2016年の年の吉方位について

九星気学による、本命星ごとの2016年の各九星の年の吉方位一覧表です。

「年」の吉方位は、500km以上の遠距離への旅行、及び、海外旅行で使います


ご自分の本命星が分からない方は、こちらでご確認下さい。
なお、当事務所では、取り扱いが難しい定位対冲は「凶方位」として取り扱っておりますのでご注意下さい。

月ごとの吉方位は、以下をクリックしてご覧下さい。
各方位ごとの候補地の設定及び注意点については、こちらをご覧下さい。

  • 一白水星の月ごとの吉方位→こちら
  • 二黒土星の月ごとの吉方位→こちら
  • 三碧木星の月ごとの吉方位→こちら
  • 四緑木星の月ごとの吉方位→こちら
  • 五黄土星の月ごとの吉方位→こちら
  • 六白金星の月ごとの吉方位→こちら
  • 七赤金星の月ごとの吉方位→こちら
  • 八白土星の月ごとの吉方位→こちら
  • 九紫火星の月ごとの吉方位→こちら
一白
二黒
三碧
四緑
五黄
六白
七赤
八白
九紫
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
×
×
×
西
×
×
北西
×
×
☆:大吉方位 ◎:中吉方位 ○:吉方位 無印:月の吉方位取りでのみ使用可能な方位 ×:凶方位

一白水星の吉方位

2016年の一白水星の方が使える方位は、

北、東、南、西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 北(七赤金星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 東(九紫火星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南(六白金星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 西(四緑木星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 北→恋愛運(片思い・交際の発展)、営業・接客業の人の仕事運アップ、金運の改善、新しい友人を得る
  • 東→仕事運(才能や努力が報われる)、学業・試験運、ダイエット運、人生に発展性が出てくる
  • 南→キャリアアップ、大きなプロジェクトや事業の成功、投資で利益を得る、集中力がアップする
  • 西→恋愛運(出会い運)、結婚運、お金回りが良くなる、人脈の拡大、人からの信用や評価がアップする

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 旅行先はなるべく遠いところへ、かつ、長めに滞在する(ツアーや連泊プランなどを利用すると◎)
  • サイクリングやバイク、遊覧船、ヨットなど、「風」を感じる乗り物に乗る
  • お気に入りの香水を持って行くorお土産に香水を買う(アロマオイルでもOK)
  • 携帯のストラップやスマホケースを購入し、帰宅後から使い始める(滞在中に使い始めてもOK)
  • 現地の市場やショッピングセンターでウィンドウショッピングを楽しむ
  • これまで食べたことのない現地の郷土料理にトライしてみる(美味しいと評判のお店が◎)
  • Tシャツやスカーフ、ネクタイなどの布物のファッションアイテムを購入する
  • 現地のエステやスパ、ネイルサロンへ行く
  • 旅先で家族や友人へ手紙を書いたり(絵ハガキがベスト)、写真付きのメールを送る
  • 女性同士or男性は女性と一緒に行く(お互いに吉方位であることが前提)

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
北西
×
×
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
北西
×
×
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

二黒土星の吉方位

2016年の二黒土星の方が使える方位は、

北、東、南東、南、西、北西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 北(七赤金星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 東(九紫火星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 南東(一白水星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南(六白金星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 西(四緑木星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 北西(三碧木星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 北→恋愛運(片思い・交際の発展)、営業・接客業の人の仕事運アップ、金運の改善、新しい友人を得る
  • 東→仕事運(才能や努力が報われる)、学業・試験運、ダイエット運、人生に発展性が出てくる
  • 南東→恋愛運(出会い運)、結婚運、周囲の人達から評価や信頼を得る、海外や異業種とのご縁が出来る
  • 南→キャリアアップ、大きなプロジェクトや事業の成功、投資で利益を得る、集中力がアップする
  • 西→恋愛運(出会い運)、結婚運、お金回りが良くなる、人脈の拡大、人からの信用や評価がアップする
  • 北西→就職・転職運、出世運、事業運、投資運、大きなプロジェクトや新しい企画で成功を収める

