10月(10/8(木)~11/6(金)まで)・11月(11/7()~12/6()まで)の開運テーマ

※諸事情により、今月は「合併号」となっております。予めご了承下さい。

まず、10月・11月の「干支」と「九星」、「二十八宿」ですが、

  • 10月→丙戌×九紫×参宿
  • 11月→丁亥×八白×井宿


となるのですが、それぞれの月の特徴を端的にお伝えさせていただくと、

  • 10月→最新の「技術」や「トレンド」を取り入れ、「強み」を更に練り直す時期
  • 11月→「これからの時代」に合わせて、必要のないものを「断捨離」する時期


となります。

分かりやすいところで「ハンコ廃止」を例に挙げると、それによって、各種「手続き」や「仕事のやり方」、「契約書」のフォーマットなども変わらざるを得ないわけですが、更に、来月、12月の話になるのですが、

12月22日(火)の「地」の星座の時代から「風」の星座の時代に切り替わる「グレートミューテーション


も加わって、

今後、どんどん世の中の「合理化」「システム化」が進む


ことが考えられます(玄空飛星風水上、「九紫火星」が支配する「9運」になる「2024年」以降は特にその傾向が顕著になる可能性が大)。


元々、毎年、10月・11月は、「豊かさ」や「実り」を意味する「」の季節にあたるわけですが、

」の気=これまでの「まとめ」の時期


でもあるため、今年の「」の季節は、

After コロナ」の「次の時代」に向けて進むために、「Before コロナ」の時代に完全に区切りをつける時期


とも言えるのではないかと思います。

「次の時代」を意識した上での「仕事」や「ビジネス」、「子供の教育」、「生活の在り方」など、日々、様々な情報が飛び交っておりますが、過去に『2020年開運セミナー』で今後10年(~2029年まで)のそれぞれの年の「テーマ」をお伝えさせていただきましたが、以下の流れを踏まえた上で、この10月・11月の「」の季節は、「今後、自分はどのように生きて行きたいのか」「自分に何が出来るか」を考える時期にしていただければと思います。

  • 2021年(辛丑×六白)→「アイデンティティ」と「切磋琢磨」
  • 2022年(壬寅×五黄)→「自由」と「責任」
  • 2023年(癸卯×四緑)→「調和」と「交渉力」
  • 2024年(甲辰×三碧)→「情報」と「テクノロジー」
  • 2025年(乙巳×二黒)→「温故知新」と「チャレンジ精神」
  • 2026年(丙午×一白)→「合理主義」と「生産性の低下」
  • 2027年(丁未×九紫)→「個性」と「強み」
  • 2028年(戊申×八白)→「格差の固定化」と「自由の制限」
  • 2029年(己酉×七赤)→「管理社会」と「人間らしさ」



全体的な流れはこのくらいにして、10月は「秋土用」の月です。

今年の「秋土用」は、10月20日(火)~11月6日(金)まで


になります。
以前、『季節と運気の変わり目の「土用」に気をつけよう!』という記事でお伝えさせていただいておりますが、

秋土用→夏の疲れが一気に出る、老け込む


に注意が必要なのですが、

年の九星が「七赤金星(2020年)」と「六白金星(2021年)」の「」の年は特にその傾向が顕著に出やすい


ので、

  • 肌荒れ
  • 紫外線による「髪の毛」や「頭皮」のダメージ
  • シミ・そばかす
  • 小じわ

といった各種諸症状が出たら、早めの「ケア」を心掛けていただければと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケシミンクリームEX(12g)【ケシミン】
価格:1465円(税込、送料別) (2020/10/18時点)



その他、「土用期間中」に避けるべきこととして、

  • 引越
  • 増改築
  • 建物の取り壊し・整地
  • 「ガーデニング」や「家庭菜園」、「草むしり」などの土いじり
  • 「ピアス穴」を開けること
  • 入籍
  • 新規での契約事(「契約更新」はOK)
  • 開店・開業

といったこともNGですので、「ガーデニング」や「家庭菜園」、「草むしり」などの庭仕事をされる際は、作業の際に「手袋」を装着して、直接素手で土に触れないようにご対処いただければと思います。

なお、土用期間中、上記のことをやらなければならなかったり、どうしても土に触れて作業をしなければならないときは、「土用」の影響を例外的に受けない「間日」の日に集中してやることをオススメします。

今年の「秋土用」の「間日」は、以下の「5日間」になります。

  • 10月→21日(水)、23日(金)、31日(
  • 11月→2日(月)、4日(水)



