6月(6月5日()~7月6日(火)まで)の開運テーマ

今月の干支は「甲午」、九星は「一白水星」、二十八宿は「」になります。

早いところでは、既に「梅雨入り」している地域もございますが、先日、ブログの方でも記事にさせていただいたように(こちらも参照)、

梅雨の時期=「」の季節


となり、

梅雨明け(夏)=「」の季節


となります。

梅雨の時期(飛び石の「」の季節)については、12月~翌2月までの「」の季節とは少し異なり、

」の気と「」の気がぶつかる時期(水剋火)


のため、梅雨の期間中は、

」の気で「気のバランス」を調整しつつ、湿気(「」の気)対策をしっかりやること


が運気アップのための基本的なポイントになります。

ブログの方では、梅雨の時期の「基本的な過ごし方」についてアドバイスをさせていただいたわけですが(こちらも参照)、中でも今月(甲午×一白)の開運のポイントとしては、

例え「梅雨時」であったとしても、「オシャレ」を楽しむこと


が運気アップのポイントになりますので、

  • 「傘」や「レインコート」など、オシャレな「レイングッズ」を取り入れる
  • パワーストーン」のついたアクセサリーを取り入れる(こちらも参照)
  • セミロング以上の方で、湿気で髪の毛が広がりやすい方は、「まとめ髪」のアレンジを楽しむ
  • フェイスパウダー」を上手に活用してメイク崩れを防ぐ
  • 」の気のアロマで空間をリフレッシュする(こちらも参照)

など、「オシャレ」に梅雨対策を実践していただければと思います。




また、その他の今月の開運ポイントとしては、「逆転の発想」や「若い世代の考え方」、「異業種」など、

今までとは違った方向性」からのアイデアを取り入れる


と幸運と発展のチャンスを手にしやすい時期でもあります。

例えば、国内外でも「ワクチン接種」が着実に進みつつあるわけですが、今後、そう遠くない未来に「新型コロナウィルス」の感染がある程度収束するであろうことを見越した上で、

今後、より一層、「After コロナ」時代を見据えた働き方・ビジネスの方向性にどんどんシフトして行く


わけですが、

メリット・デメリットを考慮した上で、「コロナ禍」の中でより普及した「在宅勤務」や「リモート会議」、「オンラインレッスン」などのやり方と「Before コロナ」時代のやり方をベストな形にミックスさせて行く


なら、ちょうど“今”なのではないかと思います。

ご参考までに、昨年、2020年末の『2021年開運セミナー』でお伝えさせていただいた「「After コロナ」時代に求められる働き方・ビジネスの方向性」について、この場でもお伝えさせていただきます(『2021年開運セミナー』ご参加者の方は、「第13章「AFTER コロナ」時代の働き方・ビジネスの方向性(セミナー資料のP.263以降)」を9月末までに復習&徹底的にインプットしておいて下さい)。


【「After コロナ」時代に求められる働き方・ビジネスの方向性】

①2024年以降は「テクノロジー」が発達し、従来人がやっていた仕事が「AI」を使った「システム」や「ロボット」に取って代わられる
→「システム」や「ロボット」により、「生産性」自体は格段にアップするので、従来と比較して「人」がさほど必要なくなる
→会社組織が「少数精鋭」体制になる
→優秀な人の確保が大変になり、「人材のシェア」が起こるため、優秀な人ほど「個人事業主」的な働き方になって行く

②「熟練度が低くても出来る作業」であればあるほど、失業しやすい世の中に(例:事務職、コールセンター、工場での単純作業)
→「コロナ禍」で当初の予定が前倒しになっているため、早ければ「2022年(壬寅×五黄)」あたりからその傾向が出て来る可能性がある
→「AI」や「ロボット」にそう簡単に取って代わられないような仕事orそれらを開発・メンテナンスする仕事に今から徐々にシフトチェンジする必要アリ

