3月(3月6日(火)~4月4日(水)まで)の開運テーマ

今月の干支は「乙卯」、九星は「四緑木星」、二十八宿は「」になります。
先月までの「」の季節が終わり、今月から「成長」「発展」の「」の季節に入ます。

そんな今月の開運ポイントは、

トレンド」や「ブーム」、「プロのアドバイス」など、新しいものを取り入れること


になります。
今年(戊戌×九紫)の特徴として、

自己流」に走る人が増えやすい年


なのですが、それが「結果」に結びついているうちは良いのですが、一旦、歯車が狂い始めると、あたかもタガが外れたかのように、状況がどんどん悪化していく一方になってしまいやすいため、

「最新」の技術やトレンド、「より高いスキルや実力」を持つ人の教えを乞うことにより、“今”の自分の状態をチェック&必要に応じて矯正する


ことで、

自分に足りないもの」や「今後の課題」を発見し、今後、自分が進むべき「方向性」を明確にする


ことで、今後のご自身の「方向性」を今一度チェックしていただけたらと思います。
今月、そうやって「チェック」したことを、来月(丙辰×三碧)に「行動」に移し、今月決めた「方向性」に向けてひた走っていただけたらと思います。

中でも、特に今年(戊戌)・来年(己亥)が「天中殺」である、「戌亥天中殺」の方の場合、

天中殺」の影響により、ややもすると判断力が鈍っているところがあるので、「第三者」の目から見た冷静なアドバイスは非常に貴重


ですから、「戌亥天中殺」の方ほど、「自分の頭」だけで判断しようとせず、このような「チェック」をきちんとやっておくことをオススメします。


また、今月は「お彼岸」の月でもあります。

今年の「春のお彼岸」は18日()~24日()まで


となっております。
お彼岸の期間中は、なるべく「お墓参り(出来れば父方・母方の両方)」をして、現状報告と日頃の感謝を申し上げましょう。

「遠方に住んでいる」等の理由で、「春のお彼岸」の時期にお墓参りに行けない場合は、

  • お彼岸の「前」もしくは「後」にお墓参りに行けそうな場合、何とかスケジュールを調整して行くようにする
  • ご自宅に「仏壇」や「故人を偲ぶスペース」があれば、「仏花」+「お供え物」を飾る(お供え物の個数は「奇数」お供えすること)
  • 「墓守り」の家(実家等)に、「お供物(お菓子や果物)」を送る(送る前に、先方への電話やメールでの連絡もお忘れなく!)

といった方法で対処していただいてもOKです。
以前、『「徳積み」は運気の貯金』という開運コラムでお伝えさせていただいたように、

徳=「いざ」というときにあなたを助けてくれる運気の「貯金


ですから、

お正月」「お彼岸(春・秋)」「お盆」には「お墓参り」をする習慣をつける


ようにしていただけたらと思います。
(遠方にお住いの場合は、せめて「お正月」と「お盆」だけでもお墓参りをすることをオススメします)


お彼岸の「中日」である「春分」の日は、物事の「成長」と「発展」に欠かせない「」の気が最大限に高まる日でもあります。

  • 「日の出の朝日」と「夕日」の両方を見る
  • 「午前中」に、時計を「時報通り」に合わせる
  • 「玄関」や「リビング」に、この時期が最盛期の「生花」を飾る


といった開運行動を実践していただいて、「」の気を刺激して、「仕事運」や「人間関係運」、「出会い運」など、この時期に必要な運気をアップさせることをオススメします。

この時期に咲く花で、かつ、今年(戊戌×九紫)オススメの生花は、

  • チューリップ
  • フリージア
  • 水仙
  • ヒヤシンス
  • スイートピー
  • マーガレット
  • ラナンキュラス
  • 菜の花

がオススメです。
1輪でもいいので、「玄関」や「リビング」など、「よく目につく場所」に飾ると良いでしょう(花瓶の水は毎日取り換えましょう)。


以上のポイントを踏まえた上で、「2018年」を発展性のある年に出来るよう、その「方向性」を定める月にしていただけましたら幸いです。

今月の開運のポイント

今月の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
手帳などに書いて読み返すなどして、日々の生活にお役立て下さい。

