8月(8月7日(火)~9月7日(金)まで)の開運テーマ

今月の干支は「庚申」、九星は「八白土星」、二十八宿は「」になります。
今月は「」の季節の2カ月目になります。

先月は、「良くも悪くも物事がハッキリする時期」でしたが(こちらも参照)、7月中に今後の「課題」や「目標」が明るみになったり、これまで何とも思っていなかったけれども、実は「隠されていた問題」があったことに気付いた…という方もいらっしゃったのではないでしょうか。


来年、2019年は「己戌」の「八白土星」の年。
(詳細については、『2019年の開運アドバイス』で詳しくお伝えさせていただきます)

今年、2018年が「先見性」と「決断」の年であるのに対し、2019年は、

分岐点」と「取捨選択


の年にあたるのですが、2018年と2019年の最大の違いは、

  • 2018年→「自ら求める」ところに道が開かれる年
  • 2019年→「自分に与えられたもの」の中で「選択」と「集中」をする年


もっと端的に言うならば、

  • 2018年→「選択の余地」はまだある年
  • 2019年→一見すると「選択の余地」があるようで、実は限られている年


であるため、来年になると、より「選択肢」が狭まりやすくなり、その結果として、

「選択肢」の少なさ=「格差」により拍車がかかる


ということに繋がって行くわけですが、来年に向けて、その傾向が徐々に色濃くなり始めるのが、今月からになります。


そのため、様々なところで「」がつき始めたり、今まで以上に「差」を感じることが増えることになりそうなのですが、

「現状」に甘んじてしまうと、周囲との「差」がどんどん開いて行ってしまいやすい


のと、以前、『2018年の開運アドバイス』でもお伝えさせていただいたように、

年齢や性別問わず、「能力や実力がある人」に権限やチャンスが与えられる年であるため、その場限りの努力や言い訳といった「ごまかし」が一切通用しない


ため、今月の開運ポイントとしては、

日常生活の中で常に「向上心」を持ち、いかにコンスタントに努力し続けられるか


が、といった「日々の積み重ね」が、文字通り、幸不幸を分ける「鍵」になりそうです。


また、今月は「お盆」の月でもあります。
今月は、

自分の「家族のルーツ」を再確認したり、家族・親戚が集まって過ごすこと


が開運に繋がる時期ですので、もしお盆の時期にお休みが取れる方は、

  • 「お墓参り」をする(父方・母方両方のお墓参りが出来ればベスト)
  • 実家に里帰りをし、家族・親族と交流する機会を持つ
  • 「家族旅行」など、一家団欒の時間を過ごす
  • 両親・祖父母の出身地の郷土料理を食べたり、伝統文化に触れる

といったことを通じて、「家族」の結び付きや、ご先祖様との「絆」を深めていただければと思います。
もし、仕事があって帰省出来なかったり、入院中であったり、海外在住など、お墓参りに行けないという場合は、

  • ご自宅に「仏壇」や「故人を偲ぶサンクチュアリスペース」がある場合、仏壇にお供物とお線香、お茶(お水)をあげ、手を合わせる
  • 「先祖供養」のご祈祷をしてもらう
  • お墓のある方角へ向かって手を合わせ、祈りを捧げる

ようにして、ご先祖様に対して「感謝」の祈りを捧げるようにしていただければOKです。

また、ちょうど「お盆」の時期は、「花火大会」や「夏祭り」など、「夏のイベント」が開催される時期ですが、

  • 花火大会・盆踊り・灯籠流し→先祖供養
  • 夏祭り→邪気払い

ですので、ご実家に帰省する・しない問わず、こうしたイベント事には、積極的に足を運ばれることをオススメします。


今月から来年(己亥×八白)の気が流れ始めるので、『2019年の開運アドバイス』も意識しつつ、「今月の開運アドバイス」も併せて実践していただけましたら幸いです。

連日酷暑が続いておりますが、お体にお気を付けて、楽しい夏休みをお過ごし下さい。

今月の開運のポイント

今月の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
手帳などに書いて読み返すなどして、日々の生活にお役立て下さい。