③「所有」から「シェア」へ人々の意識が変化する
→「車」や「バイク」、「自転車」といった乗り物や、貸し借りが出来るような生活用品・衣類・OA機器などは「シェア」or「リース」する方向へ
→従来型の「使ったときだけに支払う」サービスは残ることは残るが、多くは「サブスクリプション(定額制)」化して行く
→「不動産」は今後は「持てる人」が限られるので、都市部では特に「賃貸」の方向へ

④「バーチャル(「インターネット」で何かをやること)」が基本になり、「実体験」はより貴重、かつ、高価なものになる
→「コロナ禍」が収束した後も、「コロナ前」のようには戻らない(良くて7~8割)ので、特に「箱物ビジネス(例:百貨店、ホテル、テナント業、学習塾・各種スクールなど)」と言われているビジネスは「After コロナ」でも厳しい可能性が大
→「バーチャル」系のビジネスは「サブスクリプション(定額制)」化し、「実体験」系のビジネスは「会員制」化して行く可能性大(会員制+サブスク)

⑤「国際間競争」が激化し、「自国」だけでなく、「海外展開」も含めた経営戦略が必要になる
→「国籍」や「性別」、「人種」を問わず、「優秀な人」に仕事が集中する
→「英語」の標準語化(「英語」が出来ないと、余程の技術などがない限り、多くは低賃金化)
→従業員の「多国籍化」に伴い、「国際感覚」がより求められる時代に
→特に日本は「少子高齢化」に伴う国内市場の衰退により、国内向けだけではやって行けなくなるので、今後、「海外展開」により力を入れることが非常に重要

⑥「人が商品を選ぶ時代」から、「AIが提案」し、それを人が選ぶ時代へ
→従来の「ネット検索」をして、その中から人が選ぶ時代は徐々にフェイドアウトして行く(SEO(検索エンジン最適化)が従来ほど重要ではなくなる)
→「AI」が「商品の特徴」や「口コミ(評価)」、「ニーズ」に合わせて提案するようになるので、いかに「AI」に選んでもらえるかどうかのマーケティング戦略が必要
→「AI」が「居住地」や「趣味嗜好」、検索結果から「最近興味を持っていること」などを把握し、それに合ったものを提案して行き、人がそれに従うスタイルに(従来型のマーケティング手法である「マスマーケティング」や「ステルスマーケティング」は通用しなくなって行く)

⑦「テレワーク」が浸透し、国内外のどこに居ても仕事が出来るようになる
→ただし、「テレワーク」として残るのは、どちらかと言うと「経営側」に近い立場の人であり、今後、「バックオフィス」の仕事は「システム化」される(例:事務、経理など)
→テレワークが不可能な「医療・介護」や「建築」、「農業」など、人の手で直接やらなければならない仕事は「After コロナ」後もこれまで通り残るが、事務処理作業が圧倒的に少なくなるので、従来と比較すると圧倒的に働きやすくなるため、生産性が向上し、かつ、離職率が減る
→「オフィスビル」の需要は減少するが、物流拠点となる「倉庫」の需要は格段にアップする

⑧「個人事業主」化に伴い、一人で「複数」の仕事をするように変化する(請負契約化)
→「一つの企業でしか通じないスキル」よりも、「他の企業でも通用するスキル」があるかどうかが非常に重要
→「働き方」が変化するのに伴い、「社会保険」の在り方も変化する可能性大
→「会社がリスクを負う時代」から「個人がリスクを負う時代」に変化するので、個々人が働く上で必要な「法律」や「会計」、「税金」などの最低限の知識は身につけないといけない時代になる
→「会社が人材を育てる時代」は終わったので、「自分で自分を育てる」感覚が必要
→「正社員」で働いて、かつ、「給料が年齢と共に上昇する」時代を想定した従来の日本型の社会システムは近い将来に崩壊せざるを得ない(「身の丈」に合った暮らし方が必要になる)
→「80歳まで働き続ける」ことを想定した「キャリアの構築」と、年齢に応じた「無理のない働き方」、「健康な体作り」が重要(「健康格差」が「収入格差」に直結する)


