12月(12月7日(水)~1月4日(水)まで)の開運テーマ

今月の干支は「庚子」、九星は「一白水星」、二十八宿は「」になります。
先月までの「」の季節が終わり、今月から2月までの3カ月間、「」の季節に入ります。


12月は「子」の月。
十二支が「子」からスタートするように、今月は「物事のスタート」の月です。

12~2月の「」の季節は、10・11月の「」の季節に得た「成果」を基に次の戦略を練り、3月以降の「」の季節に飛躍すべく、然るべき準備をする時期


ですから、今月は、先月までに整えた環境を基に、

2017年に達成したい夢や目標に向けて、具体的な一歩を踏み出す月


になります。

2017年以降の世界情勢は大きな変化と混乱が予想されますので、ここでしっかり自分の方向性や足元をしっかり定めておかないと、目先の現実に一喜一憂し、変化についていくだけで精一杯になってしまい、最悪、「日々、生活するだけでやっと」な人生になりかねません。
また、ここ近年、ニュースなどで「10年後に機械や人工知能に取って代わられる職業」が話題になっておりますが(こちらも参照)、こちらも決して他人事な話ではありません。

過去、2016年という1年について、

2016年は、その人の今後10年間を決めるにあたって「分岐点」になる年


だということを、再三にわたって申し上げてきました。
今年、今後10年間を生き抜くにあたって、今後の社会やテクノロジー流れを踏まえた上で、「今後10年間で取り組みたいこと」「興味・関心があること」は見つかりましたでしょうか?

今年、今後10年間の「ビジネスの種」を見つけられなかった人や企業は、時代の波に取り残され、今後10年間の間に「衰退」を余儀なくされてしまいやすい


ので、どんなに遅くても、来年の2月3日(金)までの「節分」までの間、いかに次の10年間の「ビジネスの種」を見つけられるかどうかが、今後10年間で飛躍出来るかそうでないのかの差を決める重要なポイントになります。
今後、「時代に取り残されて、目先の生活でいっぱいいっぱいな人」にならないためにも、

この年末に「2016年」を振り返り、新たな次の一手を探る


よう、今年の年末をお過ごしになられることを強くオススメします。


話は変わって、今月は「忘年会」や「クリスマス」、「お正月準備」など、忙しいながらも華やかな時期なわけですが、

早めに今年のうちに終わらせるべき仕事や大掃除を終え、年末年始はゆったり過ごす


方が、運気には圧倒的にプラスです。

特に「温泉」は2017年のラッキープレイス


でもありますから、この年末年始、温泉でゆったり過ごす…というのもオススメです。
誰かと一緒に過ごすにあたっても、来年は「丁酉」の「一白水星」の年なので、

気分良く、楽しく過ごすこと


が重要ですから、「お互いに一緒にいて楽しい人」とクリスマスやお正月を過ごすと良いでしょう。
会社の忘年会など、「苦手な人がいるけれども、それでも参加しなければならない」ような場合は、飲み会の間、「相手の良いところを1つでも多く探す」などして、ネガティブな気分で終わらないように工夫してみることをオススメします。


この年末年始、どこかへ旅行をしたり、ご実家に帰省される場合は、

人が多い繁華街やショッピングセンターよりは、静かにゆったりと過ごせる場所


がラッキーです。

ご自宅で過ごす場合は、好きな音楽やDVDを楽しんだり、普段、なかなか時間がなくて読めずにいた本や、出来ずにいた趣味などに取り組むのも良いでしょう。

2017年は「心の豊かさ」が、「人間関係」や「金運」の豊かさに直結する年


ですから、良い人間関係やお仕事、良縁、金運を呼び込めるよう、この年末年始は、心豊かにゆったりと過ごしてみて下さいね。


2017年に向けて良いスタートを切れるよう、今月は心豊かに楽しくお過ごし下さいね。
良いお年をお迎え下さいませ。

今月の開運のポイント

今月の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
手帳などに書いて読み返すなどして、日々の生活にお役立て下さい。

