2016年のテーマ

2016年の干支は「丙申」、九星は「二黒土星」、二十八宿は「」になります。
2015年は「今までの自分から進化すること」が求められた年でしたが、

2016年は2015年で「進化」させたことをベースに、物事を「仕組み化」させ、「習慣化」させることで全体を底上げする年


になります。
そのため、普段の生活習慣や言動、物事に対する考え方、仕事に対する向き合い方が非常に重要な年になります。
今年は良くも悪くも、「物事が積み上がる」年なので、日々の過ごし方がダイレクトに運に響きますから、

1日1日を丁寧に暮らし、真の「幸運体質」を目指す


ことが、2016年を語る上でのキーワードになります。
日々、コツコツ努力することが求められる年なので、「継続は力なり」が求められる1年になります。

安定して継続させるために、今年は自宅や自室の環境、家族も含めた周囲の人間関係など、

自分を取り囲む「環境」を整える


ことが非常に重要な1年になります。
いくら能力が高い人であったとしても、肝心の「環境」が整っていなかったら、せっかくの能力が活かせないだけでなく、目的を達成することが困難になってしまいます。

快適に過ごせるor集中して仕事や勉強が出来る環境作り


を心掛けましょう。


また、「申酉天中殺」の方は、今年・来年と天中殺を迎えます。
「申酉天中殺」の方は、「申年」と「酉年」が天中殺なのですが、本来であれば天中殺明けである「戌年」も運気が回復しないので、

今年から3年間はとにかく「無理・無駄・ムラ」がないように計画を立てること


が非常に大切です。
運気については、今年の前半までは余力があるのですが、後半から天中殺の影響が色濃くなり、これまでのように勢いで押せなくなってくるので、何か面倒なことを抱えているのであれば、今年の前半までに決着をつけるか、少なくとも、決着の目途をつけるようにして下さい。
また、自分一人だけで物事を抱え過ぎず、重要なことは他の幸運期の人の力を上手に借りて乗り切るようにして下さい。

その一方で、今年、運気が好調なのは、

「寅卯天中殺」と「戌亥天中殺」


の方です。
「寅卯天中殺」と「戌亥天中殺」の方は、今年・来年と2年連続幸運期に入りますから、何かやりたいことがあったり、勝負したいことがあるなら、今年・来年は思いっ切り頑張りましょう。
特に「戌亥天中殺」の方は、2年後の「2018年」から2年間天中殺に入りますから、今年・来年で結果が出せるよう、特に頑張って下さい。

その他、「子丑天中殺」「辰巳天中殺」の方は、来年以降に幸運期を迎えます(子丑天中殺:2017・2018年、辰巳天中殺:2017~2019年)。
そのため、「子丑天中殺」と「辰巳天中殺」の方は、今年は「ベース作りの年」に充て、来年一気に勝負出来る体制に持って行けるように、今後の計画を立てると良いでしょう。


その他、今年、最も注意したいこととしては、

“今”の収入や売上の延長線上で物事を考えないで欲しい


ということ。
九星気学の観点からお話をさせていただくと、昨年の「三碧木星」という年は、良くも悪くも経済的にはある意味ピークの年で、翌年の「二黒土星」の年から徐々に下がり出し、翌々年の「一白水星」の年に底を打ちやすいという傾向があります。

ここで、ケーススタディーとして、前回の「二黒」と「一白」の年に、代表的なもので経済的にそれぞれ何があったのかを振り返ってみたいと思います。

【2007年&2008年】
  • 2007年(丁亥&二黒)→サブプライムローン問題
  • 2008年(戊子&一白)→リーマン・ショック

【1998年&1999年】
  • 1998年(戊寅&二黒)→長銀破綻
  • 1999年(己卯&一白)→地方銀行の破綻や統廃合が進む

【1989年&1990年】
  • 1989年(己巳&二黒)→バブル景気のピーク&消費税スタート
  • 1990年(庚午&一白)→バブル崩壊

なお、その前の1980年(庚申&二黒)と1981年(辛酉&一白)から日本はバブル景気に突入して行くわけですが、このときの干支の組み合わせはそれぞれ「比和(同じ五行の組み合わせ)」でした。
ただ、今回の場合は「丙申」(「」の気の「」×「」の気の「」)と「丁酉」(「」の気の「」×「」の気の「」)で、それぞれ「火剋金」の組み合わせのため、もしかすると、今年・来年は経済的には厳しい2年間である可能性があります。

