1月(1月5日(木)~2月3日(金)まで)の開運テーマ

あけましておめでとうございます。
2017年が皆様にとって、幸運のチャンスが舞い込む良い1年でありますよう、願っております。


今月の干支は「辛丑」、九星は「九紫火星」、二十八宿は「」になります。
そんな今月の開運のためのキーワードは、

小さくてもいいから、毎日「継続」出来る努力を着実に積み上げて行くこと


になります。
2017年の開運のためのポイントは、『2017年の開運アドバイス』でお伝えさせていただいた通りなのですが、2017年の特徴として、

その場の雰囲気や感情の流れで、大風呂敷を広げたり、ノリで突っ走る人が増える


という特徴があります。

基本的に「下心」や「欲望」を持つ人が増える年ですから、そうした人々の欲望を上手く刺激したような、派手な宣伝や、将来の社会への不安を煽るなどの心理戦で購買意欲を掻き立てたりするものが増えそうなのですが、そうしたものは高確率で「裏」がある年ですから、そうしたものに釣られてしまった結果、人からの「信頼」を失ってしまったり、「お金」を失ってしまったりする人が増えやすいでしょう。
それがまだ「取り返し」が可能なものなら良いのですが、そう簡単に取り戻せないものを失ってから、「あの時、ああしておけば良かった」と後悔しても後の祭りですから、

気が大きくなる人が増える時期だからこそ、地味に着実に実力や実績をつけ、周囲の信頼を得て行く「王道路線


が、周囲の人達のとの「差別化」となり、後々、いろんな意味でご自身の「枠」を大きく広げ、発展させて行くことに繋がって行くための大きな「分岐点」になって行くのではないかと思います。


また、今月のもう1つの開運のためのポイントとして、

情報の「選択と集中


が大きなキーワードになります。

今後、より「情報過多」な時代に突入し、情報が溢れ過ぎてかえって混乱してしまい、「何が正しいのか」「何が自分に合っているのか」といった、判断基準において迷いが発生しやすくなり、その結果、情報に踊らされるだけ踊らされてしまい、自分なりにいろいろ頑張ってはみたものの、徒労に終わってしまった…というケースが増えることが想定されます。

スマホの時代になり、何か気になることがあるとすぐネットで検索…というのが当たり前の世の中になりましたが、

2017年は1年を通じて、「情報の質」や自分自身の「メディアリテラシー」で差が開いてしまう年


であり、

だからこそ「人と繋がること」が必要であり、また、「どんな人と繋がるのか」はその人の運だけでなく、今後の人生を大きく左右しかねない重要な要素


になるということです。
以前から、繰り返しお伝えさせていただいていることですが、

「1人の力」で何とか出来たのは「2016年まで」で、ここから先は「1人の力」だけでは伸びしろに限界があります


ですから、「独りよがり」な努力や、「人と関わるのが面倒臭いから」とか「一人の方が楽だから」と、人と関わることを避けているようでは、以前よりも増して、「それなりに頑張っているつもり」が余計に追い詰められることになりかねないので、「一人で居ることが好きな人」も今月からは、

1人でもいいから、まずは「知り合い」を作る努力をする


ようにしていただくと、「今月」のみならず、今後の人生を切り開いて行くための、小さくても大きな第一歩になるのではないかと思います。


以上の点をポイントを踏まえた上で、2017年をより幸運な1年にするために、新たなスタートを切っていただければと思います。

今月の開運のポイント

今月の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
手帳などに書いて読み返すなどして、日々の生活にお役立て下さい。

