4月(4月5日(木)~5月4日(金・祝)まで)の開運テーマ

今月の干支は「丙辰」、九星は「三碧木星」、二十八宿は「」になります。
今月は、「年度変わり」ということもあり、この春から環境が変わり、新しい生活になったという方もいらっしゃるのではないかと思います。

先月に引き続き、「」の季節の2カ月目ということもあり、3~5月の3カ月間は、

物事の「成長」と「発展」がテーマ


の時期なのですが、中でも今月は、

3月で決めた「方向性」を「実践」に移す月


になります。
そのため、今月は「行動」が伴っていないと運気が動かないので、運気を動かすためには、

実際にやってみて、そのときの「結果」や「感想」を基に、次に繋げて行くことが重要


です。

「思っているだけ」「願っているだけ」で、頭では「やらなきゃ」と思っていても、結局「何もしない」のは、「運気」を動かせていないだけでなく、「現実に取り残されてしまう」だけですから、例え小さな一歩であったとしても、確実に前に進むことが大切です。


また、今月は、昨年12月から続く「八専(専気)」期間中の「調整月」でもあります。
今後の月の干支の推移としては、以下の通りです。

  • 4月(丙辰)→間月/火生土(「」の気の「」×「」の気の「」)
  • 5月(丁巳)→「」の気が「比和」の状態(「」の気の「」×「」の気の「」)
  • 6月(戊午)→間月/火生土(「」の気の「」×「」の気の「」)
  • 7月(己未)→「」の気が「比和」の状態(「」の気の「」×「」の気の「」)
  • 8月(庚申)→「」の気が「比和」の状態(「」の気の「」×「」の気の「」)
  • 9月(辛酉)→「」の気が「比和」の状態(「」の気の「」×「」の気の「」)
  • 10月(壬戌)→間月/土剋水(「」の気の「」×「」の気の「」)
  • 11月(癸亥)→「」の気が「比和」の状態(「」の気の「」×「」の気の「」)

「四柱推命」や「算命学」を嗜んでいらっしゃる方であれば、この推移だけで、今後、どういうことが起こりやすいのかが大体予想がつくのではないかと思いますが、

5月までにいかに「素地」を伸ばしておき、6月で「小休止・調整」をして、7月以降に一気に差をつけるか


が勝負ですので、

「新年度」のスタートダッシュが肝心


ですので、とにかく今月は、

とにもかくにも、まずは実際に「チャレンジ」してみることから始める


ことを意識していただければと思います。


その他、今月は「春土用」の月です。

「春土用」は、17日(火)~5月4日(金・祝)まで


になります。
以前、『季節と運気の変わり目の「土用」に気をつけよう!』という記事でもお伝えさせていただいておりますが、

春土用→五月病、気力減退


に注意が必要な時期なのですが、今年の「春土用」の場合は「」の気が過剰気味なため、これらに加えて、

  • 不眠・睡眠の質の低下
  • イライラ
  • 喧嘩
  • 「眼精疲労」や「ドライアイ」など、目のトラブル
  • 頭痛


にも注意が必要な時期になります。
こうした土用の凶作用を抑えるために、

「ミント」や「ユーカリ」、「ティートゥリー」など、スッとした香りで邪気を祓う


こともそうですが(こちらも参照)、「」の気が必要以上に体に蓄積しないよう、

「紫外線対策」をしっかりやる


ようにしていただけたらと思います。

また、この時期は「ガーデニング」や「家庭菜園」をされる方も多い時期なのではないかと思いますが、

「土用」の期間中は、「素手」で土に触れると邪気を受けることになる


ため、

「ゴム手袋」や「軍手」をして、土が直接肌に触れない状態で作業をする


ようにしていただけたらと思います。


以上のポイントを踏まえた上で、新年度に良いスタートダッシュを切っていただけたらと思います。

今月の開運のポイント

今月の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
手帳などに書いて読み返すなどして、日々の生活にお役立て下さい。

日常生活編

  • 18日(水)の「旧暦雛祭り」の日に、「桃」を使ったスイーツやドリンクを飲んで、水毒を浄化する
  • 5月2日(水)の「八十八夜」の「午前中」に、「緑茶(「新茶」が◎)」を飲んで、仕事運・学業運・発展運をアップさせる
  • 「屋外で過ごすこと」がラッキーな月なので、日常生活において、「ウォーキング」や「ジョギング」などの屋外で出来るちょっとした運動や、「外出」を心掛け、積極的に外の空気を吸う(屋外でのランチやティータイムもオススメ)
  • 「音楽」を積極的に聴くようにすると運気がアップする月なので、日常生活の中に「BGM」をうまく取り入れる(こちらも参照)
  • 「朝方の生活」を心掛け、「午前中」の時間を有効に活用する
  • 物事を効率化し、「時間の無駄」を極力少なくする
  • 「緑黄色野菜」や「果物」、「ナッツ類」、「ゴマ」、「お酢」、「緑茶」など、「抗酸化作用」がある食べ物を積極的にいただいて、体の中からの「アンチエイジング」を心掛ける
  • 「年度変わり」に伴い、昨年度の会報や古新聞・古雑誌、古本は処分し(保存する場合は「スクラップブック」か「デジタルデータ」で保存を)、バージョンアップに伴い動かなくなったor使わなくなったアプリは削除する
  • お金を「数字」でチェック&管理をすると金運がアップする月なので、「家計簿」をつけて収支を把握する(経営者やフリーランスの方は、会社の経理をチェックすると◎)
  • 「観葉植物」を育てる(「金運」が欲しい方は、「オリーブ」や「南天」、「レモン」などの「実もの」を育てると◎)

