吉方位旅行の基本的なルール

九星気学の吉方位旅行には、基本的なルールがあります。
以下のルールを守って、楽しく旅行して、運気をアップさせましょう。

①吉方位旅行は「1人」で行くのが基本!

九星気学の吉方位は、生年月日によって吉方位が異なるため、原則として「1人」で行くのが基本です。
一人旅に抵抗がある場合は、

ツアーを利用する


のもオススメです。

また、2人以上で行く場合は、

  • 家族旅行の場合→「その家の主」の吉方位を重視
  • 友人・恋人同士の場合→吉方位が合う人

と行くようにするのが基本です。
ちなみに、「その家の主」については、その家の家計をメインで支えている人になりますので、必ずしも「世帯主」にはならないのでご注意下さい。

②「距離」と「滞在時間」はしっかり守る

九星気学では、

年盤、月盤、日盤、刻盤(時盤)


の4つの種類の方位盤があります。

九星気学の効果は、「距離」と「滞在時間」に比例する


わけですが、効果が表れるのに必要な距離と滞在時間はそれぞれ異なります
そのため、どの方位盤を見て旅行をするかで、距離と滞在時間を調整する必要があります。

それぞれの方位盤の効果が表れる距離は、

  • 刻盤→5~20kmまで
  • 日盤→20~100kmまで
  • 月盤→100~500kmまで
  • 年盤→500km以上

となります。
それぞれの方位盤の境目の距離(例:日盤と月盤なら100km)はハッキリとした効果が出にくいため、なるべく中間値を取るようにするのが基本です。
年盤の場合でしたら、遠ければ遠いほど、効果はより強くハッキリ出ます。

また、それぞれの方位盤の最も効果的な滞在時間は、

  • 刻盤→日帰り
  • 日盤→1泊2日~2泊3日(最低でも日帰り)
  • 月盤→2泊3日~1週間以内
  • 年盤→1週間以上(最低でも5泊6日)

となります。

それぞれの方位盤の効果の持続時間は、

  • 刻盤→60時間(約2日半)
  • 日盤→60日間(約2ヶ月)
  • 月盤→60ヶ月(5年)
  • 年盤→60年

となります。

効果をしっかり出すためにも、「距離」と「滞在時間」を守る


ことは非常に重要です。
なお、それぞれの方位盤の効果が表れる時期は、

4、7、10、13の法則


があり、それぞれの方位盤に当てはめると、

  • 刻盤→4時間後or7時間後or10時間後or13時間後
  • 日盤→4日後or7日後or10日後or13日後
  • 月盤→4ヶ月後or7ヶ月後or10ヶ月後or13ヶ月後
  • 年盤→4年後or7年後or10年後or13年後

となります。

それぞれの方位盤の効果の表れる順番は、

刻盤→日盤→月盤→年盤


の順番になります。

爆発的に運気を上げたいのであれば、刻盤も合わせて旅行をした方が良いのですが、ご覧の通り、刻盤の効果の持続力は非常に短いですし、年盤や月盤で吉方位旅行をする際には、距離も滞在時間も長くなりますから、「あまり気にしなくてもいい」と言う人も多いです。
それに、あまり現実的でない時間が吉の時間になることもあるので(例:午前1時~3時など)、通常の吉方位旅行であれば、基本的には刻盤までは無理に合わせる必要はありません。

③吉方位旅行は「指定された期間内」に「指定された方位」に行く

②で、方位盤には年盤・月盤・日盤・刻盤の4つの方位盤があることをお話させていただきましたが、「年盤のみで取る」とか、「月盤のみで取る」というやり方は通常はやりません。
当事務所で公開させていただいている吉方位一覧表は、「年盤」と「月盤」の組み合わせで出しています。