日常生活編

  • 7日(土)の「七草」の日の朝食に「七草粥」を食べて、体内から運気を浄化する(七草粥は「午前中」のうちにいただくと◎)
  • 営業成績や事業運をアップしたい方は、10日(火)の「十日戎」へ行き、「福笹」や「熊手」など縁起物をいただいてくる(神棚or目線より高いところに飾ること)
  • 15日(日)の「小正月」では、「小豆粥」もしくは「お汁粉」をいただいて厄払いをする(玄関orリビングに餅花を飾ると◎)
  • この年末年始、大掃除を終えていない方は、2月3日(金)の節分までの間に大掃除を済ませておくこと(特にトイレやお風呂、排水溝などの「水場」は徹底的に掃除すること)
  • 「節分」の日は、日没後に「豆まき」を行い家中の浄化を行う(豆まき用の豆は、予め神棚or仏壇にお供えしたものorご祈祷済みのものを使うと◎)
  • 今の年齢と自分の容姿に応じた、男性は「男性としての魅力」、女性は「女性としての魅力」を磨く努力をする(2017年は「内面の美しさ」が外見にも出る年なので、外見だけでなく内面の魅力も同時進行で磨くこと)
  • 2017年は「信頼出来る人」と一緒に運を膨らませる年なので(「独りよがり」になると運気が空回りしやすいので注意)、周囲の人間関係において「心から信頼出来る人」を中心にして、そうでない人とは距離を置いて、自分の交友関係を見直す
  • 2017年は「ダラダラ続けている悪習慣」が足を引っ張る年なので、今月中にそうした癖はないかどうかチェックをし、改善する努力をする
  • 「情報断捨離」を行い、情報の「質」をアップさせる(書籍やセミナーなど、より質の高い情報源で情報を仕入れること)
  • 冬の時期によくありがちな「黒」や「グレー」などの暗い色のコーディネートをしていると運気がダウンする月なので、赤やオレンジ、ライムグリーンなど、明るい色のファッションアイテムを取り入れる

ビジネス編

  • 「2017年の目標」を立て、この1年で目標達成が出来るよう、大まかでいいので1年間のスケジュールを立てる
  • 自分に与えられた職務をきちんと全うし、「自分の立場」に相応しい言動を心掛ける
  • 「分かりやすさ」が今月のポイントなので、プレゼンや資料の作成、営業トーク、説明のやり方において「分かりやすさ」を心掛ける
  • 人に好感度を持ってもらえるような挨拶や言動、見た目のブラッシュアップをする
  • 広告、及び、会社のホームページやSNSなどのWEB媒体のやり方を見直す
  • 「情報の一元化」を行い、誰が何をやっているのか、自分は今週何をやるべきなのかを一目で分かるようにする
  • 会社や部署、そのお店にとってマイナスになっている「しがらみ」を断つ
  • 会社の業績や自分自身の仕事の得手不得手、周囲からの評価を「分析」し、事業計画や練り直したり、損益に合わない仕事は撤退したり、今の自分がワンランク上に行くための方法を考え、実行に移す
  • 会社や上司、同僚の悪口を言わず、否定するのではなく、「会社(周囲)のために、今、自分が出来ること」を考え、実践する
  • うまく行っている会社のやり方や、自分が「こうなりたい」という人のやり方を研究し、自分自身の仕事にフィードバックする

今月のラッキーアイテム

  • 上品で華やかなマーメイドラインのワンピース
  • ロングコート
  • スキニーパンツ
  • ポイントにファーがついたがファッションアイテム(例:靴、バッグなど)
  • 馬蹄モチーフのアクセサリー
  • メガネ(今月はPCでの作業やスマホをいじる際にPC用メガネなどで目を労わると◎)
  • バスソルト(「塩洗顔」など塩を使った美容法もオススメ)
  • 頭皮の疲れや目の疲れをケアするグッズ(例:パドルブラシめぐりズムなど)
  • スパイシーな香りのアロマorアロマキャンドル(例:グローブ、シナモン、ブラックペッパーなど)
  • 世界地図(路線図でもOK)

今月のラッキープレイス

  • 神社・教会
  • デパート
  • ブックカフェ
  • オシャレな雑貨屋
  • アパレルショップ

今月のラッキージュエリー

  • ダイヤモンド
  • ガーネット
  • アパタイト
  • レッドタイガーアイ
  • オレンジアベンチュリン

今月のラッキーフード

  • エビのトマトクリームパスタ
  • 豆腐のカニあんかけ
  • ししとうと牛肉の甘辛煮
  • 春菊のサラダ
  • みかん(「水」の季節にみかんを食べると金運アップに)

今月のワンポイント風水アドバイス

2016年12月21日(水)の冬至の日に易(周易)で占断した、2017年の運勢の結果の一部を掲載させていただきます。
以下、多くの方に共通する項目であるであろう、

2017年の全体的な動向について
日本経済について
世界経済について
地方経済について
2017年の日本の社会情勢について


の「5つ」の項目について、掲載をさせていただきます。
2017年の指針を立てる上でのご参考にしていただけますと幸いです。


①2017年の全体的な動向について→沢風大過の二爻(九二)