さらにそれ以前の「申年」と「酉年」で、「二黒」と「一白」の年ですと、1944年(甲申&二黒)と1945年(乙酉&一白)だったのですが、こちらの場合も干支はそれぞれ「相剋(金剋木)」でした。
これらの年にそれぞれ何が起こったのかお分かりかと思いますが、1944年は太平洋戦争がより激化し、翌年の1945年に敗戦を迎えています。

このように、過去の事例研究からすると、

「二黒」の年からジリジリ下がり始め、「一白」の年で一気に下がる


傾向があるので、景気においても、家計においても注意が必要になってくるのではないかと思います。
そのため、マイホームの購入などの大きな買い物をするにあたっては、きちんと余裕を持った上でローンを組むようにして下さい。
きちんと「身の丈に合った経済」を心掛け、無理をしてまでローンを組むのは避けた方が良いでしょう。

また、現在、既に住宅ローンがある方は、ローンの見直しをして、家計に負担がかからないようにしたり、余裕があるときに繰り上げ返済をしておくと良いでしょう。
また、借金や奨学金の返済を抱えている方は、なるべく早めに完済するように努力しましょう。


以上の基本的な注意点を踏まえた上で、2016年がステップアップの年になるよう、1日1日を大切にしながら、幸運体質を目指して下さいね。

2016年の開運のポイント

2016年の開運のポイントは、「良い習慣を定着させること」。
普段の生活に開運行動を取り入れ、それを「定着」させて行くことがポイントになります。

日々の積み重ねが運気にストレートに反映される年


なので、「継続は力なり」で、日々実践することが大切です。

また、2016年の特徴として、

定期的に見直すこと


が挙げられます。
今年は「分かったつもり」になってしまうとNGな年でもあるので、2~3カ月に1回、定期的に見直していただき、自分がどれだけきちんと実践出来ているのかをチェックしましょう。

そうしたポイントを踏まえて、それぞれの運気の開運のポイントを箇条書きでまとめました。
今年は何より「積み重ね」が大事な年なので、コツコツと積み重ね、幸運体質な自分を目指しましょう。

全体運

  • 自宅(自室)の環境を整え、掃除や整理整頓が行き届いた居心地の良い空間で過ごすようにする
  • 壁紙の張り替えなどのプチリフォームやインテリアの模様替えをする
  • 観葉植物や生花、絵画など、インテリアに心がホッと出来るようなアイテムや雑貨を取り入れる
  • 物を溜め込み過ぎると運気がダウンする年なので、定期的に整理整頓をして、シンプルライフを心掛ける
  • 靴の状態が運気に現れる年なので、足元のオシャレにこだわり、最低でも週1回は靴のメンテナンスをする(靴下も同様に気を付けること)
  • 床掃除をこまめに行い、季節ごとに玄関マットやラグマットを取り換える(季節を意識したデザインのものがオススメ)
  • 普段の生活に、お茶やお花、アロマなど、生活が豊かになるプラスαの趣味を取り入れる
  • 食品添加物は極力避け、調味料はなるべく粗塩や黒砂糖、蜂蜜など、自然の調味料を使うこと
  • お昼休みや休憩時間にマッサージやストレッチをするなどして、体の気の流れを良くする
  • 休日は郊外や自然が多い場所など、あまり人の多くない場所でゆったりと過ごす
  • 近所の公園を散歩したり、庭のガーデニングをするなどして、自然に触れる機会を増やす
  • お住まいの地域のイベントに進んで参加をしたり、郷土料理や民芸品など、生活の中に地域の伝統文化を取り入れる
  • ラッキーカラーやラッキーアイテムを、日用品やファッションに積極的に取り入れる
  • 陶芸や手芸など、後々「形に残る」ものを作る趣味を楽しむ(初心者向けの体験教室に行くのも◎)
  • 自分の母や祖母(婚姻中の方は相手方の母や祖母も)、奥さんを大切にする
  • お盆や春と秋のお彼岸にはお墓参りをする
  • 常日頃から「謙虚さ」を忘れず、感謝の気持ちや言葉を忘れずに相手に接すること(特に目下の人や店員さんへの態度に注意すること)
  • 自宅でのファッションやヘアスタイルは気を抜かず、男性はカジュアルな服装を、女性は大人の可愛さをテーマにした服装を心掛けること(だらしないイメージがあると運気がダウンするので注意!)
  • 家事が思わず楽しくなるような雑貨や高性能の家電を取り入れて、家事に対する心理的負担を減らす
  • 女性は「子宮の状態」が運に影響する年なので、産婦人科での定期検診を受けたり、下半身を冷やさないなど子宮のケアを積極的にする