月が変わって、「11月(7日()以降)」になってからは、

物事に「区切り」をつける時期


に入るので、

「年末」に向けて、徐々に「大掃除」や「整理整頓」をしつつ、「新しい世の中の流れ」に沿った生活様式や仕事のやり方を定着させて行く


ことが開運のポイントとなります。

具体的な一例としては、以下のようなことが挙げられますが、その他にも「出来ること」は11月のうちにある程度やっておかれることをオススメします。

  • 「感染症対策」を踏まえた上で、家の「動線」や「家具」の配置を考える
  • 万が一、自分が「新型コロナウィルス」に感染したときのことを踏まえて、「2週間程度の入院」を想定した必要な荷物を用意しておき(例:「下着」や「パジャマ」など)、何かあったときの「連絡先」などのバックアップ体制も取っておく
  • 「テレワーク」可能な職種の方や「リモートでの授業」を受けている方で、「仕事」や「勉強」をするための環境や、「ネット環境」を整え、在宅でもより集中して仕事や勉強が出来る環境づくりを進める(必要に応じて「引越」や「増改築」を検討するのもオススメ)
  • 今から「After コロナ」の新しい時代に備えて、「英語」のみならず、「中国語」や「スペイン語」など、複数の「外国語」を習得すべく語学の勉強をする(既に複数の外国語を習得している場合は、更なるレベルアップや他の言語の習得を試みるのもオススメ)
  • 何かを学ぶにあたって、「動画」での授業や「リモート」での授業でも勉強出来るよう、「勉強」に対する感覚を変える(特に大人)
  • マイナンバーカード」を取得して、お手持ちの「電子マネー」や「クレジットカード」を「マイナポイント」に紐付けするだけでなく、将来的に「健康保険証」や「運転免許証」の機能がついたときに備える
  • お手持ちの「スマホ」に「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」や各種「災害情報アプリ」、家族を「LINE」のグループチャットで繋いでおくなど、何かあったときの対策をしっかり講じておく(現在、「ガラゲー」しか持っていない方であればあるほど、早めに「スマホ」に切り替えをして対策を講じておくこと)


また、年や月の九星が「八白土星」のときは、

季節感」を取り入れること


が開運に繋がる時期でもありますので、

ファッション」や「インテリア」、「」で季節感を取り入れる


のが手っ取り早いところだと思うのですが、

今年(庚子×七赤)が「」が大きく運気を左右するポイント


でもあるので、この時期が旬の「秋の味覚」を積極的に取り入れることをオススメします。



その他、11月の開運のためのポイントとして、

ガーデニング」や「家庭菜園」、「手芸」や「DIY」などを通じて「ハンドメイド」を楽しむ


のも運気アップになりますので、休日に気分転換に「秋冬」向けのフィルターを入れられる手作りマスクを作る…というのもオススメです。




また、11月は、星回り上、どうしても「」の気が強く、特に何もしないとマイナスな方向に行ってしまいやすい傾向が出やすい時期なので、

「心」も「体」も「住空間」も、「明るく」「温かく」快適に過ごす


ことが開運のポイントになります。

そのため、「インテリア」や「ファッション」に用いる「色」ということであれば、

  • 「カーマインレッド」や「チェリーレッド」などの「」系統の色
  • 「パステルピンク」や「パステルイエロー」などの「パステルカラー
  • 「オレンジ」や「ライムグリーン」などの「ビタミンカラー

など、「明るい」色の服やファッション小物を取り入れ、「食べ物」ということであれば、

  • 「鍋物」や「ホットドリンク」など温かい食べ物
  • 「根菜類」や「ショウガ」など、体の中から温めてくれる食べ物

も積極的にいただくと良いでしょう。


上記の基本的なポイントを押さえつつ、「」の季節をより実りあるものにしつつ、12月(子の月)からの「物事の始まり」の月に向けて、少しずつ準備をしていただけましたら幸いです。


今月の開運のポイント

今月の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
手帳などに書いて読み返すなどして、日々の生活にお役立て下さい。

日常生活編(10月)

