転職・再就職のための風水アドバイス

いくら「働きたい!」と思っても、就職難の昨今。
年齢、経験、スキル、地域の壁etc…に阻まれて、自分がやりたい仕事にありつけないどころか、 妥協しても見つからない…といった状況の方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、風水的視点から、転職・再就職のために少しでもプラスになるであろうアドバイスをさせていただきたいと思います。
「転職」と「再就職」では状況が異なるので、それぞれに分けてアドバイスさせていただきます。

①「転職」をしたいのか、それとも「転社」したいのかをハッキリさせる

まず、基本的に「転職」というのは、その言葉通り「仕事を変えること」であり、言うなれば、

これまでの自分の地盤を変えること


であり、そう簡単にコロコロ変えるものではありません。
例えるならば、「自分」という名の植物を植えかえるようなものであり、新しい土壌で必ずしも根付くとは限りません。
ごくたまに、土壌を変えつつ、成長を続ける植物もありますが、それはレアケースであり、

レアケースを自分自身に当てはめて考えるのは非常に危険


ですし、基本は同じ場所でどっしりと構えて成長するに越したことはありません。

「転職」という名の植え替えを重ねれば重ねるほど、植物が弱ってしまい、結果的にどこにも根付けない根無し草になってしまい、最悪、路頭に迷うことにも成りかねません


そのため、「転職はしないに越したことはない」というのが私の持論です。
しかし、「どうしても仕事が自分に合わない」「適性がない」といった場合であれば、会社のためにも、また、ご自分のためにも、そして社会のためにも、自分に能力や才能に合った仕事に就くことが必要だと思います。
そうした「転職」の場合、何より重要視すべきなのは、

自分の適性を見分けた上で、長続きする「職業」を探す


ということが重要なポイントであり、間違っても「安定して長く働ける会社を探すこと=転職」ではないということにご注意下さい。
ですから「転職」というものにフォーカスした場合は、

①自分の適性に合った仕事であること
②途中で会社が潰れたとしても、ずっとその仕事をやり続けて行く覚悟があるか
③過去の自分をリセットする以上、過去を一切言い訳にせず努力出来るかどうか


この3点が必要なのではないかと思います。


また、「会社は変わるけれど、以前と同じor以前の仕事をベースにした仕事がしたい」という意味での転職(転社)の場合は、

自分がきちんと根付ける「環境」を重視


する必要があります。
ここが「転職」と大きく異なるところです。

当たり前ですが、「環境」を選ぶ以上は、

より良い環境でなければ、「転社」をする意味がない


ですから、余程のことがない限り、待遇がダウンしたり、キャリアダウンするような選択肢はしてはいけないのが鉄則です。
井の中の蛙にならず、ご自分の市場価値というものを普段から知ることも勿論大切なことではありますが、

より良い「環境」を選ぶ以上は、自分自身が良い人材だと評価されなければ、現在いる場所より良い環境にいる人達に選ばれることは決してない


ですから、もしご自分が「選ばれるような人材ではない」ような状況でしたら、まずは選ばれる人材になるように結果を出す努力をするのが先です。
ここで勘違いをして欲しくないのは、「資格取得」や「スキルアップ」も大事なことではあるのですが、新卒や第二新卒程度ならばさておき、

何の結果も出せていない人を「中途採用」してくれるような甘い会社は今の世の中には存在しない


ですし、そういう状態でも採用してくれるような会社は「人間だったら誰でもいい」ような使い捨てにする会社、つまり、ブラック企業がいいところです。
「転社」というものにフォーカスした場合は、「転職」のときとは異なり、

①その仕事でここ近年、キッチリ結果を出せていること
②他社でも十分通じるようなキャリアや評判を持っていること
③どんな環境や人間にも柔軟に対処出来る、高度なコミュニケーション能力や適応能力を持っていること


が必要とされるのではないかと思います。


具体的な例を挙げてお話をさせていただきましたが、

自分がやりたいのは「転職」なのか「転社」なのか、きちんと見極めた上で計画を立てて行動をする


ことが、後々泣かないために必要なことだと思います。
まずは、そこの区別からスタートさせましょう。

②「転職」や「転社」は運気がいい時にすべし!