恋愛運・結婚運

  • 「共通項がある相手」とのご縁が出来やすい年なので、出会いが欲しいなら、趣味や生活圏、出身校、年齢など、共通している項目がある相手と知り合えるような場所に積極的に足を運ぶ
  • 相手のルックスや肩書きよりも、趣味嗜好や生活スタイルなど、「内面」を重視する
  • 出会い運をアップさせたいなら、「声をかけやすく親しみやすいイメージ」を大切にすること
  • 相手との会話やコミュニケーションを大切にし、相手の立場や気持ちを考えて行動する
  • デートはなるべく午後の時間帯に会う(夕方以降にしか会えなかったり、公の場所で堂々とデート出来ない相手は避けること)
  • 交際中や婚姻中の方は、デートの回数を増やしたり、一緒にいる時間を少しでも長くする努力をする
  • お互いの家族や友人とも仲良くし、周囲に認められるカップル・夫婦になる(反対を押し切ってしまうと、今後シコリが残りやすくなるので要注意)
  • 恋愛に溺れ過ぎず、一人の時間や友人付き合いも大切にする
  • 今年、結婚を予定しているカップルは、どんなに小さくてもいいので「結婚式」を挙げる
  • 結婚をされている方は、相手にワガママを言い過ぎたり干渉し過ぎず、時には相手の考え方や相手のペースを大切にする

仕事運

  • 「段取り力」を強化し、余裕を持って仕事が出来る環境を作る
  • 後輩の育成に力を入れ、時代の流れに沿った社員教育をする
  • 人の目がないところや細かい部分であったとしても、手を抜かずにきっちりやる
  • 「今の自分の仕事」をベースに地道なスキルアップを心掛け、今後の発展性を考える
  • 周囲との協調性を心掛け、飲み会などには積極的に参加すること
  • 書類棚やコピー機の周辺など、社内の共有スペースを使いやすく整理整頓する
  • ファイリングやパソコンの中の書類整理を徹底し、インデックスをつけるなど誰が見ても分かりやすく整理整頓する
  • 相手の置かれた立場に対する理解や共感を大切にし、聞き上手になる(あくまで「相手から情報を引き出す」姿勢で接する)
  • 業務報告はこまめに報告し、周囲に対する根回しをきちんとやる
  • 公私の区別をしっかりつけ、職場に私物を持ち込み過ぎないようにする

金運

  • 貯金を始めたり、ローンの返済プランや保険の再チェック、老後のマネープランを考えるなどして、今後の金運のベースを作る(借金がある人は1日も早く完済するための努力をすること)
  • 「手堅くお金を使うこと」がラッキーな年なので、無理をしてまで大きな買い物をしたり、マイホームを購入したり、投資をしないこと(マイホームを購入する場合は、資金に余裕を持ってやること)
  • 賢く楽しい節約術を身に付け、余ったお金(少額でもOK)は貯金に回す
  • 家計簿をつけ、計画的にお金を使う習慣を身につける
  • 「コツコツ働く」ことにツキがある年なので、ギャンブルや宝くじで一攫千金に走るより、空いた時間で副業をしたり、在宅ワークで収入をアップさせることも考えてみる
  • 支払いが遅れると金運がダウンする年なので、期日通りきちんと支払う
  • なるべく「現金一括払い」を心掛け、クレジットカードを利用する場合は「一括払い」で支払える範囲内にする(カードは買い物などに使えるポイントが貯まるカードが吉)
  • 1000日(約3年)を過ぎた財布や小銭入れは、新しいものに買い替える
  • 金融機関の口座は、「生活資金の引き落とし用」のものと「貯蓄用」に分けて使い分ける
  • 投資をする場合は、「中長期的な投資」にツキがある年なので、経営が安定している企業や国債など、堅実な投資を心掛ける

