『「最低限これだけは押さえたい!」開運の基本セミナー』収支・募金額報告について

去る2017年9月24日()に、熊本市の「ホテル熊本テルサ」にて、『「最低限これだけは押さえたい!」開運の基本セミナー』を開催させていただきました。

今回のセミナーでは、「14名様」のご参加をいただきました。
ご参加いただいた受講者の皆様方、本当にありがとうございました。


ご参加いただいた受講者の方からお預かりさせていただいた浄財は、2017年10月4日(水)に「鏡月鑑定事務所」名にて、「熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援委員会」を通じて、熊本県に募金をさせていただきました(「振込手数料」は当事務所負担)。

なお、事務所住所は、インターネット上では「非公開」とさせていただいているため、住所の部分は黒く塗り潰させていただいておりますので、ご了承下さいませ。



今回のセミナーの収支は以下の通りです(金額は全て「税込表示」です)。

売上:98,000円

  • 14名様×7,000円/1名様=98,000円


「諸経費」として算入させていただく金額:51,348円

【交通費】
  • モノレール(浜松町→羽田空港第2ビル):490円
  • 飛行機代(羽田→熊本):20,990円(WEB割引利用)
  • シャトルバス(熊本空港→熊本駅前):800円
  • タクシー代(熊本駅前→セミナー会場まで):1,780円
  交通費計:24,060円

【セミナー資料代】
  • コピー代:7,728円(14名様×69枚/1名様×8円/1部=7,728円)
  • 宅急便代(東京都内→セミナー会場まで):1,480円
  セミナー資料代計:9,208円

【セミナー会場代】
  • 11,200円(「研修室(A)」を「4時間」利用→詳しい料金表はこちら

【宿泊費(1泊分)】
  • 6,880円

募金額:50,000円

  • 収入-諸経費:46,652円(98,000円-51,348円=46,652円)
  • 募金額:50,000円(「+3,348円」は当事務所で負担)



震災後の熊本には、今回、初めて訪れさせていただいたのですが、あの震災から1年半近くが経ち、だいぶ街は落ち着きを取り戻しつつあるものの、時折見掛ける地震の爪痕は、この街がいかに激しい地震に襲われたのかを物語っていました。
復旧工事のため、シートに覆われた「熊本城」や、外壁に複数のヒビがクッキリ入っているビルを見て、胸が痛む思いでした。

今回のセミナーを通じて受講者様からお預かりさせていただいた浄財は、「熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援委員会」を通じて募金をさせていただいたわけですが、募金をさせていただくにあたり、

「熊本城復興分」


として募金をさせていただきました。

熊本のシンボルである「熊本城」の復旧には「20年」かかるとのことですが(こちらもご覧下さい)、かなり微力ではございますが、今回募金させていただいたお金が、熊本城の復旧に少しでもお役立ていただけたら幸いです。

またいつか、復旧した立派な熊本城を見られる日が来ることを、心待ちにしております。


以上を持ちまして、「熊本プロジェクト」は終了になります。
熊本の1日も早い復興と、更なる発展を、心より願っております。

ありがとうございました。


鏡月鑑定事務所 鏡月凰仙