また、今後、「After コロナ」の時代にシフトすることにより、

日本においては、本格的に「令和」の時代が持つ意味が作動


することになります。

「令和」の時代がどういう時代になりそうかについては、以前にブログの方でも記事にさせていただいているのですが(こちらも参照)、一昨年、2019年末に開催した『2020年開運セミナー』でお伝えさせていただいた「第13章「令和」の時代の全体的な傾向と対策(セミナー資料のP.206以降)」の項目について、復習の意味でも、こちらでもお伝えさせていただきます。

☆「令和」の時代の良い面

  • 人々の「愛国心」や「規範意識」が強くなる
  • 人々がより「見た目」や「立ち居振る舞い」の美しさにこだわるようになり、小奇麗になる
  • 「美容」と「健康」に対する意識が高まり、「タバコ」など「不健康」の原因とされるものがどんどん排除されて行く
  • 「文化」や「歴史」、「芸術」に対する理解が高まる
  • 「観光」や「日本の農産物」などの輸出が活発化する
  • アジアや世界における「日本の役割」のウェイトが重くなる

★「令和」時代の悪い面

  • 人々が「神経質」になりやすいため、小うるさい人が今まで以上に増える
  • 「みんなと同じ」ことにこだわり、頭一つ抜け出ている人を叩く傾向が強まる
  • 「国家」や「警察」による各種「管理体制」や「罰則」が強化される
  • 社会の「システム化」が進み、一見「便利」なようで、「自由がきかない」ところが出て来る
  • 世界における日本の「ガラパゴス化」がより進み、最新の技術や流行において「時代遅れ」になりやすい
  • 世の中の「変化の波が激しく、「格差がどんどん拡大する

【「令和」の時代に幸運のチャンスを掴むためのアドバイス】

①個々人の「個性」や「才能」、「知識」、「技術(スキル)」が求められる時代
→「みんなと同じ」や「平均的」では埋もれて行くだけ
→自分の「能力」やそれをうまく活かせる「環境」を自ら作り上げて行くことが大切
→「語学」は出来ないに越したことはないが、今後はどんどんグローバル間での競争が激化するので、必然的にやらなければならない状況になる可能性が大(覚束ない部分はAIが補う形)

②「見た目×実力×個性」の3つが伴って、初めて成功のためのスタートラインに立てる時代
→「見せ方(ブランディング)」や「話題性」だけではもう人がついて来ない時代
→旧来の「精神論」や「根性論」ではなく、具体的根拠に基づいた「理論」や「エビデンス」、「データ」を上手に活用しつつ、効率良く物事を進めて行くことが大切

③「格差社会」から「階級社会」へ
→社会のヒエラルキーにおいて、下になればなるほど、各種システムにより徹底的に管理される「監視型社会」になり、「物事の選択肢」も少なくなる
→上になればなるほど、「自由度」や「物事の選択肢」が増す
→「格差」の根本にあるのは、「能力の差」もあるが、「(リアルな)人脈の差」が大きい

④「科学技術」や「システム」、「医療」がより進化して行く一方で、「アナログ」的なものや「ノスタルジー」を感じるようなものも依然として根強く残る
→「最先端」のものを追求するか、それを「管理」するか、「(従来から続く)古いものを守る」かのどれかになる

⑤「健康格差」が「収入格差」となり、「人生の格差」になる時代
→従来の「医療」や「介護」、「年金」の制度がどんどん崩れ、従来と同じレベルでは受けられない時代が到来
→お金がある人は「再生医療」などの最先端の医療の恩恵を受け、どんどん寿命が延びて行く
→そうでない人は、まともな「医療」や「介護」を受けられなくなり、その結果、「健康格差」だけでなく、「人生の格差」にも直結する可能性が大(例:親の介護のために仕事を退職して経済的に困窮する等)
→老若男女問わず、いかに「健康な状態」を保ち続けられるかが鍵に

⑥「知識量」が物を言う時代
→「知っている」「知らない」で大きな差が出てしまう時代
→「受け身」では良い情報は入って来ないので、自ら進んで積極的に、様々な情報を求めて行くことが大切
→「フェイクニュース」はこれまで以上に増える可能性が高いので、「メディアリテラシー」能力を高めることが重要
→ヒエラルキーが下の人ほど「マスメディア」や「ネット」の情報に頼り、上の方に行けば行くほど、マスコミにもネットにもない濃い情報を得ているため、結果として格差がより開いてしまう
→普段から「読書」や「勉強」をする習慣があるかないかで大きく変わる

