仕事運アップのための基本の風水術

人の人生を大きく左右するもの、それは「仕事」。
世の中に出て、どういう会社に入って、どういう仕事をして、そこでどんな活躍をしたかで、その後の人生の方向性や選択肢は大きく変わってしまいます。

人生に発展性をもたらすためにも、男性であれ女性であれ、「仕事運」はちゃんと意識しておきたい運。
そこで今回は、仕事運をアップするための基本的な風水術について、アドバイスをさせていただきたいと思います。

①「挨拶」は基本中の基本!

「仕事運」は、陰陽五行説で言うと、

」の気


にあたり、「挨拶」もまた、陰陽五行説で言うと、同じく「」の気にあたります。
「挨拶がきちんと出来ない人に、仕事が出来る人はいない!」というのは、風水的にも非常に的を射ていて、

挨拶をきちんとすること=「」の気を活性化させること


ですから、仕事の基本が「挨拶」であるように、仕事運アップの基本もまた「挨拶」なのです。
ここで重要なのが、ただ口先だけで「おはようございます」と挨拶をしていればそれでいいというのではなくて、

明るく好感度が持てる挨拶でなければ、「挨拶」の意味がない


ということなんですね。
具体的に言うと、

  • 相手の目をしっかり見て挨拶をしていること
  • 語尾の最後まで聴き取れる、ハッキリした口調であること
  • 笑顔であること
  • 挨拶の際に、きちんと立ち止まっていること
  • お辞儀をしていること
  • 相手が気付くより前に、「自分から先に」挨拶をしていること
  • その場に居る全員にきちんと挨拶をしていること

ここまでやって初めて「きちんと挨拶をした」ということになると思って下さい。
よく、京都の舞妓さんは、仕込みさんとして入門をした際、「挨拶」から徹底して叩き込まれると聞きますが、

印象が良くない挨拶は、相手に不快感を与えるだけでなく、その人自身の格を下げること


ですから、まずは「きちんとした挨拶」が出来るように、毎日コツコツと実践を続けましょう。

なお、人によっては、「どうしても人の目を見ることが苦手」という人もいるかと思います。
その場合は、挨拶する相手の眉間、通称「第三の目」と呼ばれるあたりを見つめながら挨拶をすると良いでしょう。

②デスク回りやパソコンの中は、きちんと整理整頓をする

これもまた、風水関係なく、基本中の基本なことですが、

きちんと片付いているデスクやパソコン=気の流れが良い状態


であり、「気の流れが良い」ということは、「運気が良い」ということです。
特にオフィスで気を付けて欲しいものは、

ホコリと付箋


オフィスがホコリっぽいと、そのオフィスの人間関係運に悪影響が出やすいので、ホコリはこまめにハンディークリーナーなどで掃除する癖をつけましょう。
それにプラスして、始業前と仕事を終えた後にデスクをウェットティッシュなどで拭くようにすると、更に仕事運がアップするのでオススメです。

付箋については、つい、パソコンや電話にペタペタ貼ってしまいやすいものですが、付箋を貼り過ぎていると運気に負担になってしまうので、

用が済んだ付箋はすぐに剥がす


ようにして下さい。
よく、連絡先を付箋に書いたり、担当者の方の名刺を壁に画鋲で貼っているのを時々見かけますが、風水的にはNGな行為。
きちんと手帳に書いたり、リストを作成して印刷したものを貼るなどして、付箋や名刺を貼ったままにしないようにして下さいね。

③朝の時間を有効に活用し、時間に余裕を持って出社する

仕事運をアップさせるには、やはり、朝型の生活が一番!

「早起きは3億の得」


はあながち嘘ではなくて、

朝=「」の時間帯=仕事運や成長・発展運を左右する時間帯


のため、早起きをして朝の時間を有効に活用するということは、その人の仕事運や成長・発展運をアップさせることに繋がります。
特に「朝日」には強い運気が宿っていますから、

朝起きたら朝日を浴びて、朝の空気を深呼吸する


ことにより、悪い運気が浄化され、運気がアップしますから、起床後は朝日を浴びて、朝の新鮮な空気を深呼吸することを習慣化しましょう。

なるべく朝は余裕を持って出社し、1日のスケジュールをチェックして、その日の仕事の計画を立てたり、仕事に必要な勉強をすると非常に良いでしょう。

1日のうちで、とても強い成長・発展運がある時間帯は、

朝7~9時の「辰」の時間帯


ですから、その時間帯を有効に活用することが、仕事運をアップさせるためのポイントになります。
逆に、この時間帯にのんびりし過ぎていると、成長・発展運に支障が出てしまいやすいので、この時間帯はテキパキと動くようにして下さい。

夜勤や夜遅い仕事で、普段はその時間は寝ているという方の場合は、せめて休日だけでも構わないので、この時間帯に起きて、朝日を浴びたり、朝のウォーキングやジョギングをすると仕事運がアップします。
大事なことなので、文字を大にしてお伝えさせていただきますが、