ビジネス編

  • 今年度の「目標」を年間&月間スケジュールに落とし込む
  • 「挨拶」のやり方を見直し、相手に「好印象」を与える挨拶を心掛け、「自ら進んで」挨拶をする
  • オフィスでの「言葉遣い」や、電話や接客をするときの「声のトーン」に気を付ける
  • 「指示待ち人間」にならず、「自ら率先して行動をする」仕事のやり方を心掛ける
  • 「有言実行」を心掛け、その日やるべきことは着実にこなすこと(日常的に「TODOリスト」を活用するのもオススメ)
  • 「インプット」が重要な月なので、「読書」や「セミナー」を通じて、「ビジネスに関する良質な情報」や「教養」を高める努力をする
  • デスク回りや仕事用のPCを、効率良く仕事がしやすいように整理整頓&カスタマイズする
  • 「グローバルスタンダード」の仕事のやり方を意識した仕事・経営のあり方を考え、行動する(星回り的に、7月以降は「競争」がより一層激化する可能性があるため)
  • 「ビジネス英会話」など、ビジネスで使う「外国語」のレベルをアップさせる(「会話」だけでなく、「書類」や「メール」といった文書のブラッシュアップも同時進行でやると◎)
  • 「新商品」や「新しいサービス」、「新しい技術」といった、国内外問わず、最新のトレンドをチェックし、今後のビジネスとの接点を模索する

今月のラッキーアイテム

  • ボーダー柄のTシャツ・トップス
  • ホットパンツ
  • 「スニーカー」など、カジュアルで歩きやすい靴
  • リュック・ボディバッグ
  • 自転車(「サイクリング」を楽しむのもオススメ)
  • ヘッドフォン・イヤホン(音質が良いものに買い替えるのもオススメ)
  • 辞書・電子辞書(新しいものに買い替えるのもオススメ)
  • 文房具
  • 「星」モチーフの雑貨
  • サンキャッチャー(「東」や「南東」側の窓など、「朝日」が入る窓に吊るすと◎

今月のラッキープレイス


今月のラッキージュエリー

  • レッドジャスパー
  • ターコイズ
  • クリソプレーズ
  • ハウライト
  • 天眼石

今月のラッキーフード

  • 豆ごはん
  • たけのことワカメの煮物
  • カツオの塩たたき
  • ほうれん草のグリーンスムージー
  • レモンシャーベット

今月のワンポイント風水アドバイス

今月は「ゴールデンウィーク」ということもあり、どこかに旅行に行かれたり、ご実家に帰省されるご予定の方も多いのではないかと思います。

今年(戊戌×九紫)オススメのゴールデンウィークの過ごし方のアドバイスは、例年と少し趣向を変えて、「目的」に応じて、

家族や友達と楽しく過ごしたい
運気をアップさせたい
日頃の疲れを癒したい&美しくなりたい


の「3つ」のパターンに応じたオススメの過ごし方について、お伝えさせていただきたいと思います。


①家族や友達と楽しく過ごしたい

(1)「森林浴」を楽しむ


今年(戊戌×九紫)のゴールデンウィークは、「森林浴」や「」や「渓谷」でマイナスイオンを浴びてリフレッシュすることがオススメですので、「ドライブ」や「ツーリング」などで、こうした場所に一緒にお出掛けするのもオススメです。
もし、こうした場所に「キャンプ場」がある場合は、キャンプを楽しむのもオススメです。



(2)「バーベキュー」や「ガーデンパーティー」を楽しむ


今年(戊戌×九紫)は「屋外」で過ごすことがラッキーなので、

屋外での「バーベキュー」や「ガーデンパーティー」で楽しく過ごす


のもオススメです。

お弁当を持って行っての「ピクニック」もオススメです。
このとき、この時期が旬の食材である、「キャベツ」や「菜の花」といった「春野菜」を使ったサンドイッチを、お弁当代わりに持って行くのもオススメです。