  • 20日(火)以降の「秋土用」は、「窓」や「網戸」、「エアコン」、「空気清浄機」を掃除する(和室の場合は「障子」の張り替えをすると◎)
  • 25日()の「旧暦重陽」の日は、ティータイムに「紅茶」と「焼き菓子」を食べて、「健康運」や「結婚運」などの「」の気をアップさせる
  • 29日(木)の「十三夜」に、リビング(「窓辺」に置くと吉)に「すすき+団子+栗」を飾り、「栗ご飯」や「モンブラン」など、「栗」にちなんだ料理やスイーツをいただく
  • 31日()の「ブルームーン」の満月(23:49~)は、「引き寄せ」の力が非常に強まっているので、1日を通じて「ポジティブ」な言霊を使うように心掛け、かつ、「楽しい気分」で過ごせる予定を入れると吉(「月光浴」をしたり、「ムーンストーン」を身につけるのもオススメ)
  • 意識して「明るい色」の服を着るようにし、「オレンジ」や「ミントグリーン」などの「ビタミンカラー」を積極的に取り入れる(お仕事で「服装規定」があったり「制服」で仕事している場合は、「私服」で取り入れてもOK)
  • 「塗り絵」や「スクラッチアート」など、手軽に出来る「アート」を楽しむ
  • 「眼精疲労」や「脳疲労」があると運気がダウンしやすい時期なので、「目」や「頭」を休める時間を持つ(寝る前の「スマホ」はNG)
  • 「ファンデーション」や「化粧水」などの基礎化粧品を「秋冬物」に交換する(この冬はツヤ感が出る「クリームファンデ」がラッキー)
  • 「サウナ」や「半身浴」、「よもぎ蒸し」で体の中に溜まった厄をデトックスする(半身浴をする際は、「粗塩」or「バスソルト」を入れて入ると◎)
  • 金銭面において、お金を「浪費」したり、知らない間に「余分に料金がかかっていた」ということが起こりがちな月なので、「身の丈」に合った賢いお金の使い方をし、かつ、「料金プラン」が今の自分の状況に合っているかどうかチェックをし、必要に応じて見直しを
  • 「眼精疲労」や「脳疲労」があると運気がダウンしやすい時期なので、「目」や「頭」を休める時間を持つ(寝る前の「スマホ」はNG)

日常生活編(11月)

  • 2日(月)・14日()・26日(木)のいずれかの日に「酉の市」へ行き、「熊手」を購入し、「神棚」やタンスの上などの「目線より上の場所」に飾る(熊手は年々大きくして行くのがポイント)
  • 7日()の「立冬」から、「」の気が強まって行くので、「トイレ」や「排水溝」、キッチンの「シンク」などの水場を中心に「除菌」対策をしっかりやる(外出先でトイレを利用するときは、トイレ用の「除菌シート」を活用することをオススメします)
  • 16日(月)の「旧暦亥の子餅」の「21~23時まで」の「亥」の時間帯に「お餅」を食べて(「大福」などの餅を使ったお菓子でもOK)、「健康運」と「子宝運」をアップさせる(カップル・既婚者の方は、パートナーと一緒に食べると吉)
  • 16日(月)の「炉開き」の日に、「ガスコンロ」や「暖房器具」など「火回り」の安全チェックをする(一緒に火災の原因になりやすい「冷蔵庫の裏」や「コンセント」まわりのホコリを掃除しておくと◎)
  • 23日(月・祝)の「勤労感謝の日(大嘗祭)」は、「新米」をいただいて「金運」と「事業運」をしっかりアップさせる(「炊き込みご飯」にはせず「白米」でいただくこと)
  • 24日(火)の「十日夜」に、リビング(「窓辺」に置くと吉)に「すすき+餅」を飾り、「餅巾着」や「大福」など、「お餅」を使った料理やお菓子をいただく
  • 年末に向けて、「大掃除」や「整理整頓」、「断捨離」を少しずつスタートさせる(大掃除は「玄関」or「神棚」からスタートさせると吉)
  • 「新しい時代の変化」を取り入れた「生活様式」に変えると良い時期なので、「年末の大掃除」をやるのと並行して、「リモートワーク」や「リモート学習」、「テレビ電話」に対応したインテリアに模様替えしたり、「電子書籍」や「スマートスピーカー」、「スマート家電」を取り入れたり、「通信回線」を整えたりするなど、「生活のデジタル化」を推進させる(ただし、各種災害に備えて、ある程度「アナログ」な部分を残しておくこと)
  • 来年は各人の「稼ぐ力」「生きる力」が求められる年なので(こちらも参照)、普段から「読書」や「勉強」をする習慣をつけたり、「キャンプ」や「DIY」で「サバイバル能力」を磨くなど、今から来年に向けた準備を進めること
  • 金銭面においては、「賢いお金の使い方」が金運アップのためのポイントになる月なので、今現在の「生活実態」に合わせた効果的な「電子マネー」や「クレジットカード」効果的な使い方や、「マイナポイント(こちらも参照)」の利用法を学び、実践すると吉