⑦男女での「能力差」が縮まる時代
→男女間での「能力差」が縮まり、男女問わず「有能な人」が求められる時代
→家庭においても、「男性だから」「女性だから」といった括りが減り、より「対等」になる(「甘え」が通用しない時代に)
→平均寿命が延びることもあり、「結婚」や「家庭」に対する意識が変化する(「卒婚」という意味での「離婚」や「別居」が増加)
→「独身(単身者世帯)」が増えるため、それに伴い、社会の制度や仕組み、ライフスタイルが変わる


今月末の30日(水)に「夏越の大祓」があるということもありますが(こちらも参照)、

全体的な「星回り」で見ても、今後の「舵取り」を変える時期に来ている


ため、上記の「After コロナ」の時代のやり方+「令和」の時代の傾向と対策は今月のうちに今一度しっかりチェックしていただいて、今後の時代の流れに備えていただければと思います。

なお、今年(辛丑×六白)の「夏越の大祓」での大掃除・整理整頓は、

神棚」と「仏壇」、「玄関」の3カ所を重点的


に大掃除&整理整頓していただければと思います。

その他、基本的な流れに「プラスα」でやるとしたら、

  • 「手足の爪」を切っておくだけでなく、「爪やすり」をかけたり、「トップコート」を塗って爪先をピカピカにしておく
  • 「スーツ」や「礼服」、「制服」をクリーニングに出す(既にクリーニング済みの場合は「天日干し」して風を通すと◎)
  • ペンケース」が古くなっているor汚れている場合は新調する
  • 募金」や「寄付」、「ふるさと納税」をする
  • 玄関や門柱に「表札」を出している場合は、「表札」をきれいに磨いておく(ヒビが入っている場合は新しいものに交換を)

といったことも、余裕があればやっていただければと思います。


また、今月、21日(月)は「夏至(12:32~)」なのですが、今年(辛丑×六白)は生憎、誰にとっても注意が必要な「天戦地冲日」とも重なります。

  • 夏至→1年の中で「」の気が最大になる日
  • 冬至→1年の中で「」の気が最大になる日


だということもあり、本来であれば、「夏至」の日は後半(冬至)に向けて物事を一旦リセットし、新しく再スタートさせる日なのですが、今年の場合は、

各種「点検」と「確認」の日


にしていただければと思います。

具体的な一例としては、

  • 「目標」や「受験勉強」の進捗状況
  • 「キャリア」の棚卸し
  • 「ライフプラン」や「保険」の確認
  • 「防犯対策」や災害に対する「備蓄」の点検・確認
  • 預貯金等の「資産」状況や「住宅ローンの残高」のチェック

といったことをしていただく日にしていただいて、実際に「再スタート」をさせるにあたっては「天戦地冲日」を避けたいので、翌日の22日(火)以降からにしていただければと思います。

また、「天戦地冲日」と重なることもあり、妙に気持ちがザワザワして落ち着かななったり、感情が不安定になりやすかったりするかも知れませんが、

ヒーリング音楽」を聴いたり、「瞑想」をして心を落ち着ける


と良いでしょう。




今月は「後半(冬至)」へ向けての「折り返し地点」の月なのですが、

「ピンチ」と「チャンス」が混在している状態


ですので、「逆転の発想」を心掛け、冷静に対応していただければ、幸運のチャンスを掴むことが出来るのではないかと思います。

月末の「夏越の大祓」に向けて大掃除&整理整頓に励みつつ、徐々に見え始めて来た「After コロナ」の時代に向けて、徐々に歩みを進めて行っていただければ幸いです。

今月の開運のポイント

今月の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
手帳などに書いて読み返すなどして、日々の生活にお役立て下さい。