家庭運

  • 家族で過ごす時間を多めに取り、長期休暇には家族旅行など共有する思い出作りをする
  • 親子や夫婦間のコミュニケーションを密に取り、普段から「目配り」と「声掛け」をしっかりやる
  • 結婚記念日や子供の誕生日など、家族にとっての記念日を大切にする
  • 家族みんなで家庭菜園やガーデニングを楽しむ(果物狩りもオススメ)
  • 夫にも家事を分担してもらい、子供にもお手伝いをさせたりするなど、家族全員が協力し合う体制を作る
  • 3食のうち1食は家族みんなで食べる(一人暮らしの人はなるべく自炊を心掛け、家で食べるようにすると◎)
  • バーベキューやホームパーティーなど、家族全員で楽しめるイベントを企画&実行する
  • 子供の話を聞くときは、「同じ目線の高さ」に合わせて聞く
  • 子供を叱るときは、上から目線や感情に任せて「怒る」のではなく、「諭す」ように伝える
  • リビングなどの家族全員が過ごすスペースを居心地を良くなるインテリアに変える

人間関係運

  • 仲の良い友人や同僚など、身近な人達との「信頼関係」を大切にする
  • 今後とも親しくしたい人やこれから親しくしたい人とは、一緒に食事をしたりショッピングに行くなど、「共有する体験」をする
  • リアルな友達付き合いを大切にする
  • 「親しき仲にも礼儀あり」の年なので、いくら仲が良いからと言ってルーズになり過ぎないこと
  • 約束事はしっかり守ること(出来ない約束はしないこと)
  • 年賀状などの季節の挨拶や、プレゼントやメッセージカードなどは自分から積極的に贈る
  • 相手を束縛したり、余計な詮索はせず、適切な距離を置いて付き合うこと
  • 自分の方から連絡をしなければ繋がれない相手との縁は無理に繋ごうとせず、それよりは今の自分に合った新しい出会いを求めること
  • 前向きで日々の生活を楽しんでいたり、ポジティブな言葉をよく口にする友人と付き合う(ネガティブな人と付き合うとそのまま自分の運のベースになるので注意すること)
  • 女性の友人や、職場の女性従業員との関係を円滑に保つように努力する

健康運・美容運

  • お米やパンなど、主食の「質」をアップさせる(例:玄米、雑穀米、ライ麦パンなど)
  • 暴飲暴食を避け、普段からよく噛んでゆっくり食べ、胃への負担を減らす
  • 乳酸菌を適度に摂取し、食物繊維の多い食事を心掛け、腸のコンディションを整える
  • フルーツを食べる回数を増やす(ジャムやドライフルーツでもOK)
  • 規則正しい生活を心掛ける
  • ハンドケア&フットケアを念入りにやる(女性はペディキュアを塗ると◎)
  • 背中や腰に負担をかけない「正しい座り方」を心掛ける
  • 「美しい素肌」が幸運を呼ぶ年なので、シミ・くすみ対策はしっかりやる(既にシミがある場合はコンシーラーで隠す)
  • タオルや下着、パジャマなど、肌に直接触れるアイテムの質をアップさせる(100%コットンやシルク製など天然素材が◎)
  • ウォーキングやヨガ、ストレッチなど、長く続けられそうな軽めの運動を日常生活に取り入れる

2016年に幸運を呼ぶもの

2016年に幸運を呼ぶ、ラッキーカラーやアイテムなどをご紹介します。
普段の生活に取り入れて、幸運を呼び込みましょう。

2016年のラッキーカラー

  • スプリンググリーン
  • カナリアイエロー
  • サーモンピンク
  • ゴールドベージュ
  • コチニールレッド

2016年のラッキーアイテム

  • ニット製品(夏場はサマーセーターを取り入れると吉)
  • ビーズ細工のアクセサリー
  • 履き心地の良いローヒールな靴
  • モザイク柄の間接照明(アロマライトでもOK)
  • オシャレなティーグッズ・マグカップ

2016年のラッキージュエリー

  • レッドコーラル(赤珊瑚)
  • スモーキークォーツ
  • アラゴナイト
  • ガーデンクォーツ
  • ロードナイト

2016年のラッキーフード

  • 玄米・雑穀米(パンであればライ麦パンや全粒粉パンがオススメ)
  • トンカツ(味噌カツにすると更に◎)
  • 焼きそばやお好み焼きなどのB級グルメ
  • ドライフルーツ
  • タルトやパイ、クッキーなどの焼き菓子