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 旅行や出張などを利用して、吉方位旅行へ行く回数を増やす
  • 「健康」を意識した宿や、温泉が充実している宿で、かつ、心身共にリラックス出来る宿を選ぶ
  • あちこちのホテルや旅館に宿泊するより、なるべく1カ所の宿泊先に長く滞在する
  • 岩盤浴や砂風呂、サウナに入り、デトックスをしてくる(更に旅先で手足の爪を切ると◎)
  • 登山や海水浴、スキーなどその土地の自然を楽しんだり、有名な観光地をじっくりと回る旅にする
  • 突然のハプニングにも対応出来るよう、旅行のスケジュールやお金には余裕を持たせておく
  • 家族や古くからの友人など、気心の知れた人と一緒に旅をする(ただし吉方位は同じであることが条件)
  • 就寝前にラベンダーやカモミールなど、リラックス&ぐっすり眠れるアロマを使う
  • 古くなった下着や靴下など、旅先で何か一つ捨ててくる
  • 旅先で写真を撮り、帰宅後、フォトフレームに入れてリビングor寝室に置く(待受けにしてもOK)

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
北西
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

三碧木星の吉方位

2016年の三碧木星の方が使える方位は、

北、東、南、西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 北(七赤金星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 東(九紫火星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 南(六白金星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 西(四緑木星)→比和(中吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 北→恋愛運(片思い・交際の発展)、営業・接客業の人の仕事運アップ、金運の改善、新しい友人を得る
  • 東→仕事運(才能や努力が報われる)、学業・試験運、ダイエット運、人生に発展性が出てくる
  • 南→キャリアアップ、大きなプロジェクトや事業の成功、投資で利益を得る、集中力がアップする
  • 西→恋愛運(出会い運)、結婚運、お金回りが良くなる、人脈の拡大、人からの信用や評価がアップする

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 旅行先の地域の歴史や文化、伝統行事、芸術に触れる旅にする
  • 海外旅行の場合、現地を良く知るガイドさんをつけたり、ツアーを利用する(現地の友人や知人と一緒に旅をするのもOK)
  • 旅先で有名な神社仏閣や教会、パワースポットを訪れる
  • 海外旅行をする場合、現地の言葉で会話が出来たらベストだが、最低限、現地の言葉で挨拶をする
  • 懐石料理や宮廷料理、コース料理をいただく(テーブルマナーをきちんと守る)
  • 旅行先で少額でいいので募金や寄付をしたり、ボランティアをする(チップを少し多めに払うのも◎)
  • マナーやしきたりを重んじ、品格のある言動を心掛ける
  • パワーストーンのアクセサリーを身につける
  • 旅行中はオーソドックスな品の良いファッションを心掛ける
  • お土産に仕事で使う時計や手帳やペンなどの文房具を購入し、帰宅後から使い始める

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
北西
×
×
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
北西
×
×
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

四緑木星の吉方位

2016年の四緑木星の方が使える方位は、

北、南東、南、北西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 北(七赤金星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南東(一白水星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 南(六白金星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 北西(三碧木星)→比和(中吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 北→恋愛運(片思い・交際の発展)、営業・接客業の人の仕事運アップ、金運の改善、新しい友人を得る
  • 南東→恋愛運(出会い運)、結婚運、周囲の人達から評価や信頼を得る、海外や異業種とのご縁が出来る
  • 南→キャリアアップ、大きなプロジェクトや事業の成功、投資で利益を得る、集中力がアップする
  • 北西→就職・転職運、出世運、事業運、投資運、大きなプロジェクトや新しい企画で成功を収める