日常生活編

  • 10日(木)の「金環日食(日本では見られません)」は、「リアルタイム」で見ると「仕事運」を中心とした運気を下げてしまうので、例え日本で見られなくとも、テレビやネットのライブ中継を見ないようにすること(こちらも参照)
  • 11日(金)の「入梅」の日は、「梅干し」や「梅ゼリー」、「梅酒」など、「梅」を使ったお菓子や料理、ドリンクをいただいて邪気払いをする(自家製の「梅干し」を漬けるのもオススメ)
  • 14日(月)の「旧暦端午」の日に、「After コロナ」の時代を見据えた上での今後の「目標」や「方向性」を手帳に記し、「2024年」に向けてここ3年間(2021・22・23年)何をどうしたいのか具体的な計画を立てる
  • 20日()の「父の日」は、「オシャレ」で「実用的」なものをプレゼントすると吉(こちらも参照)
  • 21日(月)の「夏至」の日は「天戦地冲日」とも重なるため、「不意打ちのアクシデント」を回避すべく、なるべく「早起き」をして、時間と気持ちに余裕を持って過ごすと吉
  • 30日(水)の「夏越の大祓」に向けて、「大掃除&整理整頓」を進めつつ、「タオル」「下着」「靴下」など普段の生活で厄を吸っているものを新しいものに交換する
  • 7月7日(水)の「七夕」に向けてお願い事を書くのであれば、「7月2日(金)」か「4日()」に書くと吉(こちらも参照)
  • 翌月「7月7日(水)~8月6日(金)まで」の1カ月間は「天戦地冲月(1カ月丸々「天戦地冲」状態)」なので、7日(水)以降はどうしても「邪気」が溜まりやすく、何かとイライラすることが増えやすいので、掃除&換気の頻度をアップさせる他、「厄除け」のお守りやパワーストーンを持ち歩いたり、可能であれば極力「リモートワーク」にしたり、早めの「夏休み」を取るようにして、「邪気」から身を守るべく早めに計画を立てておく
  • 「仕事」でも「人間関係」でも、「本当に信用出来る人」や「お互いにとってプラスになる人」と組むようにし、来月以降になると「腐れ縁」や「悪縁」の人から足を引っ張られてしまいやすい運気になるので、今後の負の連鎖を断ち切りたいのであれば、今月のうちに断ち切っておくこと
  • 「募金」や「寄付」、「ふるさと納税」をして、「金運の循環」を促しつつ、「金毒」を浄化すると吉

ビジネス編

  • 今のところ表面化していない・本格稼働していない「見えない変化」をキャッチし、「After コロナ」の時代を見据えた上での「仕事のやり方」や「今後の商品・サービス作り」に取り入れる
  • 「仕事の流れ」や「動線」、「連絡網」など、仕事における各種「流れ」がよりスムーズになるように調整する(例:オフィスのレイアウトを動かすなど)
  • 良くも悪くも「普段の態度」がそっくりそのまま表に出やすい時期なので、普段の「行い」や「発言」を正し、「業務マニュアル」や「社会人としての基本」に忠実に仕事をすることが大切(「手抜き」をすると翌月以降にトラブルに発展しやすくなるので注意)
  • 「信頼」や「安心感」が重要な月なので、仕事における「言葉遣い」や「気配り」、「身だしなみ」に対する意識をアップさせると吉
  • 普段の仕事において、極力「ペーパーレス」を心掛けるようにし、各種データの「バックアップ体制」をしっかり取ること(例:外付けHDD&クラウド(複数)に保存するなど)
  • 思わぬところから「情報漏洩」が起こりやすい月なので、「書類」や「データ」の取り扱いに気を付けるだけでなく、「社外での会話」に気を付けたり、「付箋」や「メモ」にもシュレッダーをかけるなどして、普段から仕事に関する情報は厳重に管理するように心掛ける
  • 「営業」や「プレゼン」、「職場内の人間関係」において、「喋り過ぎて失敗」しやすい月なので、相手に「伝えたいこと」を予め決めてから伝えるようにする(「メール」や「SNS」、「文字チャット」など文字で伝えるときは、分かりやすく簡潔な文章にすると◎)
  • 「リモートワーク」をされている方は、「ON」と「OFF」の切り替えを意識してやるようにし、「仕事」と「プライベート」にメリハリをつけると吉(予め「時間割」や「TODOリスト」を作っておき、それに沿って仕事をすると◎)
  • 経営者の方やお店・支店の責任者の方は、「お客様の声」や「会社」や「お店」の評判をチェックし、改善が必要だと思ったものは業務にフィードバックする
  • 「転職」を考えている方や「求職中」の方は、「業界」や「職種」を決め付け過ぎず、異業種や未経験での仕事であっても、「将来性がありそう」「面白そう」と思った仕事に思い切ってチャレンジしてみるのもオススメ