日常生活編

  • 大掃除はなるべく早めに終わらせ(遅くとも21日(水)の「冬至」の日には終わらせておくこと)、年末年始はゆったりと過ごす
  • 21日(水)の冬至の日には、お住まいの「鎮守神社(氏神様)」へ感謝のお参りをし(当日行けない場合は前後1週間以内にお参りをする)、帰宅後、「ゆず湯」に入って厄払いをする
  • 「忘年会」や「新年会」など、日頃お世話になった人&これから1年またお世話になる人にきちんと挨拶をする
  • お世話になった人に年賀状やクリスマスカードを送る際には、一言でも良いので「直筆」でメッセージをプラスすること
  • 年末に「ヘアカット」で厄を落とすだけでなく、一緒に「トリートメント」をしてもらい、髪の質をアップさせる(白髪のある人は、きちんと「カラーリング」を済ませた状態で年を越すこと)
  • リップケア&デンタルケアをして、唇の荒れや口臭のない爽やかな口元を目指す
  • 1輪でもいいので、生花(男性の場合は「観葉植物」)を常に絶やさない生活をする
  • 年末に募金や寄付をして、今年1年のお金にまつわる厄を払う
  • 大晦日の夜は「カウントダウン」をして、新しい年の幕開けを祝う(カウントダウンライブやパーティーに参加するのもオススメ)
  • 初詣は、お住まいの「鎮守神社(氏神様)」へのお参りを優先し、初詣客で混んでいる大きな神社はピーク後にお参りする(15日(日)の「松の内」までに済ませること)

ビジネス編

  • 年内にすべき仕事は年内のうちに終わらせ、年明けに持ち越さないこと(特に年明けに持ち越すとトラブルが深刻化しそうなことについては、年内にきちんと決着をつけておくこと)
  • 今年1年お世話になった上司や同僚、取引先の人に、しっかり挨拶をした上で年末年始休みに入る
  • 2017年に達成したい目標に向けて、具体的な努力を始める
  • 2017年は「社内の循環」が大事な年なので、仕事や人間関係などにおいて「障害」になっている人や物に対して、早めに改善をする努力をする
  • 2017年は「横領」や「不正」が起こりやすい年なので、年末の段階で一度チェックを入れておく
  • 今後、企業間同士の「格差」がどんどん拡大して行くことが予想されるので、今のうち、従業員の意識レベルやサービスレベルにおいて、低下している部分がないかチェックをし、早めに対策を打つ
  • 「経費削減」し「利益の最大化」を目論むあまり、「安かろう悪かろう」や「必要以上に値下げを要求してくる客や企業」には手を出さないこと(2017年にそれをやると、かなりの確率でその後、首が締まる&負のスパイラルに陥る可能性大)
  • 同じ部署だけでなく、異なる部署や会社内での「横の繋がりや連携」を強化し、今一度、「情報の共有の体制」を強化しておく
  • 顧客や上司など、「人に喜んでもらえる」ための「付加価値」を意識して、これまでの仕事のやり方よりもうワンランク上の仕事をする
  • 世間一般的な「常識」にとらわれ過ぎず、「その場の環境の常識」に合わせてスマートに行動をする

今月のラッキーアイテム

  • デコルテのラインがきれいに見えるワンピース(男性は上質なスーツを)
  • モヘアのニット
  • ハイヒール(可能であれば、最も女性の脚が美しく見える「7cm」ヒールがオススメ)
  • 一粒パールのアクセサリー(ピアスやブローチなどで取り入れると◎)
  • 「ねずみ」モチーフの雑貨・アクセサリー
  • シルクのパジャマ(シルク混の素材でもOK)
  • ローズの香りのコスメ・入浴剤(男性は「シトラス系」がオススメ)
  • ゲルマニウムローラーや金箔パックなど、金属を使った美容器具・コスメ
  • シートパック(今月は「保湿ケア」が重要)
  • 生花(男性は「ハイドロカルチャー(水栽培の観葉植物)」がオススメ)

今月のラッキープレイス

  • サウナや岩盤浴、マッサージなどの施設充実している大人向け温泉ランド
  • 宿泊者数限定の宿・離れがある宿
  • 夜景やイルミネーションがきれいな場所
  • 湖や滝、渓谷など「水」のある美しい景色の場所
  • オシャレな雰囲気のバー(「水」にこだわりのあるお店が◎)

今月のラッキージュエリー

  • パール
  • シトリン
  • モルガナイト
  • エンジェライト
  • ムーンストーン

今月のラッキーフード

  • イカと白菜の中華炒め
  • タラと厚揚げのみぞれ鍋
  • ラムチョップ
  • とろろ蕎麦
  • 黒ゴマアイス(黒ゴマプリンでもOK)