日常生活編

  • 8月盆(盂蘭盆)の地域にお住いの方は、父方・母方両方(結婚されている方は「婚家」も)のお墓参りをする(迎え火:13日(月)→送り火:16日(木)もきちんと焚くこと)
  • 「親孝行」が開運に繋がる月なので、親孝行・祖父母孝行をする(帰省出来ない場合は、電話やメールで連絡したり、プレゼントを贈るのもオススメ)
  • 「帰省」や「法事」などの「親族の付き合い」や、「盆踊り」や「夏祭り」などの「地域のイベントごと」には積極的に参加する
  • 自分の置かれた「現実」と向き合い、自分の「欠点」や「足を引っ張っているところ」、「取り組むべきこと」など、「今後の課題」を明らかにし、その実現に向けて具体的な努力をする
  • 「英会話」や「プログラミング」の勉強など、「5年後の未来」に必要になる可能性が高いことを勉強する(「毎日コンスタントに努力すること」が大切)
  • 「紫外線」や「乾燥」でダメージを受けた「肌」や「髪の毛」のケアをする
  • 体が硬いと運気を吸収しづらい月なので、「起床後」と「入浴後(就寝前でもOK)」に「柔軟体操」や「ストレッチ」をして、体の気の流れを良くする
  • 一戸建てにお住いの方の場合、酷暑による「土のひび割れ」があると「家庭運」がダウンするので、1日1回は庭(地面)に水を撒いて、土のひび割れを防ぐこと
  • 「床」に厄が溜まりやすい月なので、毎日床を「水拭き」する(お掃除ワイパーで掃除する場合は「ウェットシート」を使って掃除してもOK)
  • 「近い将来訪れるであろう状況」や「身の丈」に合ったお金の使い方を心掛け、お金の無駄遣いは控え、「貯金」や「節約」に励む

ビジネス編

  • 「現実」を直視し、「今後の課題」を明らかにすることが今後の仕事(経営)を左右する月なので、業界内のデータや会社の売上状況、問題点、自分に対する評価など、ありのままの「現状」を受け入れた上で、今後の戦略を練り、実行に移す
  • 社内の人間関係において「パワーバランス」が重要な月なので、「上下関係」をしっかり守り、適切な関係・距離を保つようにする(「慣れ合い」や「人を見下す」ような態度はNG)
  • 経営において「選択」と「集中」が重要な月なので、今後の「方向性」を見据えた上で、手を広げ過ぎている部分や必要がない部分は思い切って「断捨離」する
  • 普段の業務において無理・無駄・ムラがないか、「オペレーション」のやり方をチェックし、より効率良く働けるやり方を模索する
  • 「タスク管理」が重要な月なので、毎日「TODOリスト」を作成し、その日、自分がやるべきことを「可視化」する
  • 「書類」や「データ」を整理整頓し、「どこに何がある」のかを一目瞭然で分かるようにする(必要のない書類・データは処分する)
  • 「ON」と「OFF」のメリハリをしっかりつけ、だらだらと働かない(仕事量が多過ぎて残業が多い場合は、他の人にヘルプを求めたり、場合によってはリスケするなどして対応を)
  • 「統一感」が重要な月なので、「目的の共有」や「マニュアル」を見直す(経営者の方は「社員教育」について今一度徹底を)
  • 「情報管理」や「内部統制」、地震等の「災害リスク」など、「危機管理」の対応を見直し&アップデートし、社内で情報を共有する(災害時の「備蓄」や「避難所」、「帰宅経路」について確認するのも◎)
  • 「転職」や「異動」等で職場を離れる場合、「円満退社」を心掛け、「引き継ぎ」をしっかりやってから離れること(「立つ鳥跡を濁しまくる」と次の職場に支障が出やすくなるので注意!)

