「衣替え」を利用して運気を呼び込む方法

「風水」において「衣類」とは、「人とのご縁」を左右するものと考えます。
そのため、普段の生活においての「衣類の扱い方」もそうですが、「収納の仕方」も含めて見直すことで、運気アップが期待出来ます。

そこで今回は、『「衣替え」を利用して運気を呼び込む方法』について、基本的な「6つ」のポイントをアドバイスをさせていただきたいと思います。





①衣類は「」「」「」「」のシーズンごとに分けて収納する

まず、「衣類」の保管方法についてですが、「春夏」と「秋冬」で分けていらっしゃる方が多いのではないかと思いますが、運気の観点からは、

」「」「」「」のシーズンごとに分類&収納


された方が、運気にはプラスです。
このとき、

シーズンごとに「収納ケース」を上手に活用


されると吉です。

ただし、よくある「プラスチック(過剰な「」の気)」の収納ケースは、衣類の持つ運気を燃やしてしまうため、「木製」や「紙製」、「布製」のケースの方がラッキーです。
このとき、シーズンごとに、ボックスの「」を変えたり、「ラベル」を貼って分かりやすく収納すると更に◎です。


なお、「プラスチック」の収納ケースを使用する場合は、プラスチックの場合、どうしても他の素材よりも「湿気」や「臭い」がこもりやすい(=厄が付きやすい&悪縁を呼び込みやすくなる)ため、

引き出しの底に「炭シート」や「除湿シート」を敷く


ことで、衣類の「湿気」と「臭い」対策をしていただくと良いでしょう。


②「衣替え」の際に、「服の断捨離」をする

「衣替え」の際に、

  • 今シーズンでボロボロになったり、ヨレヨレになってしまった服
  • 衣類の保管状態が悪かったため、シミになってしまったり、虫食いになってしまって修復不能になった服
  • 明らかに「流行遅れ」だったり、「年齢不相応」になって、もう着ることがないであろう服
  • 2年以上袖を通してない服

は、「衣替え」の際に、思い切って「断捨離」をすることをオススメします。

一般的に「着用頻度」が高く、他の衣類より「肌に直に触れる」ことが多い、「Tシャツ」や「ワイシャツ」、「カットソー」については、「1シーズン(3カ月~長くて半年)」を目途に新しいものに新調


された方が運気に吉です(頻度が高い&肌に直接触れている分、「厄(厄は洗濯では落ちません)」を吸っているため)。

また、着なくなった服を「お下がり」として人にあげる場合、「誰から貰ったのか」が分かるものについては問題ないのですが、古着屋さんやリサイクルショップで購入したものは、新品でもない限り、「誰が着たのか」が分からないものは、原則として、運気の観点からはあまりオススメ出来ません。
そのため、「人にあげる」場合は、なるべく「家族」や「友人」など、ごくごく「親しい人」にあげることをオススメします。


③衣類を「収納する」ときは、「洗濯」or「クリーニング」に出してからしまう

衣類を収納する際は、きちんと「洗濯」or「クリーニング」をしてからしまうようにしましょう。
ご自分で「お洗濯」をされたものをしまう場合は、

きちんと「天日干し」をして、完全に乾いた状態


のものをしまうようにして下さい。
衣類が生乾きの状態でしまってしまうと、単純に「湿気」や「臭い」の原因になるだけでなく、その衣類だけでなく、一緒にしまってある衣類にも「」がうつってしまうため、運気がダウンしてしまいますので気を付けましょう。

「クリーニング」に出した後のものをしまう場合は、

クリーニングについてきた「ビニール(過剰な「」の気)」を外してからしまう


ようにして下さい。
「スーツ」や「コート」などの場合は、参考商品のような、

不織布タイプの「洋服カバー」をかけてからしまう


ようにすると良いでしょう。


④衣類を「出す」ときは、一度「天日干し」&「風を通して」から収納する

衣類を「出す」ときは、収納する前に一度、「天日干し」をし、衣類に「風を通して」からしまうようにしましょう。
単純に衣類の「湿気」や「臭い」を取るためだけでなく、

」を通すことで、「人間関係運」をアップさせる


ということもあります。
このとき、多少「臭い」が気になるようでしたら、

「洗濯」し直すor「スプレー」で消臭


をして、衣類の気をリセットされるようにして下さい。


⑤「洗濯済み」のものと、「洗濯していない衣類」を一緒に収納しない

よく、クローゼットの中に、「制服」や「スーツ」、「コート」、「セーター」など、そう頻繁に洗濯するものではない服(クリーニングに出す服)を収納している方にありがちなことなのですが、

洗濯済み」のものと、まだ「洗濯していない衣類」を同じたんすの引き出しや、クローゼットの中に収納するのは、原則としてNG


です(「洗濯していない衣類」の厄が「洗濯済み」の服にうつってしまうため)。

洗濯済み」のものと、まだ「洗濯していない衣類」は「分けて」収納する


ようにして下さい。
例えば、「クローゼット」が2つある場合でしたら、「洗濯(クリーニング)済み」のものと、そうでないものとを分けて収納出来ますが、1つしかない場合は、

「カバー付き」のハンガーラック


を利用し、そちらの方に「洗濯していない衣類」を収納するのもオススメです。
「衣類」にホコリがつくと、どうしても「人間関係運」がダウンしてしまうため、「カバー付き」のものを選ぶか、カバーをかけるようにして下さい。


⑥「ツイていない」ときの服は問答無用で処分する

服は、どうしてもそのときの「気」を吸っていますから、

  • フラれた(別れた)ときに着ていた服
  • 前の彼・彼女にプレゼントされた服
  • 苦手な人に貰った服
  • 思い出すのも忌まわしい「リストラされた会社」や「ブラック企業」で働いていたときに着ていたスーツ
  • 「不採用」を喰らいまくった就職・転職活動に着ていたときのリクルートスーツ

といった服は、関係終了後、「問答無用」で処分しましょう。
そして、新しい服(スーツ)で、新しい生活を満喫&良いご縁を呼び込みましょう。

基本的に、新しい服(スーツ)を買いに行くときは、

晴れた日」の午前中


に買いに行くorネット注文すると、新たなご縁を呼び込むことが出来ます。