今月のワンポイント風水アドバイス

今年も残り少なくなりましたが、2016年も今月で終わり。
そこで今回は、より良い2017年を迎えるために、特に今年は「ここ」のポイントを意識して欲しい部分を、実践しやすいよう、各項目ごとに「箇条書き」にてアドバイスをさせていただきたいと思います。

今年の年末年始は、大掃除だの年賀状だのに追われて慌ただしく過ごすのではなく、2017年の開運のためにもゆったりと過ごしていただきたいので、「最低限ここだけは押えて欲しい」ポイントを絞ってアドバイスをさせていただきます。

①大掃除のポイント

  • 大掃除は「上から下」にやる(「天井」からスタートして、壁→カーテン・窓辺→家具→床の順番でやる)
  • 金属製の枠や把手など、「本来光るべき部分」は艶出しなどを使って徹底的に磨く
  • 「トイレ」「お風呂」「洗面所」「キッチンのシンク」「排水溝」「洗濯機」など、「水」の気が強い部分は特に徹底して掃除する
  • カーテンやラグはクリーニングに出すか、場合によっては新調し、きれいな状態のものに取り換えること
  • 枕を新調する(枕には厄が溜まりやすいので、1年に1回を目途に新調すると◎)

②玄関のポイント

  • 玄関のドアに直接クリスマスリースやお正月飾りはつけないこと(ドアではなく壁や柱につけること)
  • お正月飾りは「リース状」のものが吉
  • お正月用の生花は、「ユリ」をベースに、バラなど「赤い花」をプラスして華やかな雰囲気のものが◎
  • 31日(土)の大晦日の夜から、1日(日)の元日の朝にかけて、玄関の外灯はつけっ放しにしておくこと(難しい場合は玄関に間接照明を置き、一晩中間接照明をつけておくこと)
  • 年末年始は特に、芳香剤やアロマスプレーなどで「良い香り」をキープしておくこと(女性のみの世帯はフラワー系、男性がいる世帯はシトラス系の香りがオススメです)

③寝室のポイント

  • 布団や毛布をクリーニングに出し、清潔な寝具で新年を迎えること(クリーニングに出せない場合は、布団乾燥機+布団やマットレスに丁寧に掃除機をかけること)
  • シーツや枕カバー、布団カバーを新調する
  • 自分の体に合った寝具にバージョンアップする
  • 枕元にごちゃごちゃ物をおかず、スッキリさせる
  • 寝室の照明は、「昼白色」に代表される白い光のものではなく、「電球色の蛍光灯」など、優しい光のものにする

④クリスマスの過ごし方のポイント

  • 気心の知れた人と楽しく過ごすのがラッキー
  • 一人で過ごす場合は、お部屋のインテリアや雑貨、お気に入りのBGMをかけて、クリスマスの雰囲気を楽しむ
  • クリスマスケーキは、小さいもので構わないので、夕食後の「食後のデザート」にいただく
  • お酒を楽しみたい場合は、「シャンパン」や「ロゼワイン」、果物を使った「カクテル」がオススメ
  • 夜景やイルミネーションを楽しむ

⑤大晦日の過ごし方のポイント

  • お住まいの「鎮守神社(氏神様)」を参拝し、今年1年無事に過ごせた感謝をする(境内or社務所に人型が置いてあってお祓いが出来る場合は、お祓いをしてくる)
  • 買い物などの用事は「日没前」に終わらせ、日没後はゆったりと過ごす
  • 「年越しそば」は、インスタントや乾物ではなく、なるべく生麺のものをいただくこと
  • 大晦日の夜のお風呂は、なるべく「23時まで」に済ませる
  • 大晦日の夜の入浴後に身につける下着やパジャマは「新品」のものを身につけること

⑥元日の過ごし方のポイント

  • 2017年は「夜の時間を楽しむこと」がラッキーなので、2017年の元日は無理に早起きしなくてもOK(日の出の朝日を拝んでから就寝してもOK)
  • 元日は1日を通して、「水に直接触れること(入浴・食器洗いなど/ただし「温泉」に入ることは別)」「掃除」はしないこと(入浴は2日になってから入ること)
  • 元日に「日本酒(金粉入りがベスト)」もしくは「ミネラルウォーター」を飲む
  • 三が日は、普段より睡眠を多めに取る(三が日お仕事の方は、お正月休みに入ってからでOKです)
  • 「情報断食」をして、必要以上に情報を目や耳に入れない(ただし、小説を読んだり、映画やDVDを観るのはOK)