よく、「“逃げ”の転職はうまくいかない」という言葉がありますが、それは本当で、“逃げ”で転職した場合、「どこでもいいから入れればいいや」みたいな考えになりがちですし、結果としてブラック企業の餌食になりがちです。

“逃げ”の転職をしたいと思う時期は、大抵、物事が上手く行っていない時期だったり、運が悪い時期と重なっていることが多い


のが実情で、運が良くないところに、更に追い討ちをかけるような行動を起こすことで、本来しなくても苦労をすることになり、結果としてもっと不幸になってしまう…ということになりやすく、まさに、不幸のスパイラル状態に陥ってしまうわけです。
一旦、この不幸のスパイラル状態に陥ってしまうと、そこから這い上がるのは想像以上に大変です。
そうならないためにも、時にはグッと耐えることも必要です。

人生に一発逆転はないわけではないのですが、

一発逆転を狙うよりは、なるべく道を踏み外さないように慎重に行った方が圧倒的に労力は少なくて済みます


それがこの世の“現実”であり“真実”です。
ですから、本来、本当に転職や転社をするのに向いている時期というのは、

飛ぶ鳥を落とすように絶好調な時期


にすべきなんですね。
仕事が楽しくて楽しくて仕方がなくて、やること成すことバンバン結果が出ている時期がベストなんですよ。
そこでふと振り返ったときに、「もうちょっと頑張ってみたいな」と思ったときがタイミングなんですよ。
そういう時期は、占いで見ても、大抵運がいい時期だったりするんですね。

でも、残念なことに、そういう時期って、人は転職や転社なんて考えないものなんです


その時点で殆どの人は、チャンスを逃してしまっているんですね。
だから世の中、転職で成功している人よりも失敗している人が多いわけです。

自分の今の状態がツイてる状態かそうでないか、最終的には自分で判断すべきなのですが、自分自身の経験やこれまでの統計からしても、天中殺での転職や転社は避けた方が無難だと思います。
ただし、リストラや倒産などやむにやまれない事情がある場合、天中殺だ何だのと言っている余裕などありませんから、もう一回転職することになるであろうことを念頭に置いた上で、転職ないし、再就職活動を頑張っていただきたいなと思います。
特に、リストラや倒産などで転職活動を余儀なくされた場合、一旦悪い運気をリセットしてから、転職活動をするようにしましょう。

ピンチをチャンスに変えられるのか、それとも、不幸のスパイラルへの片道切符なのか


それは、あなた自身の努力と運にかかっているのです。

③業績不振による転職や再就職の場合、まずは悪い運気をリセットする

倒産やリストラ、ブラック企業に勤めていた人や、激務の末に心身共に疲れ果ててしまった人は、まず自分が生まれ持っている本来の運気の状態に戻してあげる必要があります。
そのために実践していただきたいことは、

(1)「環境」をリセットする
(2)「自分自身」をリセットする


の2点が必要になります。
より実践しやすいよう、それぞれの項目ごとに箇条書きでアドバイスをさせていただきます。

(1)「環境」をリセットする


  • 大掃除をするついでに、お部屋の模様替えをする
  • 不用品(特に古新聞や古雑誌などの紙ゴミ)を処分する
  • 携帯電話を新しい機種に買い替え、メモリーには今後も必要とする人のデータのみを入れ、特に今後関わらないであろう人のデータは消去する
  • 玄関に表札(男性の場合はフルネーム、女性の場合は名字のみ)をきちんと出す
  • 生活スタイルを朝型に変える
  • 名刺を整理整頓をし、特に今後関わることのない人の名刺は処分をする
  • これまで使っていた名刺入れや名刺は処分する
  • 今までの仕事で着ていたスーツや鞄、靴などは処分して、新しいものに買い替える(そのまま使っていると、前の職場での気を引きずることになるのでNG)
  • バランスの取れた食事を心掛け、ウォーキングやジョギングなど、適度に体を動かす習慣をつける
  • これまで仕事で使っていた手帳をそのまま使わず、転職や再就職を機に、新しいものに買い替える