2017年の全体的な傾向について占ったところ、「沢風大過」の「二爻(九二)」を得ました。
「沢風大過」とは、「大過」という言葉からも何となくイメージがつくかも知れませんが、「物事が限界を超えて行き過ぎている状態」を意味するのですが、変爻が「二爻(九二)」で出た場合、大きな事件や事故、自然災害、スキャンダルなどトラブルなどのニュースに交えて、喜ばしいニュースも多い、

喜怒哀楽が激しい落ち着かない年


になるでしょう。
「もうダメだ!」と思ったところで案外何とかなったり、逆に、「大丈夫だろう」と思っていたことがダメになってしまったり…と、全体的にアップダウンが激しい年なので、気分的には落ち着かない年になるでしょう。

また、「沢風大過」の「二爻(九二)」は、

限界を超えたところに新たな可能性がある


ことを指摘する卦でもあるので、これまで「現代の○○ではここが限界」と思われていたことに、新たな発見や発明により、思わぬ光が差し込む…といったこともあるかも知れません。
そして、その発見や発明、「限界」の二文字を突破するのは、「若い世代の人」である可能性があります。
中でも、芸能や芸術の世界においては、

若くて才能溢れるカリスマ性のある、時代をリードする存在の出現


もあるかも知れません。

そういう存在の人達を「支えて」「育てる」方向に行くのか、それとも、「疎ましく」思い「排除」する方向で行くのかで二分される年になりそうですが、どちらの選択肢を取るかでその後の世の中の流れがガラリと変わりそうな、まさに「分岐点」な1年になりそうです。


②日本経済について→水雷屯の初爻(初九)

日本経済について占ったところ、「水雷屯」の「初爻(初九)」を得ました。
「水雷屯」とは、一言で言うと「伸び悩み」を意味するのですが、その他の意味として「タイミングの悪さ」を指摘する卦でもあります。
変爻が「初爻(初九)」で出ているので、

混沌としていて、出口が見えないときだが、じっと耐え忍ぶことで道が開ける年


になるのではないかと思います。
各種経済政策の効果は、後半になって、遅れからジワジワと効果が現れてくることが予想されますが、それまでは、いろいろ策を練っても「なしのつぶて」のように感じられ、イライラが募る時期かも知れません。
国会でもマスコミでも、「アベノミクスの効果」について、なかなか実感出来ない効果に、昨年以上に糾弾されることも増えるかも知れません。

あれこれ策を練るものの、今年の前半、もっと言えば、9月いっぱいあたりまでは、当初の目論見が外れたり、相手方に逆手に取られたりして、思ったような政策が展開出来ず、四苦八苦するかも知れません。
9月は経済ショックに注意が必要な時期なので、それを見越した上で予め対策を講じているかどうか、また、実際に事が起きてから迅速に対応出来るかどうかが、10月以降の日本経済の「のる」か「そる」かの分かれ目になりそうです。

その経済ショックについてですが、一見すると「それがどうしたの?」といった感じで、当初は小さい報じられ方をされそうなのですが、実際にふたを開けてみると根が深そうな感じなので、先程申し上げたように、「たぶん大丈夫だろう」と高を括っていると、後々大きな損失を抱えることになりかねないので、

慎重な政策


が求められる1年になるのではないかと思います。


③世界経済について→風地観の五爻(九五)

世界経済について占ったところ、「風地観」の「五爻(九五)」を得ました。
1月20日(金)に、いよいよアメリカで「トランプ大統領」が誕生することにより、皆様も「トランプ大統領誕生後の世界経済」についてご興味がお有りなのではないかと思います。

そもそも、「風地観」という卦は、「広い視野を持ち、物事を深く洞察すること(ただし「動き」はない)」の必要性を説いている卦なのですが、変爻が「五爻(九五)」ですので、

表面上は「現状維持」だが、先進主要国の世界経済に対する「役割」が大きく問われる1年


になるでしょう。
下手に他国に介入したり、権限を振り回したりするのではなく、自国の状態や自国に与えられた権限の中で、世界の平和と安定にどう貢献して行くのかが重要になるでしょう。

また、「風地観」の「五爻(九五)」が出たときは、

表面上はそこそこよく見えても、内側に「火種となる問題」を抱えている


ことが多く、その「火種となる問題」は今に始まった話ではなく、過去からのずっと続いている問題であるため、根気強く解消して行かなければならないもののようです。
どうやらその問題は、これまで「見て見ぬ振り」をしてきたと言うか、根本的な解決策が取られていないため、同じようなことを繰り返してしまっている問題のようなので、