ビジネス編(10月)

  • 「ハンコ廃止」など、ここ最近の世の中のトレンドを踏まえた上で、「稟議書」や「契約書」など、過去に署名・捺印をすることが前提だった書類のフォーマットを刷新したり、「書類の在り方」を考える等して、「ペーパーレス化」を進める
  • 「これからの時代」に合った仕事のやり方・働き方に刷新すべき時期なので、最新の「システム」や「技術」を取り入れ、社内業務において「不便さ」や「効率の悪さ」を感じるものも含めて、「業務そのもの」や「管理業務」を一気に効率化させると吉
  • 「オンライン名刺」や「Facebookページ」など、オンラインで自分の「企業名」や「連絡先(問い合わせ)」、「過去の実績」が分かるようなツールを作成し、「営業」や「転職活動」の際に活用すると吉
  • 「知識」や「情報」をアップデートすることが運気アップに繋がる月なので、「仕事」や「業界」に関する情報だけでなく、「社会全体の動向」に関する各種情報・統計もチェックすること
  • 人前に出る・出ないを問わず、「見た目」や「第一印象」で判断されやすい時期なので、「身だしなみ」や「立ち居振る舞い」に気を抜かないようにする
  • 「広告・宣伝」も兼ねて、「ホームページ」や「SNS」を活用している企業・お店は、より高いクオリティでの「写真」や「動画」でUPするようにし、かつ、媒体ごとに応じた効果的な「デザイン」や「活用法」を実践すると吉
  • 「人間関係の対立」や「パワハラ」が起こりやすい月なので、適切な「距離」を保ちつつ、相手の「地雷」を踏まないように、細心の注意を払って過ごすこと(既に人間関係のゴタゴタやパワハラの被害に遭っている場合は、より悪化しやすい傾向があるので、「身を守る」ことを最優先にしつつ、「証拠」や「音声データ」を取っておくなどして対処を)
  • ちょっとしたことから「不正」や「問題」が明るみになりやすい時期なので、少しでも「違和感」を感じたら、大難を小難に、小難を無難にするために、早めに問題がないかチェックをすること
  • 経営者の方は、「人件費」や「経費」の削減が課題になりそうな時期だが、今後の「After コロナ」の世の中を見据えた上での「配置転換」や「設備投資」を考えた上で意思決定をすると吉
  • 「転職」や「再就職」を考えている方は、所有している「資格」や「過去の経歴」を踏まえて「合う」「合わない」で判断するよりも、今後の社会情勢を踏まえた上で、「自分の良さ」が活かせる方向の仕事や業界にトライすると吉

ビジネス編(11月)

  • 前月からの「変化」を「定着」させる月なので、多少不慣れであっても「新しいやり方」に慣れ、その上でより効率良く進められるように創意工夫すると吉
  • 「物が多い」と社内の気の流れが滞りやすい時期なので、隙間時間を利用して、「書類」や「必要のないデータ」、取っておく必要がない「サンプル」や「カタログ」などは処分する(仕事で「営業車」を利用している方は、車の掃除&整理整頓をすると◎)
  • 「過去の経験」や「過去のケース」にとらわれ過ぎず、その時々の「状況」や相手の「ニーズ」に応じて「臨機応変」に対処するように心掛ける(マニュアル一辺倒の対応はNG)
  • ややもすると「景気」や「社会情勢」が不安定になりやすく、それによって振り回されたり、「イレギュラー」なことが多く発生しそうなので、何事においても、予め「余裕」を持って進めるようにする(「何をどこまで受け入れるか」のラインを予め定めておくのもオススメ)
  • 仕事に対する「モチベーション」が低くなり、仕事や職場に対する「愚痴」が増えそうな時期だが、ここで安易に「愚痴」を言うと(ネット上での発言も含む)、周囲に誤解され、会社から「やる気がない人」と看做されてしまいやすいので注意すること
  • 「各種手当の廃止」や「リストラ」など、雇用環境が悪化しやすい月なので、「複業(「複数」なのがポイント)」をしたり、「投資」をするなどして、収入口を増やすための本格的な努力をする(「経営者」や「フリーランス」の方も、「業務の多角化(水平展開)」を行いリスクを分散すると吉)
  • 年末・年始にかけて、各種感染症の感染拡大により「業務時間の短縮」などを余儀なくされる可能性が高い星回りなので、今のうちに出来る業務は前倒しでやっておき、12月以降は「最小限」で動ける体制を作っておく
  • 今後の世の中の流れとして、「大企業」間での生き残りをかけた競争が激化し、大企業間での「M&A」による「経営統合」により、一部の「大企業」がより大きくなり、それ以外は「スモールビジネス」としてやって行く流れになる可能性が高く、例えサラリーマンであっても、自分である程度仕事を完結させないといけない「個人事業主」な働き方が求められるようになるので、仕事に必要な「スキル」を磨くだけでなく、最低限の「会計」や「経営」の知識をインプットしておくこと
  • 経営者の方で、かつ、「リモートワーク」が可能な職種を経営されている方は、「リモートワーク」に適した労働環境を整えた上で、「オフィスの縮小」をして固定費を圧縮すると吉(今月・来月中にある程度の目途をつけておくこと)
  • 「転職」や「再就職」を考えている方は、「勤務時間帯」だったり、求めている「給与水準」を下げざるを得ないなど、多少の「妥協」が求められる時期になりそうなので、「どこまでなら妥協出来るのか」を予めピックアップした上で転職・再就職活動に臨むこと