(2)「自分自身」をリセットする


  • 髪の毛を切る(3cm以上)
  • 歯の治療やホワイトニングをして、口元の印象をアップさせる
  • 前職が激務で体調を崩している場合、まずは体調を回復させることに努める
  • メンタル面でダメージを受けている場合、カウンセリングなどを受けて、自分が言われたことや葛藤していたことを実際に言葉に出して吐き出す
  • 黒やグレー、紺などの暗い色の服やインテリアは避け、赤やオレンジ、ピンク、イエローなど、明るい色の服やインテリアを心掛ける
  • プライベートであっても、前職での不満や悪口は言わない
  • 話し方やスマイルトレーニングなど、印象をアップさせるトレーニングをする
  • なかなか仕事が決まらないからと言って、暗い言霊を吐いたり、周囲を暗くさせるようなことはしない
  • 転職や再就職を機に、大まかでいいのでこれからの自分の人生設計について考える
  • 目標用の手帳(未来手帳)をフル活用して運気を動かす

④玄関とトイレ、「北東」、「南西」方位の掃除を徹底的にやろう

風水では、玄関は全ての気の入り口とされ、トイレは財運を意味します。
いいご縁を呼び込むためにも、玄関とトイレの掃除は毎日やるようにしましょう。

また、転職と再就職の場合、それぞれ強化したい方位が異なり、

  • 転職(転社)→「北東
  • リストラによる転職や再就職→「南西
の方位をそれぞれ見直し&強化してあげる必要があります。
転職をしたい人は北東を、再就職をしたい人は南西の方位を徹底的に掃除しましょう。
なお、非正規雇用から脱出したい人など、生活の安定を求める場合であれば、両方の方位を掃除することがポイントです。

ここでも実践しやすいように、基本的なポイントを箇条書きでアドバイスをさせていただきます。

  • 玄関のたたきは塩水(粗塩使用)で拭く
  • 玄関のドア、ドアノブも拭く
  • 時々靴箱の中&靴底を塩水で拭く
  • 盛り塩は3日に1回は必ず新しいものに変える
  • 盛り塩の塩は必ず水に流して捨てる(ゴミ箱の中に捨てないこと!)
  • 北東方位と南西方位に関しては、普段から塩水で拭く
  • じゅうたんやラグがある場合、月に1回はじゅうたんの上に重曹を撒いて、掃除機で吸う
  • 玄関のマットは月に1度は必ず干す
  • 北東及び南西方位に収納がある場合、徹底的に掃除をし、不要なものは捨てる
  • 玄関のドアの周辺に物を置いたり、部屋の四隅を全て物で塞がない
  • 扉のない本棚がある場合、布をかけるなどして本が直接晒されないようにする
  • 鏡は最低でも週に1度必ず拭く
  • 1日数分でもいいので、ドアチェーンをつけた状態で玄関を開けて換気をする
  • 北東に背の高い植物を置き、南西には背の低い鉢物を置く
  • 窓のないトイレは厄が非常に溜まりやすいので、掃除の頻度を上げること

⑤仕事運をよりアップさせるために、午前中の時間を有効に活用しよう!

風水では、仕事運を上げるためには「」の気を活用します。

1日の中で、「木」の気が高まる時間帯は、午前5時~10時59分まで


ですので、この「木」の時間を有効活用することが、仕事運アップのためには必要不可欠です。
「木」の時間を充実させるために、特に失業期間中は早寝早起きを心掛けて下さい。
そこで、この時間帯に是非やって欲しいことを、分かりやすく時系列順に書いていきたいと思います。

(1)クラシックや自然の音をベースにしたヒーリング音楽でお目覚め
(2)起床後、1杯の水を飲んで体内を浄化する
(3)洗顔、髭剃り、肌の手入れをする
(4)朝日を浴びながら近所の神社や公園を散歩する
(5)新聞、テレビ、ネットなどでその日のニュースをチェックする
(6)メールチェックをする
(7)朝食を食べる
(8)身だしなみを整え、香水をつける(アロマでもOK)
(9)求人誌やネット、ハローワークなどで求人情報をチェックし応募する
(10)履歴書や職務経歴書を作成&郵送する