(3)「遊園地」や「テーマパーク」で1日中遊び倒す


ある意味、「ゴールデンウィーク」の過ごし方としては、完全に「鉄板ネタ」ですが、今年(戊戌×九紫)オススメの過ごし方でもあります。
もし「アトラクション」を楽しむとしたら、

「ジェットコースター」など、スリル満点の乗り物に乗る


のがオススメです。
ただし、「ジェットコースター」が苦手な方や、心臓の悪い方は、「決して」無理をなさないで下さい。




②運気をアップさせたい

(1)「神社」や「パワースポット」へ足を運ぶ


今年(戊戌×九紫)は、「神社」や「教会」、昔から「聖域」と呼ばれている場所といった、所謂、「パワースポット」へ足を運ぶと運気がアップする年なので、是非、一度、足を運ばれてみることをオススメします。

晴れた日の「午前中」の参拝がベスト


なのですが、今月、オススメのパワースポット@国内は以下の通りです。


(2)1日1回、「肩甲骨」まわりをほぐす


肩甲骨」まわりは、厄が溜まりやすい場所。
1日1回は、軽いストレッチやヨガなどで、肩甲骨まわりをほぐして、体の気の巡りを良くしましょう。



(3)3食のうち「1食」は、「玄米」や「赤飯」、「雑穀米」を食べて運気アップ


主食の質」をアップさせると、全体運をアップさせることが出来ます。
1日3食のうち「1食」でもいいので、「玄米」や「お赤飯」、「雑穀米ごはん」にして、全体的な運気を底上げしましょう(「コンビニ」のおにぎりでも可)。

「雑穀米ごはん」については、参考商品のような、普段、お米を炊くときと同じように、白米と一緒に炊けばOKなもので十分です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はくばく おいしさ味わう 十六穀ごはん お徳用 30g×15袋
価格:943円(税込、送料別) (2018/4/5時点)


③日頃の疲れを癒したい&美しくなりたい

(1)「海(海辺)」へ行って、波の音で浄化&リラックスを


「疲れ」が溜まってどうしようもなかったり、「今年こそキレイになりたい!!」という方には、「(海辺)」へ行って、海に入らなくてもいいので、潮風に吹かれて、波の音に耳を傾けて、浄化&リラックスをすることをオススメします。

一波ごとに、「疲れ」や「ストレス」、「厄」で凝り固まった心と体がほぐされていくイメージで、何も考えず、ボーッとリラックスして佇んでいただければOKです。
時間については、

30分」もあれば十分


ですので、ゆっくりと深呼吸しながら、心も体もリラックスしていただければと思います。



(2)「お昼」の時間帯に、「デトックス」に良いお茶を飲む


「ランチ」や「ティータイム」など、「お昼」の時間帯に、

  • ハト麦茶
  • ドクダミ茶
  • ヨモギ茶
  • ウーロン茶
  • プーアル茶
  • 杜仲茶
  • ルイボスティー

など、「デトックス効果」があると言われているお茶を、なるべく「ホット」でいただいて、体の中の厄を、どんどん外に出しましょう。
市販のコンビニなどで売っているお茶であれば、『爽健美茶』や『からだ巡茶』がオススメです。


(3)「体の中からキレイになる」ことを意識した食生活を心掛ける


今年(戊戌×九紫)の「健康運」及び「美容運」アップのポイントとして、

体の内側」からキレイになる


ことがポイントですので、

  • 「便秘」の解消
  • 「ショウガ」や「唐辛子」など、体を温める食材で代謝アップ
  • 「ビタミン」や「ミネラル」を摂って、肌の調子を整える


といったこともトライしていただきたいところなのですが、今年はそれにプラスして、

体を老けさせる原因である「活性酸素」を減らして、体の中からアンチエイジング&デトックスを心掛ける


とラッキーな年です。

今後、定年後も働くことが当たり前になる&「人生100年」と言われている中で、「健康」を損ねることは、即、「人生の転落」に繋がりかねない


ので、これを機に、「病気にならない&美しくなる」ための生活にシフトすることをオススメします。

なお、「活性酸素」を減らすための生活習慣としては、

  • 「UVケア」をする
  • 「タバコ」や「アルコール」は控え目に
  • 「適度な運動」を心掛ける
  • 「食品添加物」や「化学調味料」は極力避ける
  • 「緑黄色野菜」や「果物」、「ナッツ類」など、抗酸化作用があると言われている食材を積極的にいただく


なお、「食生活」を改善する際の指針として、

まごわやさしい


というキーワードがあります。
それぞれの意味は、

  • ま→豆(大豆、黒豆、小豆、豆腐、豆乳など)
  • ご→ごま(ナッツ類も含む)
  • わ→わかめ(海藻類)
  • や→野菜
  • さ→魚
  • し→しいたけ(きのこ類)
  • い→芋


という意味なのですが、こうした「食材」を積極的にいただいて、「食生活」も含めて、より健康に&体の中から美しくなることを目指しましょう(私も頑張ります)。