今月のラッキーアイテム(10月)

  • チェスターコート
  • リブニット
  • 「キャンディスリーブ」のシャツ
  • ペンシルスカート
  • スキニーパンツ
  • ローファー
  • 腕時計・懐中時計
  • ヘアアクセサリー
  • ブックカバー・ブックマーク
  • アロマキャンドル

今月のラッキーアイテム(11月)

  • トレンチコート
  • アンサンブルニット
  • ウエストマークのワンピース
  • タイトスカート
  • サロペットパンツ
  • 編み上げブーツ
  • 「革製」のファッション小物・雑貨
  • 「フルーツ」の香りのハンドクリーム・ボディクリーム
  • マッサージグッズ(「肩回り」のコリや疲れは早めに対処を)
  • 「形見」や「お下がり」で貰った品(型が古いものは「リメイク」すると◎)

今月のラッキープレイス(10月)

  • 博物館・美術館
  • ヘアサロン(「ヘッドスパ」や「顔剃り」などのメニューも一緒に受けると◎)
  • 「ファッション小物」や「アクセサリー」を扱うお店
  • 大型書店・図書館
  • 「コーヒー」にこだわりのあるカフェ

今月のラッキープレイス(11月)

  • 「紅葉」の名所(こちらも参照)
  • 果物狩り(こちらも参照)
  • 歴史的な建造物(例:お城、神社仏閣など)
  • 渓谷
  • 温泉(「日帰り温泉」でもOK)

今月のラッキージュエリー(10月)

  • カーネリアン
  • オパール
  • マラカイト
  • ハーキマーダイヤモンド
  • ハイパーシーン

今月のラッキージュエリー(11月)

  • ガーネット
  • レッドジャスパー
  • ラベンダーアメジスト
  • スモーキークォーツ
  • アレキサンドライト

今月のラッキーフード(10月)

  • ボンゴレ・ビアンコ
  • トンカツ(「カツサンド」にするのもオススメ)
  • 「豆腐」のカニあんかけ(「カニカマ」で作ってもOK)
  • ミネストローネスープ
  • マスカット

今月のラッキーフード(11月)

  • 牛丼
  • ラザニア
  • 「イカ」と「里芋」の煮物
  • 「カリフラワー」のピクルス
  • アップルパイ(「アップルティー」でもOK)


12月(12月7日(月)~1月4日(月)まで)の開運アドバイス(ダイジェスト)

本来であれば、「今月の九星別開運アドバイス」をお伝えさせていただくところですが、私自身の体調が非常に不安定な状態のため、万が一、何があってもいいように、念のため、12月の開運アドバイスの「ダイジェスト版」をお伝えさせていただきます。


12月の干支は「戊子」、九星は「七赤金星」、二十八宿は「」になります。
10月・11月までの「」の季節から、12月から翌年の2月まで「」の季節に入ります。


話が少し飛びますが、「宿曜占星術」では、

凌犯期間(七曜陵逼)


と言って、全ての人にとって「運気の裏返り」が起こる時期があり(不定期)、この「凌犯期間(七曜陵逼)」の時期は、「理性」や「判断力」が狂いやすく、普段だったらやらないようなことをやってしまい、後々、大きなダメージになりやすいだけでなく、不特定多数の人を巻き込むような事件・事故、テロ、災害に注意が必要な時期でもあります。