一応、求職活動中であることを前提に書いていますが、この他にも、

  • 神棚や仏壇がある人は午前中のうちに拝む
  • 玄関の掃除をする
  • 玄関と部屋にお香を焚く
  • 植物の手入れをする
  • 朝食には卵料理やグレープフルーツ、コーンスープなど黄色い食べ物を食べる
  • 緑茶や柑橘系のジュース、お酢、ペリエなどの炭酸入り天然水を飲む
といった行動も、「木」の気を刺激し、仕事運をアップさせてくれます。

最大のポイントは、企業への応募は午前中のうちに終わらせること


働きながら最終活動をする場合は、休みの日の午前中に応募するのがベストです。
帰宅してから求人情報をチェックする分には構いませんが、応募する時間や書類を送る時間はせめて午前中にしましょう。

⑥笑顔で会話を楽しめる時間を持つこと

就職活動を始めた頃はいいのですが、不採用が続いたり、なかなかいい仕事に巡り合えなかったりすると、どうしても気分が塞ぎがちになってくるものです(例:「自分は世の中に必要とされていないんだ」)。
また、手持ちのお金がどんどんなくなってくると、どうしてもヒステリックになりがちです。
そういうとき、思わず愚痴の一つや二つでも言いたくなるところですが、マイナスの感情に流されてしまっては運が悪くなる一方です。

誰だって、求職活動中は多少なりとも不安があるものです。
話を聞いてもらう、相談にのってもらうのもいいのですが、

就職活動から離れて、笑顔で会話を楽しめる時間を持つ


ように心掛けましょう。
その間は、不安や焦りは忘れて、徹底的に楽しみましょう。

趣味に没頭する時間も悪くないのですが、

仕事運や金運というのは、「人」がもたらすもの


である以上は、他者との関わりを全く持たない…というのは、運気的にもNGなんですね。
ですから、求職活動中は、

意識して人と関わり合いを持つようにすることが最大のポイント


になるので、「お金がないから…」と引きこもってばかりいるのはNGです。

ただし、一人で黙々とやるような趣味でも、一つ仕事運を上げるのに非常に有効なものがあります。
その趣味とは、

ガーデニング


ガーデニングは、仕事運アップに必要な「木」の気の補充になるだけでなく、転職や再就職に必要な「土」の気を鍛えてくれるのでオススメです。
自分で栽培したものを料理して食べることも、運気アップに繋がるのでオススメです。

⑦いい運気を呼び込むために、「7つの習慣」をつけよう!

いい運気を呼び込むために、是非とも習慣にしていただきたいことが7つあります。

(1)いつも極力笑顔でいること(最低限プライベートは笑顔を心掛けること)
(2)黒やグレー、紺などの暗い色の服は避けること
(3)普段から整理整頓や掃除を習慣にすること
(4)気の入り口である手の爪や足の裏をいつも清潔にすること
(5)他人の悪口や後ろ向きな言葉は口にしないこと
(6)ミネラルウォーターや果物を積極的に摂ること
(7)きちんと朝に起きてカーテンを開け、換気をし、太陽の光を浴びること

この7つは、開運のための基本的なことです。

いつも不平不満を抱えて、ムスッとしている人に、幸運も人も、いい仕事もやって来ません


逆に、人に疎まれ、迷惑がられるのが関の山です。
人は窮地に陥ると、「どうして自分だけが…」と悲観的になりがちですが、いつの時代も世知辛いことには変わりはなくて、楽な時代など1つもありません

転職や再就職は、幸せになるための1つの手段にしか過ぎません


し、そもそも開運の基本とは、

自分で自分の幸せを創り出せること


です。
自分以外の誰かや何かに助けてもらおう、救ってもらおうとせず、まずは自分の足で立ち上がること。
それこそが「自律」であり、「自律」はやがて「自立」に繋がって行きます。

「依存」は不幸への片道切符、「自立」は幸運への片道切符


つらいとき、苦しいときほど、自分で自分を信じられるかどうかが鍵になります。
就職難で苦しいご時世ではありますが、だからと言って投げやりになってしまってはオシマイです。

道は自分が作るもの


です。
胸を張って自分自身を信じて、例え心も体も傷だらけであっても、前に進む覚悟を持って、今後の人生を歩んで行かれることを、切に願っております。