日常生活編

  • 「お花見」を楽しむ(詳しくは「今月のワンポイント風水アドバイス」を参照)
  • 「カーテン」や「ベッドカバー」などの、「ファブリック類」を春らしいものに交換して、お部屋の模様替えをする(「洗濯」や「クリーニング」に出してもOK)
  • 「窓」や「網戸」、エアコンの「フィルター」をきれいにする
  • 「換気」と「アロマ」を活用して、部屋の空気を浄化をする(こちらも参照)
  • 休日にオシャレをして「気ままに外出」する(会社帰りにフラッと外出するのもオススメ)
  • 「髪の毛のもつれ」があると、男女間や人間関係面でトラブルになりやすい月なので、定期的に「ブラッシング」をして、髪のもつれをとかす(こちらも参照)
  • 「タブレット」や「スマホ」のケースを新調する(ケースは「1年に1回」を目安に新調すると◎)
  • 便利そうな「最新の商品」や「サービス」を実際に試してみる(例:無人コンビニなど)
  • 「生花」や「観葉植物」を飾ったり、「ガーデニング」を楽しむなどして、植物の持つ「」の気を吸収する(悪縁を寄せ付けないため、花瓶の水は毎日交換すること)
  • 首や肩の「コリ」や「便秘」を解消し、体の中から気の流れを整える(起床後と入浴後に「ストレッチ」をするのもオススメ)

ビジネス編

  • この春から「社会人」の人は、今年は「見た目」が重要な年なので、幸先の良いスタートを切れるよう、社会人に相応しい「メイク」や「ファッション」、「ヘアスタイル」にバージョンアップする
  • 「異動」や「転職」により環境が変わる場合は、「仕事の引継ぎ」において漏れがないよう、メモ等をきちんと残しておく(これまでお世話になった人や取引先の人に対する挨拶も忘れずに)
  • 「人への伝え方」や「見せ方」を改善するとラッキーな月なので、「年度変わり」に備えて、書類やメールの「原本」や「テンプレート」を手直しして、より見やすく・分かりやすいものに改良する
  • 「書類」やPCやタブレット、スマホの中に入っている「データ」や「連絡先」の整理整頓をする
  • 「流れるようにスムーズに仕事をする」ことが仕事運アップに繋がる月なので、よりスムーズに仕事が出来るよう、「事前の段取り」や「仕事の進め方」、「休息」のタイミング、オフィスの中の「動線」などを工夫・改善する
  • 「営業」や「販売職」の仕事をしている場合は、取引先や顧客の「現在の状況」や「ニーズ」、「趣味嗜好」をきちんと把握し、取引先(顧客)データのアップデートをしておく
  • 「歓送迎会」には積極的に参加し、お世話になった人・新しく入って来る人にきちんと挨拶をする
  • PCや電話、FAX等の通信機器は、1日1~2回、表面上の「ホコリ」を払う習慣をつける(同様に、タブレットやスマホの画面も1日1~2回、メガネ拭きなどで拭いてきれいにすると◎)
  • 良くも悪くも「口コミ」や「噂」が発生しやすい月なので、いつも以上に「発言(文字による「配信」も含む)」や「仕事のやり方」に気を付ける
  • お昼休憩を取る際は、天気の良い日はなるべく「外」へ出て、外の空気を吸うようにする(屋外でランチをするのもオススメ)

今月のラッキーアイテム

  • リボンブラウス(男性の場合は「ストライプのシャツ」がオススメ)
  • レースプルオーバー(男性の場合は「パーカー」がオススメ)
  • 「ボタニカル柄」のフレアスカート
  • ヒールが高めのパンプス(脚がきれいに見える「7cm」ヒールがオススメ)
  • ストール
  • ブレスレットタイプの腕時計
  • 「花」のモチーフのアクセサリー・雑貨類
  • 「ラインストーン」を使った雑貨(例:ラインストーンのボールペンや名刺入れなど)
  • ハンドクリーム(1日3回(朝・昼・就寝前)にハンドクリームをつけて掌全体をマッサージすると◎)
  • アロマディフューザー(「アロマスプレー」でも可)