問題が深刻化しないうちに、各国が協力してどこまで抑えられるのかが勝負


なところがあるようです。
元々、2017年は「紛争」や「テロ」に注意が必要な年でもあるので、争いごとに発展する前に、いかに話し合いで両者の落としどころをつけられるかどうかが重要な1年になりそうです。


④地方経済について→震為雷の四爻(九四)

地方経済について占ったところ、「震為雷」の「四爻(九四)」を得ました。
「震為雷」とは、一言で言うと「動きが激しく騒々しい」「あれこれ騒々しい割には実入りが少ない」ことを意味する卦なのですが、変爻が「四爻(九四)」で出ているので、

より困難な状況に陥り、気力・体力が衰え、中途半端な状態のまま低迷しそうな1年


になりそうです。
2017年の地方経済は厳しそうな1年ですが、その原因にあるのは、

「マーケティング」の下手さと、インターネット経済&グローバル経済における「戦い方」をあまりにも知らな過ぎる


ことにありそうです。
そこに気付いてあれこれ手を出したところで、

焦ってあれこれ手を出すものの、動けば動くほど深みにハマって抜け出せなくなったり、いいように利用されて終わる


ため、2017年は「地方企業の倒産」が昨年以上に増えるのではないかと思います。

不正に手を染めたり、騙される企業


も多いでしょう。

このように、2017年の地方経済は、ハッキリ申し上げさせていただくと「泥沼」な状態になることが予想されるのですが、2017年、このような状況から身を守るためには、

今年度中は不採算部門や経費をカットした上で「現状維持」を心掛けつつ、今後の世の中の動きを踏まえた上で、「次の一手」に向けて策を練ること


ここでポイントになるのは、間違っても「無暗に動くことはNG」だということと、「現状維持+作戦を練ること」です。
2017年はくれぐれも「冷静さ」を大事にして下さい。


⑤2017年の日本の社会情勢について→沢雷随の四爻(九四)

2017年の日本の社会情勢について占ったところ、「沢雷随」の「四爻(九四)」を得ました。
「沢雷随」という卦は、「従う」ことを意味する卦なのですが、変爻が「四爻(九四)」で出た場合、

安易な気持ちから、不正に手を染めたり、モラルに反した行為が横行する1年


になるでしょう。
2017年は一言で言うと、

「他力本願」な人が増える


ので、「楽して稼ごう!」とか「欲望を否定せず、ありのままの自分でOK!」とか、そういった人の心に棲む「下心」をうまく利用した各種不正やモラルに反した行動が増えるのではないかと思います。

そういう「他力本願」で「今すぐ何とかしたい!」ような人が増えるので、

「手っ取り早く~出来る」ような商品やサービスが流行


する可能性は大いにある年なのではないかと思います。
また、それと同時に、

以前から面倒臭いと思われがちだった物事に対して「あったらいいな」的な商品がヒットする可能性がある


ので、「手っ取り早く」「楽して」何かが出来るような商品やサービスは、2017年は大いに受けるでしょう。

人々が短絡的、かつ、享楽的になりやすい傾向を受けて、

「熱愛」や「電撃結婚」など、おめでたい話題が増える


のも2017年の特徴です。
どちらかと言うと、「長年付き合ってきた」というよりは、知り合ってそんなに経っているわけではないんだけれども、「趣味が一緒」「感覚が合う」「一緒に居て楽しい」という理由から、一気に交際or結婚というパターンが増えるのではないかと思います。
しかも、2017年の面白いところは、

「ええっ?この人がこの人と??」という、周囲がビックリする組み合わせのカップルが誕生する可能性がある


ということです。
ただ、ここで1点、注意していただきたいのは、

2017年は人々が「熱しやすく冷めやすい」ので、一時的には盛り上がるけれども、長くは続きにくい


ということです。
ですから、「熱愛」や「結婚」の話題も多いけれども、「離婚」の話題も多い1年になるでしょう。
また、昨年同様、「不倫」が多い1年であることが予想されますが、昨年の「不倫」との大きな違いは、

「だって仕方なかったんだもん!」と開き直るタイプの不倫が増える


ということです。
そういう意味では、昨年より明らかに質が悪いでしょう。

その他の注意点としては、

薬物依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症、買い物依存症などの問題


も2017年は増える傾向にありそうなので、ご注意いただけたらと思います。