この「凌犯期間(七曜陵逼)」が、

12月8日(火)~翌年1月3日()まで


発生するのですが、この時期はちょうど「年末年始」の時期と重なることもあり、「人の移動」が多い時期でもあります。

昨年末に行った『2020年開運セミナー』では、ご参加者の方にお伝えさせていただいたのですが、

2020年(庚子×七赤)は、良くも悪くも「人の集まるところ」に「チャンス」があるのと同時に「ピンチ」もある年


なのですが、12月の星回り(戊子×七赤)も、月の「十二支(子)」と「九星(七赤)」が、年の「十二支(子)」と「九星(七赤)」と全く同じであるため、

今年の3月(己卯×七赤)の「同会月」以上に、今年の星回りの「良いところ」と「悪いところ」がいつもよりハッキリ出る1カ月


になります。


今年の開運アドバイスについては、こちらのページに掲載させていただいておりますが、

そもそも2020年(庚子×七赤)は「ピンチはチャンス」を地で行く年


なので、3月以上にその傾向が非常に強く出ますから、

先見の明」を持つことと、「臨機応変」に対応する力


が問われます。

ただ、非常に残念なのは、「ピンチ」を「チャンス」に変えられるだけの人や企業は少なく、多くの人や企業は「窮地」に立たされてしまう可能性が高いでしょう。


そもそも、12月の「干支」の組み合わせは「戊子(土剋水)」。

それぞれの「十干」と「十二支」には、

  • 戊(「」の気の「」)→成長・繁栄のピーク、体制崩壊、世代交代、自信過剰によるミス
  • 子(「」の気の「」)→物事の裏、前兆、物事の増加、水面下


といった意味があるわけですが、「十干」と「十二支」の五行が「相剋」の組み合わせで、かつ、「」同士の場合、ある日突然、突発的な事件やトラブルが起こりやすく、かつ、被害や規模が大きくなりやすいという傾向があるだけでなく、

単純に「トラブル」だけでなく、今まで「裏に隠されていたもの」が何かのきっかけで表面化し、「組織」や「体制」などが崩壊してしまいやすい


という傾向もあるので、おそらく、12月になってからだと、思うように動けなくなってしまう可能性が高いので、星回り的にまだ余裕がある10月・11月の間に、「これからの世の中の流れ」もそうですが、「これから予想されること」に対して、ある程度準備を進めておくようにして下さい。

以下、12月中に実践していただきたい開運行動(日常生活編&ビジネス編)を、「5つ」ずつお伝えさせていただきます。


日常生活編(ダイジェスト)

  • 「同会月(通称:旅行月)」ということもあり、本来であれば「吉方位旅行(こちらも参照)」に適した時期だが、星回り的に「リスクが高い時期」と重なるので、いくら「吉方位旅行」と雖も、決して無理はしないこと
  • 「水回り」に汚れや雑菌があると、特に金運が悪化しやすい月なので、普段から水回りの掃除&除菌をこまめに行うこと(「お金についた雑菌」にも気を付けたい時期なので、「お財布」の中や「小銭」を「除菌ティッシュ」で除菌するのもオススメ)
  • 「睡眠」の「質」と「量」をアップさせ、寝ている間の運気の循環を良くする
  • クリスマスは、家族との「ホームパーティー」や友人を交えた「リモートパーティー」で、明るく楽しく過ごすと吉(自宅での「クリスマスツリー」や「リース」などの飾りつけも充実させると◎)
  • 2021年のお正月は「伝統的な過ごし方」がラッキーなので、「お正月飾り」や「おせち」などは、伝統的なスタイルのものが吉

ビジネス編(ダイジェスト)

  • 「リモートワーク」に切り替えられる仕事はどんどん切り替え、どうしても「リモートワーク」に切り替えられない仕事の場合は、「最少人数」で効率良く回すための方法を考え、早めに従業員や顧客にアナウンスするなどして、最小人数でも回るための各種対策をしておく
  • 12月中の「出張」の予定はなるべく控えるようにし、「リモート」中心に切り換えた方が吉
  • 可能であれば、12月は早めに仕事を切り上げ、「年末年始休み」を長めに取ると吉
  • 「資金繰りの悪化」による倒産が増えやすい月なので、早めに勤務している会社や取引先企業の「財務状況」や「売掛金」の残高などをチェックしておき、最悪の状態を回避するように心掛ける
  • 「転職」や「再就職」を考えている方は、転職・再就職市場が動かず、かなりの苦戦を強いられそうなので、転職・再就職活動の傍ら「複業」をするなどして、「完全な無職状態」は極力回避した方が吉