夜遅く仕事をしていると、どうしても人の倍以上、厄が溜まってしまいやすい


ので、休日に早起きするだけでなく、普段からバスソルトを入れたお風呂に入るなどして、意識して厄を落とすように心掛けて下さい。

④仕事用とプライベート用の電話は別々にする

プライベート用の電話番号を会社に伝えている人が多いですが、出来れば、仕事用は仕事用、プライベート用はプライベート用の電話を持った方が、仕事運にはプラスです。
2台持ちが面倒な場合は、1つの携帯電話で2つの番号を持てるサービスもあるので、そうしたサービスを利用するのもオススメです。

“オン”と“オフ”の差をしっかりつける


ことが、仕事運アップの基本ですから、なるべく電話も仕事用とプライベート用の2つの番号があった方が良いでしょう。

また、「“オン”と“オフ”の差をしっかりつける」という意味では、

会社に私物を持ち込み過ぎない


ということも、重要なポイントになります。
特に、会社に仕事に関係のない物、具体的には、趣味に関する物や雑誌などは持ち込まないのが基本です。
また、キャラクターの文具など、ファンシーな文具を仕事で使うのも仕事運を下げるので避けましょう。

⑤社内の困った人間関係には「麒麟」と「サボテン」で対処

どこの会社でも、苦手な人の1人や2人はいるのではないかと思いますが、セクハラやパワハラ、社内イジメなど、度を越した人間関係には「麒麟」の置物で対処します。

やり方は簡単で、ご自宅の玄関に、麒麟の置物を置きます。
このとき、麒麟の口は玄関のドアの方に向けるようにするのがポイントです(家の中には向けないようにして下さい)。

それにプラスして、もしオフィスのご自分のデスクに観葉植物を置くことが可能なのであれば、机の上にサボテンを置きます。
このとき、可能であれば、苦手な人がいる方向に向けてサボテンを置いて下さい
サボテンの大きさは、机の上に置いて邪魔にならない大きさのもので構いません。

この他に意志力をアップさせるために、

金属製の文具や電卓など、「」の気のアイテムを取り入れる


のもオススメです。
また、人間関係が悪い職場は、大抵、「空気が悪い」ことが多いので、

朝早く出勤して、オフィスの空気を入れ替える


のもオススメです。
窓のない自動空調のオフィスの場合は、ユーカリやミント、ティートゥリー、ジュニパーなどに代表される浄化系の香りのアロマオイルを使ったアロマスプレーを使うのもオススメです(シュッと一吹きする程度で十分です)。

⑥給料をアップさせたいなら、「鹿」を活用する

雇われて働いている人の給料アップには、「鹿」の置物をデスクに置くのがベストなのですが、そう簡単に置けるものではないですよね。
そこでオススメしたいのが、

「鹿」のストラップやキーホルダー


を活用すること。
例えば、仕事用の携帯に鹿のストラップをつけたり、自宅の鍵のキーホルダーを鹿のキーホルダーにしたり…など、使い方は人それぞれ、取り入れやすいものでOKです。

他には、昇進・昇給を狙いたいなら、

デスクに「龍亀(ロングイ)」の置物を置く


のもオススメなのですが、さすがにオフィスの机の上に堂々と置けるものではないので、その場合は自宅の玄関や神棚、書斎のデスクの上に置いてもOKです。

⑦社内の時計や壁掛けカレンダーは、目線より上に置く

」の気の気の流れ方は、

下→上


なので、社内の時計や壁掛けカレンダーの位置、会社の目標などは、目線より上になるような場所に置くのが基本です。
ちなみに、「」の気の流れ方と全く逆なのが「」の気で、こちらは「上→下」に流れます。
デスクの上に卓上カレンダーや置時計を置く際は、最低でも同じ目線の高さに置くようにし、目線が「上→下」にならないような場所に置くようにして下さい。

また、「下→上」の「」の気の気の流れ方を活用した、お昼休みに出来る簡単な仕事運アップ方法は、

お昼休みに公園や自然が多い場所に外出して、大きな木や空を眺めること


単純にリフレッシュ出来るだけでなく、「」の気も同時にアップさせることが出来るので、簡単なことですが結構オススメです。

⑧人の長所に目を向け、「人を褒める」癖をつけること

仕事運は、言霊、つまり、「」の気の影響を強く受けます。
そのため、職場内での発言には、プライベート以上に気をつける必要があります。

単純に人間関係を良くし、その人のモチベーションを上げるだけでなく、仕事運をアップさせるのに有効なのが、

その人の長所に目を向け、その人の良いところを褒める癖をつけること


基本的に褒められて嫌な気がする人はいないものですし、それに、「人を褒める癖をつける」ということは、

ポジティブな言霊を日常的に使うようになる


ということでもありますから、仕事運がどんどん上がって行きます。
「人を褒めることが出来る人」というのは、「自分の良いところを認めることが出来る人」ということでもありますから、より運気のプラスのスパイラルを描くことが出来ます。

逆に、気を付けて欲しいのが、ネガティブな発言を口にしたり、人を侮辱したりする横柄な人
こういうタイプの人は、自分で自分の運を下げているだけでなく、周囲の運も同時に下げてしまいますから、適切な距離を置くようにして、運が下がるのを防ぐことも大切ですよ。