」や「携帯電話」などのモバイルツール=「」の気


のため、枕元で充電するのは、運気の観点から見た場合、睡眠(人は寝ている間は「」の気を帯びています)を阻害する原因になってしまいます(水剋火)。
どこの「ビジネスホテル」にも、ちょっとした仕事が出来るような「デスク」が置いてあるかと思いますので、

「タブレット」や「携帯電話」などのモバイルツールは、「枕元」ではなく、ベッドから離れた「机の上」で充電する


方が、運気にはプラスです。


また、「目覚まし時計」変わりに、携帯電話の「アラーム」機能を使っていらっしゃる方も多いのではないかと思いますが、以前、こちらの開運コラムでもお伝えさせていただいたように、

「携帯電話」と「時計」では、運気の観点から見た「役割」が異なる


ため、

ホテルの「アラーム」や「目覚まし時計」、「モーニングコール」を利用する


ことをオススメします。
もし、普段から携帯電話のアラームで起きていて、かつ、「慣れていない音でないと起きられない」という方は、せめて携帯電話は「机の上」に置いた上でアラームをかけるようにしていただければと思います。


④「」の音の「ヒーリング音楽」をBGMにする

ぐっすりと眠るためには、

」の気


は欠かせない要素なのですが、一般的な「ビジネスホテル」の場合、どうしても「」の気が不足しがちですから、

「雨」の音や「小川のせせらぎ」など、「」の音の「ヒーリング音楽」をBGM


にして、「音」から「」の気を補いましょう。
音源については、「アプリ」を使用してもいいですし、Youtube等の動画を流していただいてもOKです。


「アプリ」であれば、iTunesの場合でしたら、


といったアプリがオススメです(「無料」でも利用可能です)。


Youtubeの動画でしたら、以下の動画がオススメです。





⑤「加湿器」はマストアイテム

ホテルのお部屋は、どうしても空気が乾燥しがち(「」の気が不足している状態)ですので、「音」からだけでなく、

オールシーズン「加湿器」を利用して、実際の「」の気を補う


ことも、「運気アップ」の観点から見ても、重要なポイントになります。

オールシーズン「加湿器」を置いているところと、「冬場」は置いているけれどもそれ以外のシーズンはお部屋に置いていない…と、ホテルによって様々だと思いますが、もし「置いていない」場合は、なるべく「借りる」ことをオススメします。


大抵のホテルの「加湿器」は、「空気清浄機能付き」の加湿器だと思うのですが、

空気清浄+加湿


の状態で、加湿器をかけることをオススメします。

なお、ホテルによっては、タンクに最初から水が入っているところと、そうでないところ(セルフ形式)のところがありますので、きちんと水が入っているかどうかを確認してから、加湿器(空気清浄機)を運転するようにしていただければと思います。


⑥寝姿が「鏡」に映らないように、カバーをかけてから寝る

「ビジネスホテル」の場合ですと、

机のところに「鏡」がついていて、ベッドが鏡に映っている状態


のお部屋が一般的なのではないかと思います。
鏡に「寝姿」が映った状態で就寝すると、運気の「再生」と「吸収」を妨げてしまうため、

寝る前に、ベッド上の足元の部分にかけてある布の「ベッドスロー」などを鏡にかけて、鏡にカバーをしてから寝る


ようにして、「鏡」対策をしてから就寝するようにしましょう。
「鏡」が寝姿が映らない位置にある場合は、こうした対処は必要ありませんので、普通にお休みいただいて大丈夫です。

以下、イメージしやすいように、「ベッドスロー」の参考商品の画像を貼っておきます。


⑦入浴時に「足の裏」と「ふくらはぎ」をよく洗う&マッサージする

風水において、

疲れ=厄


ですから、「疲れ(厄)」を次の日に残さないよう、

入浴時に「足の裏」と「ふくらはぎ」をよく洗う&マッサージ


して、疲れを翌日により残さないようにすることをオススメします。
朝起きて、シャワーを浴びた後も、同じように「足の裏」と「ふくらはぎ」を丁寧に洗う&マッサージすると、更に効果的です。




また、もし可能であれば、

軽い「ヨガ」や「ストレッチ」をして、体をほぐし、全身の気の巡りを良くしてから寝る


ようにすると、更に「運気アップ」に効果的です。