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • お得なプランやオフシーズンを利用して、グレードの高い宿に宿泊する
  • 現地で人気のレストランやカフェで食事をする(カジュアルなレストランやカフェがオススメ)
  • 食後にスイーツを食べる(甘いものが苦手な場合はお酒を楽しむ)
  • 旅行の最中は、こまめに歯磨きやデンタルリンスをする
  • 一人旅よりも、仲の良い友人と一緒に旅行する(ただし吉方位は同じであることが条件)
  • 現地の人との会話を楽しむ
  • エステやマッサージ、ネイルをしてもらうなど、プチ贅沢な旅にする
  • 現地の酒蔵やワイナリーを訪れ、地酒をお土産にする
  • 滞在中は、パワーストーンのジュエリーを身に付ける(現地で購入するのもオススメ)
  • お土産に陶器製の食器やマグカップを購入し、帰宅後から使い始める

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
×
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
×
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

五黄土星の吉方位

2016年の五黄土星の方が使える方位は、

北、東、南東、南、西、北西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 北(七赤金星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 東(九紫火星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 南東(一白水星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南(六白金星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 西(四緑木星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 北西(三碧木星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 北→恋愛運(片思い・交際の発展)、営業・接客業の人の仕事運アップ、金運の改善、新しい友人を得る
  • 東→仕事運(才能や努力が報われる)、学業・試験運、ダイエット運、人生に発展性が出てくる
  • 南東→恋愛運(出会い運)、結婚運、周囲の人達から評価や信頼を得る、海外や異業種とのご縁が出来る
  • 南→キャリアアップ、大きなプロジェクトや事業の成功、投資で利益を得る、集中力がアップする
  • 西→恋愛運(出会い運)、結婚運、お金回りが良くなる、人脈の拡大、人からの信用や評価がアップする
  • 北西→就職・転職運、出世運、事業運、投資運、大きなプロジェクトや新しい企画で成功を収める

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 代々続いている老舗のホテルや旅館、家族経営の宿に宿泊する
  • マッサージや温泉など、体の疲れをリフレッシュする旅にする
  • 山や高原に行き、登山やハイキング、スキー、高原リゾートや牧場体験を楽しむ
  • 陶芸体験をしたり、現地の土で出来た陶器をお土産に購入する
  • 滝や渓谷などマイナスイオンの多い場所へ行く
  • お花見や紅葉狩りなど、その季節ならではの景色を楽しむ(徒歩やトロッコ列車などゆったりした乗り物に乗って楽しむと◎)
  • 複数の泉質の温泉に入る(湯治もオススメ)
  • その土地でしか出来ない初めての体験にチャレンジする(その土地でしか味わえないグルメでもOK)
  • 山の上にあるパワースポットへ足を運び、可能であれば石段を登って参拝する
  • 現地の伝統工芸品やインテリアショップをチェックする(現地で家具や雑貨を購入しても◎)

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
北西
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

六白金星の吉方位

2016年の六白金星の方が使える方位は、

東、南東、西、北西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 東(九紫火星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南東(一白水星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 西(四緑木星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 北西(三碧木星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 東→仕事運(才能や努力が報われる)、学業・試験運、ダイエット運、人生に発展性が出てくる
  • 南東→恋愛運(出会い運)、結婚運、周囲の人達から評価や信頼を得る、海外や異業種とのご縁が出来る
  • 西→恋愛運(出会い運)、結婚運、お金回りが良くなる、人脈の拡大、人からの信用や評価がアップする
  • 北西→就職・転職運、出世運、事業運、投資運、大きなプロジェクトや新しい企画で成功を収める

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 海が見えるホテルやリゾート地にあるホテルに宿泊する
  • 旅行先でテニスやゴルフなどのアウトドアのスポーツをしたり、エステやマッサージを受ける
  • 美術館や博物館、図書館、本屋へ足を運ぶ
  • 海水浴やマリンスポーツ、クルージングを楽しむ(泳げない方は海を眺めるのも◎)
  • 有名な神社仏閣や教会、パワースポットへ行く(お土産にお守りやメダイを購入すると吉)
  • お祭りや花火大会など、その地域の一大イベントへ足を運ぶく
  • 旅行中、紫外線対策とお肌の保湿対策をしっかりする(髪の毛や目の紫外線対策もお忘れなく)
  • 現地のガイドブックや地図を持って行く(アプリでも可)
  • 旅行中は明るい色の服装や下着で行く(黒やグレーなど暗い色はNG)
  • お土産に鏡(手鏡でもOK)を購入し、帰宅後から使い始める