今月のラッキーアイテム

  • 「ドット柄」のワンピース(太めのベルトorリボンでアクセントをつけると◎)
  • レイヤードトップス
  • プラットフォームサンダル(パンプスであれば「高めのヒール」が吉)
  • 浴衣・甚平(「花火大会」や「夏祭り」などのイベントに着て行くと◎)
  • 「かんざし」や「がま口バッグ」など、普段着(洋服)にも合わせられる和小物
  • デオドラントグッズ(例:抗菌消臭作用のあるインナーやデオドラントスプレーなど)
  • ペディキュア(マニキュアの色は「ボルドー」ベースで、アクセントに「ゴールド」を入れると◎)
  • 「八角形」の手鏡・コンパクトミラー
  • 「天然素材」から作られた高品質な石鹸(例:「アレッポ石鹸」や「マルセイユ石鹸」など)
  • お香(なるべく「午前中」のうちに焚くと◎)

今月のラッキープレイス

  • 「花火大会」や「夏祭り」など、地元の夏イベント
  • 森林浴が楽しめる公園・山林(特に「竹林の「竹林」のある公園や小径が◎)
  • 「お城」や「歴史博物館」など、「歴史」を感じられる場所
  • 道の駅
  • 牧場

今月のラッキージュエリー

  • アメトリン
  • アズライト
  • サードオニキス(赤天眼石)
  • スモーキークォーツ
  • アレキサンドライト

今月のラッキーフード

  • ナスとベーコンのトマトパスタ
  • ゴーヤチャンプルー
  • タコのチリコンカン
  • 枝豆とビール
  • あんみつ

今月のワンポイント風水アドバイス

元々、今年の星回りから見る五行バランスとして、「」の気が不足している状態だったのですが、そこへ加えて、連日「酷暑」が続き、四柱推命で言うところの、

「火炎土燥(かえんどそう)」


と言われる状態(強過ぎる日差しの中、水が殆どなく、何も作物が育たないどころか、乾燥から土がどんどん硬くなり、割れてボロボロになって行く状態)です。
このような「火炎土燥」の状況下で、具体的にどういったことが起こりやすいか?と言うと、

  • 感情的になってしまい、精神的にバランスを崩しやすい
  • 頑固になって、人の言うことに耳を傾けなくなりやすい
  • ストレス耐性が低くなり、衝動的&破壊的な行動に出てしまやすくなる
  • 「カッ」となって、人と喧嘩になってしまったり、憂さ晴らしにSNSに書いたことで炎上しやすくなる
  • 物事の判断において「冷静さ」を欠きやすくなり、誤った判断をしてしまいやすくなる

といったことが起こりやすくなります。
これらの「5つ」の項目の中で一番注意が必要なのは、

物事の判断において「冷静さ」を欠きやすくなり、誤った判断をしてしまいやすくなる


部分であり、

「車の運転」や「水難事故」、山での「遭難事故」といった、各種「事故」には要注意


な月になります。
そのため、このお盆休みに家族で車で規制をしたり、バイクでツーリング旅行へ行ったり、ハイキングや海水浴をする予定の方は、くれぐれも「事故」に注意をしていただけたらと思います。


そうした状況であることもあり、今月は何かと「ストレス」が溜まりやすい月になります。
運気の観点からすると、

ストレス=厄


であり、

「ストレス」が溜まれば溜まるほど、「爆発」したときのダメージが大きい


ですから、

普段の生活において、いかに「ストレス」をこまめに解消&溜めないか


が、今月を平穏無事に乗り切り、開運するためのポイントになります。
そこで今回は、今月、「火炎土燥」の状況下でストレスを溜まりにくくし、かつ、運気をアップさせるためのポイントを「5つ」お伝えさせていただきたいと思います。