それぞれの方位盤が変わるタイミングは、

  • 刻盤→1刻(2時間)ごと
  • 日盤→1日ごと
  • 月盤→1ヶ月ごと
  • 年盤→1年ごと

となり、「先月は吉方位でも、今月は凶方位」ということが起こるわけです。
そのため、吉方位旅行においては、

吉方位旅行は「指定された期間内」に「指定された方位」に行く


ことが大前提になります。

なお、方位の検索については、『あちこち方位』など、方位を検索するサイトが便利です。
ただし、1点だけ注意点があります。

方位線上や方位の境目のあたりのエリアは、エネルギーが混在しているため、絶対に旅行先には選ばないで下さい


なるべくど真ん中のエリアへ行くようにし、ギリギリのエリアは選ばないようにしましょう。

④滞在先では、睡眠時間を多めに取る

人は寝ている間に運気を再生&吸収しますから、滞在先ではなるべく早めに就寝し、睡眠時間を多めに取りましょう。
なかなか寝付けない場合であっても、早めに床に入るようにしましょう。

22時までに就寝するのがベスト


ですが、どんなに遅くとも23~翌1時までの間には寝るようにしましょう。
とにもかくにも、睡眠が吉方位旅行の効果を大きく左右しますから、

ぐっすり眠れるホテルや旅館を選ぶ


ことが非常に重要です。

また、日帰りでの旅行の場合は、ずっと動き回っているよりも、例えば日帰り温泉の休憩所とか、ホテルや旅館のデイユースプランなどを利用して、30分でもいいので寝るようにしましょう。
ここで1点、注意していただきたいのが、

横になって眠ること


例えば、ネットカフェとか、図書館で寝る…といったことはオススメしません。
どうしても車中泊をする場合は、運転席を倒した状態で寝るのではなく、後部座席で横になった状態で寝るようにして下さい。

⑤温泉や砂風呂に入る

温泉に入ったり、その土地の砂を使った砂風呂に入るようにすると、その土地の気をより吸収することが出来ます。
温泉に入った後は、その土地の食べ物やお酒をいただいたり、30分~1時間横になって休んで気を定着させるようにすると良いでしょう。

その温泉の泉質にもよりますが、

飲めるタイプの温泉水であれば、飲泉すると更に効果アップ


しますので、こちらもオススメです。

また、ひたすらツイていない時や厄が溜まっている時、特に疲れている時は、

源泉かけ流し


の温泉宿を選んで行くようにすると良いでしょう。

⑥その土地のパワースポットへ行く

より気の吸収力をアップさせるためにも、その土地のパワースポットを訪れましょう。
特にパワースポットがない場合は、その土地で一番大きな神社へ参拝に行くと良いでしょう。

ここで非常に重要なのは、

縁あってこの土地を訪れさせていただいたことの「感謝」と「ご挨拶」をすること


であって、間違っても願掛けをしてはいけません
くれぐれもその点は間違えないようにして下さい。

また、パワースポットでは30分以上は滞在して、気を吸収するようにしましょう。
本殿までの道のりが遠かったり、石段がずっと続くような神社仏閣の場合、途中で休憩を入れながら、ゆっくりと行くようにすると気の吸収率がアップしますよ。

⑦土地の気を持ち帰るために、自分用の「お土産」を買う

その土地の気を持ち帰るために、自分用のお土産を購入しましょう。
オススメのお土産としては、以下のものがオススメです。
お土産は、帰宅後から使い始めるようにして、旅行先で得た気を定着させましょう。

  • 北or一白の方位→ミネラルウォーター、地酒、タオル
  • 南西or二黒の方位→食器・お箸、日用雑貨、お茶
  • 東or三碧の方位→時計、PC・携帯関連グッズ、CD・DVD
  • 南東or四緑の方位→香水・アロマオイル、ハンカチやスカーフなどの布製品、櫛
  • 北西or六白の方位→王室御用達の品、指輪(ブレスレットでもOK)、手袋
  • 西or七赤の方位→財布、オルゴール、デンタルグッズ
  • 北東or八白の方位→伝統工芸品、石けん、木製の雑貨
  • 南or九紫の方位→コスメ、手鏡、絵(ポストカードでもOK)