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
北西
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

七赤金星の吉方位

2016年の七赤金星の方が使える方位は、

東、南東、西、北西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 東(九紫火星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南東(一白水星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 西(四緑木星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 北西(三碧木星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 東→仕事運(才能や努力が報われる)、学業・試験運、ダイエット運、人生に発展性が出てくる
  • 南東→恋愛運(出会い運)、結婚運、周囲の人達から評価や信頼を得る、海外や異業種とのご縁が出来る
  • 西→恋愛運(出会い運)、結婚運、お金回りが良くなる、人脈の拡大、人からの信用や評価がアップする
  • 北西→就職・転職運、出世運、事業運、投資運、大きなプロジェクトや新しい企画で成功を収める

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 旅行の日程は長めにし、スケジュールは余裕を持って緩めに組む
  • 旅行中の間、旅先の名水やミネラルウォーターを飲む(1日2リットルが目安)
  • 寝具にこだわりのある宿に宿泊し、滞在中、睡眠時間は長めに取る(遅くとも23時~翌1時までには寝ること)
  • 体を締め付けない、ゆったりした服装で行く(女性はパンツスタイルよりはスカートがオススメ)
  • 湖や渓谷など、水がきれいな観光地へ出掛ける
  • 男性は滞在中「アクア系」の香水をつけ(香水がつけられない場合は香水瓶を持ち歩いてもOK)、女性は現地で1輪でいいので「生花」を購入し、滞在中、ホテルの部屋に活けておく
  • 現地のバーや居酒屋でお酒を楽しむ
  • 恋人同士や夫婦で出掛ける(お互いに吉方位であることが前提)
  • 旅先でお水取りorミネラルウォーターや地酒を買い、帰宅後9日間飲み続ける(お水取り)
  • お土産に刺繍や手縫いの雑貨を購入し、帰宅後から使い始める(ソーイングセットを購入してもOK)

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
×
北西
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

八白土星の吉方位

2016年の八白土星の方が使える方位は、

北、東、南東、南、西、北西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 北(七赤金星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 東(九紫火星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 南東(一白水星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南(六白金星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 西(四緑木星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 北西(三碧木星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 北→恋愛運(片思い・交際の発展)、営業・接客業の人の仕事運アップ、金運の改善、新しい友人を得る
  • 東→仕事運(才能や努力が報われる)、学業・試験運、ダイエット運、人生に発展性が出てくる
  • 南東→恋愛運(出会い運)、結婚運、周囲の人達から評価や信頼を得る、海外や異業種とのご縁が出来る
  • 南→キャリアアップ、大きなプロジェクトや事業の成功、投資で利益を得る、集中力がアップする
  • 西→恋愛運(出会い運)、結婚運、お金回りが良くなる、人脈の拡大、人からの信用や評価がアップする
  • 北西→就職・転職運、出世運、事業運、投資運、大きなプロジェクトや新しい企画で成功を収める

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 予めガイドブックで行き先を調べたり、レストランの予約をしたりするなど、計画的な旅にする(お得感があるツアーを利用するのもオススメ)
  • あちこちのホテルや旅館に宿泊するより、なるべく1カ所の宿泊先に長く滞在する
  • 湯治プランやレディースプランなど、お得な宿泊プランを利用する
  • 土日や連休、観光シーズンなど、混んでいる時期は避ける
  • マッサージを受けて、体の疲れとコリをほぐす(特に足ツボマッサージがオススメ)
  • 徒歩や電車やバスの公共交通機関で観光をしたり、ホテルの周辺を散策する
  • 家族や昔からの友人、恋人と一緒に出掛ける(お互いに吉方位であることが前提)
  • 現地の市場やショッピングセンターでウィンドウショッピングを楽しむ
  • 現地の郷土料理やB級グルメ、庶民的な料理、煮込み料理、鍋料理を食べる
  • お土産に洋服や下着、生活雑貨を購入し、帰宅後から使い始める