①「風鈴」や「オルゴール」などの「金属の音(「」の気)」で空間を浄化する

在宅中or留守中でもいいので、「風鈴」や「ウィンドチャイム」、「シンギングボウル」、「ティンシャ」、「音叉」、「オルゴール」など、

「金属の音」で空間を浄化


しましょう。

実際に「金属の音」を鳴らすことが出来ればベストなのですが、「風鈴」や「ウィンドチャイム」については、場合によっては「ご近所迷惑」となる場合もありますので、状況に応じて他のアイテムをお選びいいただけたらと思います。
また、夜は音が響きますから、ご近所さんとの手前、極力「金属音」を鳴らすことは控えましょう。
金属音が苦手な方や、金属音を聴いていると頭痛がしてくる…という方は、ずっと鳴らしっ放しにしなくても、1日数回音を鳴らす程度でOKです。


こうしたアイテムが手元にないという場合は、「動画」を流すのもオススメです。
その場合、時間にして「30分~1時間」も流せば十分です。




②「手のひら」と「足裏」を入念にマッサージ&クレイパックをして邪気を流す

運気の観点からすると、

「手のひら」と「足裏」は、「アース」のような役割を果たしている


ので、普段から「手のひら」と「足裏」のマッサージ&角質ケアをして「柔らかい状態」をキープすることが、運の新陳代謝を促す上で、非常に有効です。

「火炎土燥」の状況下においては、素足で土(砂)の上を裸足で歩くことにより、「グラウンディング」をすると良いとされていますが、

ここのところの酷暑により、地面もまた暑過ぎて「グラウンディング」どころではない


ため、普段のケアにちょっと+αして、体の中に溜まった邪気を流し、運の新陳代謝を促すことをオススメします。
「邪気」が気になるときや、普段の生活において「1週間~10日に1回」くらいのペースで、以下の手順で厄落としを行ってみて下さい。


「手のひら」と「足裏」を石鹸などで丁寧に洗う

「手のひら」と「足裏」を5分~10分、熱めのお湯(42℃程度)に漬け、手湯&足湯をする
※このとき、洗面器に「重曹」と「粗塩」を1つまみずつ入れて手湯&足湯をすると◎

皮膚が柔らかくなったところで、「手のひら」と「足裏」をマッサージする(5分程度)

ツボ押し」を使って、「手のひら」と「足裏」を刺激し、気の流れを良くする

「軽石」などで角質ケアをする

「手のひら」と「足裏」の「クレイパック」をして、邪気をクレイ(泥)に吸着させ、「5~10分程度」置いてから洗い流す


「ツボ押し」についてですが、100円ショップなどでも売っている「棒状のアレ」で結構です。
以下、イメージしやすいように、参考画像を貼っておきます。


また、「クレイパック」についてですが、お近くのドラッグストアで売っているようなもので十分です。
なお、「足裏」にクレイパックをすることが「火毒」の解消に有効であることは、以前、ブログの方でもお伝えさせていただいているので、ご確認いただけましたら幸いです(こちらからご覧下さい)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツルリ 黒ずみ吸着 うるおいガスールパック(150g)【ツルリ】
価格:1296円(税込、送料別) (2018/8/5時点)


③「ストレス」を感じたら、早い時点で休憩を取り、リフレッシュする

「火炎土燥」の状況下において、最も避けたいことは、

「まだ頑張れる」「このくらい大したことない」と、必要以上に頑張り過ぎて自分を追い込んでしまうこと


ですので(いつもに増して心身共に壊れやすくなるので要注意)、「何か疲れたな」と思ったら、早い時点で休憩を取り、リフレッシュしてから、仕事や勉強、家事に戻るようにして下さい。
そのため、今月(出来れば来月も)は特に、