今月のラッキープレイス

  • ショッピングモール
  • 花屋
  • ヘアサロン
  • 駅・空港
  • 海が見えるカフェ・レストラン

今月のラッキージュエリー

  • エメラルド
  • ストロベリークォーツ
  • ペリドット
  • ブルーレースアゲート
  • ピンクトルマリン

今月のラッキーフード

  • ジェノベーゼのパスタ
  • 鱒のムニエルのきのこソース
  • アスパラのベーコン巻き
  • トマトとセロリとタコのマリネ
  • いちごヨーグルト

今月のワンポイント風水アドバイス

地域にもよりますが、早いところだと今月半ばにも「」が開花し、「お花見」のシーズンに入ります(こちらも参照)。

お花見は、「水毒」を解消し、「恋愛運」や「人間関係運」、「金運」をアップさせてくれる重要な開運行動


ですから、お住まいの地域で桜が咲いている時期に、「1回」でもいいので、「お花見」に足を運んでいただければと思います。


昨年書いた記事になるのですが、「お花見」の基本的な開運のポイントについては、以前、ブログの方でお伝えさせていただいた通りなのですが(こちらも参照)、

今年のお花見は、「日中」で、かつ、「桜の名所」と呼ばれているところがラッキー


なので、今年、お花見で開運するためのポイントを「5つ」、お伝えさせていただきます。


①今年のお花見は、晴れた日の「日中」がラッキー

今年のお花見は、晴れた日の日中の時間帯がオススメです。
特にラッキーなのが、

11~13時の「」の時間帯


なのですが、ちょうど「お昼時」の時間帯でもあるので、

「屋台」の食べ物や、「お弁当」を持参しての「お花見ランチ」がオススメ


です。
デザートには、「桜」をイメージした「焼き菓子」がオススメです。


②「桜」モチーフの「アクセサリー」をつける

今年(戊戌×九紫)の開運のためのキーワードの一つが、

オシャレ


なのですが、

「派手」ではなく、「さり気ない」大人のオシャレ


が幸運を呼びます。

「お花見」に足を運ばれる際に、「桜」のモチーフの「アクセサリー」や「ヘアアクセサリー」をつけたり、「小物」を身につけて、更に運気をアップさせましょう。
なお、「パワーストーン」を用いたピアスをつける際の基本的なポイントとして、

  • スタッドタイプ→「パワーストーン」の持つ運気をよりダイレクトに吸収したいとき
  • スウィングタイプ→「出会い運」が欲しいとき


を選ぶことをオススメします。


③お花見に行くなら、一度は「名所」と呼ばれる場所に足を運ぶとラッキー

お花見は、何度行っていただいても構わないのですが、今年、「運気アップ」のためにも、一度は足を運びたいのが、

「お花見の名所」と名高い、「お城」や「神社仏閣」、「庭園」と言った、「歴史」を感じられる重厚感がある場所


へのお花見がオススメです。
以下、「桜の名所」と名高い場所の360°動画を貼り付けておきますが、「お住まいのお近く」にそうした場所がありましたら、是非、足を運んでみて下さいね。





④「お酒」を飲むなら、「シャンパン」がオススメ

今年、お花見の席でお酒を飲むならば、

シャンパン」や「スパークリングワイン」など、発泡性のお酒


がオススメです。
今年は「高級感」が開運のポイントなので、いつも飲んでいる「シャンパン」や「スパークリングワイン」より、「少し高め」のものを選ぶことがポイントです。


「未成年」の方や、「アルコールが苦手」という方は、

炭酸のソフトドリンク


でも構いません。
桜フレーバー」のものがあればベストですが、もし見当たらない場合は、

「レモンスカッシュ」など、柑橘系の炭酸ドリンク


がオススメです。


⑤お花見をするときは、なるべく「両手」はあけておく

お花見でより気を吸収し、運気をアップさせるために、

鞄は「ショルダーバッグ」や「リュック」にして、なるべく「両手」をあけた状態でお花見をする


ようにすると良いでしょう。
どちらかの手が荷物で塞がっている場合、どうしてもその分、気の吸収率が落ちるので、なるべくお花見をしている最中は、極力、手に荷物を持たないように対処していただければと思います。

ビニールシートを敷いて、桜の木の下でゆっくりお花見が出来そうな場合は、

最低でも「30分」はその場に滞在して、桜の花を愛でながら、ゆっくりと気を吸収する


と良いでしょう(くれぐれも「紫外線対策」をお忘れなく)。