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
北西
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

九紫火星の吉方位

2016年の九紫火星の方が使える方位は、

北、南東、南、北西


になります。
それぞれの「年の方位」の詳しい内訳は、

  • 北(七赤金星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南東(一白水星)→殺気(凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 南(六白金星)→死気(小凶)/100~500km以内での吉方位旅行なら可
  • 北西(三碧木星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)


となります。
なお、この吉方位一覧表では、方位ごとにマークを付しており、それぞれのマークごとに吉方位の取り方が異なります。

  • ☆(年盤・月盤共に吉方位)→100km以上&2泊3日以上(海外旅行に最適)
  • ◎(月盤が吉方位)→100~500km以下&2泊3日~1週間以内
  • ○(年盤が吉方位)→500km以上&1週間以上(最低でも5泊6日)
  • 無印→吉方位旅行には向かない方位
  • ×→凶方位


となり、「☆」印の方位はなるべく、「遠く」「長く」滞在するようにすると、吉方位旅行で得られる気が更にアップします。

それぞれの方位から得られる主な運気は、

  • 北→恋愛運(片思い・交際の発展)、営業・接客業の人の仕事運アップ、金運の改善、新しい友人を得る
  • 南東→恋愛運(出会い運)、結婚運、周囲の人達から評価や信頼を得る、海外や異業種とのご縁が出来る
  • 南→キャリアアップ、大きなプロジェクトや事業の成功、投資で利益を得る、集中力がアップする
  • 北西→就職・転職運、出世運、事業運、投資運、大きなプロジェクトや新しい企画で成功を収める

となります。
更に幸運な旅にするためのポイントとしては、

  • 駅や空港からのアクセスが良い宿に泊まる(インターネット環境が整っているところが吉)
  • 旅先でドライブやツーリング、サイクリングを楽しむ
  • テーマパークや自然公園を散策する(午前中の散策がオススメ)
  • 旅先でリラックス出来る音楽を聴く(移動中に聴いてもOK)
  • 目的地には最短ルートで行き、旅行先でゆったり過ごす(車やバイクを運転して行く場合も同様)
  • ジーンズやパンツスタイルなどのカジュアルスタイルで、かつ、動きやすい服装で行く
  • 旅行の荷物はなるべく最小限にする(もし足りないものがあったら現地で買う)
  • 旅行先から電話をかけたり、メールやSNSで近況報告をする
  • 旅行先で写真を撮り、帰って来たらアルバムにまとめたり、SNSにUPする
  • 現地で人気のカジュアルなレストランやB級グルメを堪能する

ようにすると良いでしょう。

なお、吉方位旅行の目的地を設定するにあたり、日本(東京・大阪)から見た海外の各方位については、こちらをご参照下さい。

2月

2/4~3/4
3月

3/5~4/3
4月

4/4~5/4
5月

5/5~6/4
6月

6/5~7/6
7月

7/7~8/6
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
×
×
×
北西
×
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位
8月

8/7~9/6
9月

9/7~10/7
10月

10/8~11/6
11月

11/7~12/6
12月

12/7~1/4
1月

1/5~2/3
×
×
×
×
北東
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
南東
×
×
×
×
×
×
×
×
南西
×
×
×
×
×
×
西
×
×
×
×
×
×
北西
×
×
×
☆:年・月ともに吉方位 ◎:月の吉方位 ○:年の吉方位 無印:吉方位取りには向かない方位 ×:凶方位

東京・大阪を起点とした海外の方位

ご自分の吉方位が分かったら、『あちこち方位』などで方位を検索し、目的地を決めましょう。
方位の検索は、「気学30/60°」で行って下さい(「偏角を考慮」のチェックもお忘れなく)。
方位線上や、方位の境目±5°のエリアは吉凶混合のためNGですのでご注意下さい。