予め「余裕」を持って行動することを心掛け、「スケジュール」を詰め込み過ぎない


ようにしていただくと、精神的な「冷静さ」を保てるだけでなく、「火炎土燥」のダメージを低く抑えることが出来ます。

「火炎土燥」に巻き込まれれば巻き込まれる程、「何か良く分からないけれど滅茶苦茶忙しい」状態


に陥ってしまい、精神的にも肉体的にもいっぱいいっぱいな状況になってしまい、その結果として、

「冷静」に物事を判断しづらくなったり、「直感」がハズレまくるなど、状況がどんどん悪化し、蟻地獄状態になってしまいやすい


ので、気を付けたいところです。


また、自分自身が「巻き込まれない」ことも重要ですが、

「火炎土燥」に巻き込まれてしまっている人ほど、「優先順位」が分からなくなってしまっているため、無暗やたらと人を焦らせる傾向が強くなる


ため、周囲にそのような方がいる場合、その人のペースに巻き込まれて、こちらのペースが崩されないように、「うまい説明(説得)の仕方」もそうですが、「ペース配分」や「タスク管理」を考えて仕事を進めて行くようにされると良いでしょう。

特に「年」の天中殺中「戌亥天中殺」の方や、「月」の天中殺中の「申酉天中殺」の方にそうした事象が起きやすい


ので(巻き込まれる・巻き込む方両方)、上記の天中殺の方は特にお気を付け下さい。


④男性は「色事」、女性は「買い」「食い」「喋り」は程々に

どちらかと言うと、「女性」よりも「男性」にその傾向が出やすいのですが、

「火炎土燥」の状況下においては、「性欲」が強くなり、「色恋沙汰」や「性癖絡みのトラブル」を引き起こしやすくなる


という特徴があります。
しかも、この時期のそうしたトラブルは、

「自分」という人間の社会的信用を損ない、「家庭」やその後の「人生」を壊しかねないようなダメージに発展しやすい


ので、「魔がさして、ついやってしまった」ということがないよう、くれぐれも「色欲」は慎むように心掛けていただければと思います。


逆に「女性」の場合はと言うと、

精神的に不安定になりやすく、「買い」「食い」「喋り」でストレスを発散する傾向が強まる


ため、「適度」であれば問題はありませんが、「過度」な状態になってしまうと、

  • 買い→ショッピング依存症、カードローンによる経済的圧迫
  • 食い→「暴飲暴食」による肥満、胃腸や肝臓へのダメージ
  • 喋り→人間関係のトラブル、ネット依存、SNS上での「うっかり」発言による炎上

といったトラブルに繋がりかねませんので、

「買い」「食い」「喋り」といった「体を動かさない」ストレス解消法ではなく、「ウォーキング」や「ジョギング」、「水泳」など、「体を動かす」ストレスを解消法をやる


ように心掛けていただくだけでも、「火炎土燥」によるダメージを軽減させることが出来ますので、この夏は積極的に「体を動かす」ことを意識していただければと思います(ただし、「熱中症」にはくれぐれもご注意下さい)。


⑤「頭」と「体」の「柔軟性」を高める

「火炎土燥」の状況下では、

「頑固」になったり「意地」を張ったり、「自分の考え方・やり方」に固執すると、どんどん人が離れて行き、孤立しやすくなる


ため、

柔軟」な物の考え方や、「多様性」を受け入れる姿勢が大切


です。

よく、「頭を柔らかくする」と言うと、「脳トレ」などを思い浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、確かにそれも一理あるのですが、大人になってから頭を柔らかくするのに役立ち、かつ、今月の「運気」の側面からもオススメな行動としては、

  • 「初めてのこと」にチャレンジする
  • お子様がいらっしゃる方は、お子様と一緒に「工場見学」や「体験学習」などへ足を運ぶ
  • 「詩」や「小説」を読む
  • ピアノやサックスなど「楽器」を演奏する(習い直しをするのもオススメ)
  • 「絵」を描いたり「写真」を撮る

といったことがオススメです。
今月は「夏休み」の時期でもありますから、お子様がいらっしゃる方は、「夏の思い出」作りや「夏休みの宿題」の一環、「自由研究」のネタも兼ねて、お子様と一緒に挑戦されてみてはいかがでしょうか。