今月のラッキーアイテム

  • キャミソールワンピース
  • 「ロング丈」のレースカーディガン
  • 「オフショルダー」のカットソー
  • ティアードスカート
  • サブリナパンツ
  • 「アンクルストラップ」のサンダル
  • シースルーバッグ
  • ヘアアクセサリー(「コーム」型のものが◎)
  • 洗い流さないタイプのトリートメント(例:ヘアオイルなど)
  • ブレスレット(今月は「右手」にすると◎)

今月のラッキープレイス

  • 温泉・スパ
  • プール
  • 水族館
  • 湿原(例:釧路湿原、尾瀬、八幡湿原など)
  • 「名水百選」に選定されているところ(こちらも参照)

今月のラッキージュエリー

  • パール
  • ローズクォーツ
  • レッドコーラル(赤珊瑚)
  • アクアマリン
  • ブルームーンストーン

今月のラッキーフード

  • パエリア
  • 白身魚のレモン蒸し
  • 豚肉の梅しそチーズ巻き
  • チョレギサラダ
  • メロンゼリー


今月の九星別開運アドバイス

今月の「今月の九星別開運アドバイス」は以下の通りです。

開運アドバイスを取り入れる際の優先順位としては、

今月の開運のポイント(全員共通)>今月の九星別開運アドバイス(個人向け)


となりますので、「今月の開運のポイント」に付け加える形で取り入れていただければと思います。


なお、運勢の見方ですが、

  • 社会人・大学院生→本命星(生まれた「年」の九星)
  • 学生→月命星(生まれた「月」の九星)
  • 未就学児→日命星(生まれた「日」の九星)

で運勢をチェックして下さい。


①一白水星

「小休止」の運勢なので、今までの進捗状況をチェックし、後半に向けて計画を再構築すると良い運勢です。
来年は無理が出来ない年なので、今月から「仕事量」を少しずつ減らしたり、人に任せるなどして対処を。
また、「過労」や「ストレス」から体調を崩しやすい時期なので、休日は温泉やスパでゆったり過ごして。

  • ラッキーアイテム→切子細工の食器・グラス、メノウのコースター
  • ラッキーカラー→レモンイエロー、ライラック
  • ラッキーフード→カルフォルニアロール、ミックスナッツ
  • 今月の吉方位→北東、東

②二黒土星

今の自分が置かれている「立場」において、「やるべきこと」をしっかり出来ているか問われる運勢です。
今月は「サボリ」や「手抜き」はNGなので、最後まで気を抜かず「有言実行」でやり切ることが大切です。
また、「品格」が問われる月でもあるので、「立ち居振る舞い」や「ファッション」には上品さを心掛けて。

  • ラッキーアイテム→シルバーorプラチナのアクセサリー、つばの広い帽子
  • ラッキーカラー→セルリアンブルー、アイボリー
  • ラッキーフード→白身魚のムニエル、白湯スープ
  • 今月の吉方位→北東、東

③三碧木星

「どうしたら人に喜んでもらえるか」を考え、具体的な行動をすることで、周囲から幸運が訪れる運勢です。
自分が置かれている「環境」や「周囲の人達の状況」を観察し「長所」や「必要なもの」をピックアップを。
また、「プレゼント」や「お店選び」のセンスを磨くなどして、「おもてなし力」をアップさせると幸運に。

  • ラッキーアイテム→バッグチャーム、オシャレなデザインのマスク
  • ラッキーカラー→マスタードイエロー、マゼンタ
  • ラッキーフード→スープカレー、レアチーズケーキ
  • 今月の吉方位→なし