なお、東京を起点とした海外の方位は以下の通りです。

方位
東京を起点とした国及び都市
  • ハバロフスク(ロシア)
  • ヤクーツク(ロシア)
  • アイスランド
  • アイルランド
  • グリーンランド
  • フォルタレーザ(ブラジル)
  • サルヴァドール(ブラジル)
北東
  • カナダ
  • アラスカ
  • アメリカ本土
  • メキシコ
  • 中南米(グアテマラ、キューバ、エクアドル、ペルー、ボリビアなど)
  • サンパウロ(ブラジル)
  • ハワイ
  • サンティアゴ(チリ)
  • ブエノスアイレス(アルゼンチン)
  • ウルグアイ
南東
  • ニュージーランド
  • フィジー
  • バヌアツ
  • ニューカレドニア
  • ソロモン諸島
  • アルゼンチン・チリ南部
  • フォークランド諸島
  • グアム
  • サイパン
  • パプアニューギニア
  • オーストラリア(東海岸・中央部)
  • タスマニア島
南西
  • 台湾
  • 香港
  • マカオ
  • 東南アジア諸国
  • オーストラリア西海岸
西
  • 釜山・済州島
  • 上海
  • チベット
  • ハノイ(ベトナム)
  • ラオス
  • バンコク(タイ)
  • ミャンマー
  • バングラデシュ
  • ブータン
  • ネパール
  • インド(ニューデリーなど北部を除く)
  • スリランカ
  • モルジブ
  • セイシェル
  • ケニア
  • モザンビーク
  • ナミビア
  • マダガスカル
北西
  • ソウル
  • 北京
  • モンゴル
  • ヨーロッパ諸国
  • ロシア(ヨーロッパ側)
  • ニューデリー(インド)
  • 中東諸国
  • 北アフリカ(エジプト、リビア、モロッコ、セネガル、ナイジェリアなど)

次に、大阪を起点とした海外の方位は以下の通りです。
方位
大阪を起点とした国及び都市
  • ウラジオストク(ロシア)
  • ハバロフスク(ロシア)
  • ヤクーツク(ロシア)
  • アイスランド
  • アイルランド
  • グリーンランド
  • フォルタレーザ(ブラジル)
  • サルヴァドール(ブラジル)
  • リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)
北東
  • カナダ
  • アラスカ
  • アメリカ本土
  • メキシコ
  • 中南米(グアテマラ、キューバ、エクアドル、ペルー、ボリビアなど)
  • サンパウロ(ブラジル)
  • ハワイ
  • サンティアゴ(チリ)
  • ブエノスアイレス(アルゼンチン)
  • ウルグアイ
南東
  • グアム
  • サイパン
  • ニュージーランド
  • フィジー
  • バヌアツ
  • ニューカレドニア
  • ソロモン諸島
  • アルゼンチン・チリ南部
  • フォークランド諸島
  • パラオ
  • パプアニューギニア
  • オーストラリア(東海岸・中央部)
  • タスマニア島
南西
  • 台湾
  • 香港
  • マカオ
  • 東南アジア諸国
  • オーストラリア西海岸
西
  • 釜山・済州島
  • 上海
  • チベット
  • ハノイ(ベトナム)
  • ラオス
  • ミャンマー
  • バングラデシュ
  • ブータン
  • ネパール
  • インド(ニューデリーなど北部を除く)
  • スリランカ
  • モルジブ
  • セイシェル
  • ケニア
  • モザンビーク
  • ナミビア
  • マダガスカル
北西
  • ソウル
  • 北京
  • モンゴル
  • ヨーロッパ諸国
  • ロシア(ヨーロッパ側)
  • ニューデリー(インド)
  • 中東諸国
  • 北アフリカ(エジプト、リビア、モロッコ、セネガル、ナイジェリアなど)