④四緑木星

指示を待つのではなく、自ら率先して「行動」をし、「良い変化」を起こすことが開運の鍵となる運勢です。
「今後必要になるであろうもの」や「改善」に繋がりそうなものは、どんどん試してみることが大切です。
また、今月は「習うより慣れろ」を地で行く運勢なので、まずは「慣れる」ことを目標にすると吉です。

  • ラッキーアイテム→「ウッド系」のアロマ(例:ティートゥリーなど)、ブレスレット
  • ラッキーカラー→フォレストグリーン、カーマインレッド
  • ラッキーフード→きのこ雑炊、水ようかん
  • 今月の吉方位→なし

⑤五黄土星

周囲から高く評価されている「強み」を活かすことにより、「結果」や「評価」に繋がりやすい運勢です。
「集中力」が鍵になる運勢なので、適度に「休憩」を入れ、「ON」と「OFF」の切り替えをすると◎。
何かとお誘いが多い運勢ですが、今月は「当初の予定」や「これ」と決めたものを最優先で行くと吉です。

  • ラッキーアイテム→マリンテイストの雑貨、ブルーライト対策グッズ(例:スマホフィルムなど)
  • ラッキーカラー→チェリーレッド、ライムグリーン
  • ラッキーフード→ペスカトーレ、コーヒーゼリー
  • 今月の吉方位→北東、東

⑥六白金星

突発的なトラブルに見舞われやすく、当初の計画が崩れやすい、今年最も注意が必要な「要注意月」です。
「交通事故」や「怪我」、「急病」に見舞われやすいので、いつも以上に交通安全・体調管理に気を付けて。
今月は極力「三密」を回避し、可能であれば「リモートワーク」にして、マイペースで仕事をした方が吉。

  • ラッキーアイテム→シルバーのアクセサリー、厄除けのお守り・パワーストーン(こちらも参照)
  • ラッキーカラー→パステルイエロー、オフホワイト
  • ラッキーフード→コムタンクッパ、黒ゴマプリン
  • 今月の吉方位→東

⑦七赤金星

今月は「環境」を整えることが幸運の鍵になる運勢なので、「住まい」や「職場」の環境を整えると吉です。
「夏越の大祓」に備える意味でも、「大掃除&整理整頓」をし、今までより快適な環境にグレードアップを。
また、ここ数カ月は「体力が低下」しやすい運勢が続いたので、「体力づくり」をスタートさせると◎。

  • ラッキーアイテム→ハンドメイドの雑貨・アクセサリー、マッサージグッズ
  • ラッキーカラー→シャルトルーズイエロー、オリーブグリーン
  • ラッキーフード→ロールキャベツ、ひじきと大豆の煮物
  • 今月の吉方位→東

⑧八白土星

いつも以上に「時間」や「曜日」、「日付け」を意識して動くと、目標がより達成されやすくなる運勢です。
仕事でもプライベートでも、スマホなどの「アラーム機能」を活用して、「時間」ごとに区切って動くと吉。
「朝型」の方が運気がアップするので、大事な予定は午前中に入れるなど、朝の時間を有効活用すると◎。

  • ラッキーアイテム→腕時計・懐中時計、スマホのアラーム機能
  • ラッキーカラー→リーフグリーン、スカイブルー
  • ラッキーフード→トマトとツナのチーズ焼き、抹茶ムース
  • 今月の吉方位→北東

⑨九紫火星

いつもより「事前の連絡」や「段取り」をしっかりやっておくと、よりスムーズに物事が展開する運勢です。
「明るい色」の服装やメイクを心掛け、「明るく元気なイメージ」の外見を演出すると運気アップに◎。
また、「風通しが良い場所」が幸運を呼ぶ月なので、公園や河川敷での「ウォーキング」もオススメです。

  • ラッキーアイテム→タオル地のハンカチ、ハッカ油(ペパーミント)
  • ラッキーカラー→オレンジ、エメラルドグリーン
  • ラッキーフード→担々麺、ミネストローネ
  • 今月の吉方位→東